美術科工芸コース1年 藤井慧斗さんが JFN 学生ラジオCMコンテスト2018にて「ブロック賞」を受賞

美術科工芸コース1年の藤井慧斗さんが、全国FM放送協議会(JFN)加盟各社が主催する「JFN学生ラジオCMコンテスト2018」において、第1ブロック(FM北海道・FM青森・FM岩手・FM仙台・FM秋田・FM山形・ふくしまFM)における「ブロック賞」を受賞いたしました。(最優秀賞1人、優秀賞2人、ブロック賞11人)

受賞作は、初年次教育授業「想像力基礎ゼミナール(クラス担当:企画構想学科 本吉裕之准教授)」内の課題として取り組んだもので、この授業クラス内から3年連続で受賞者が生まれております。

課題テーマ 「あなたが通う学校を20秒、もしくは40秒のラジオCMコピーとして自由にPRしてください」となり、藤井さんは自分が所属する工芸コースで扱う漆に関する作品を制作して受賞しました。

本年度の受賞作は、7月23日(月)〜8月5日(日)までの間、FM北海道・FM青森・FM岩手・FM仙台・FM秋田・FM山形・ふくしまFMにて放送されます。

下記JFN Webサイト内でも聞くことができます。また、特別審査員のコメントも掲載されています。
<JFN学生ラジオCMコンテスト2018年  入賞作品: http://www7.jfn.co.jp/cmc/

■特別審査員
弘兼憲史氏(漫画家)
漫画家としてデビュー後、「人間交差点」「課長 島耕作」「黄昏流星群」など数々のヒット作を生み出し、その後、社会派作家としても幅広く活躍、2007年には紫綬褒章を受章。

谷山雅計氏(コピーライター)
 「ガス・パッ・チョ」「YONDA?」「TSUBAKI」「マルちゃん正麺」など、数多くのヒット作品を手掛け、誰もが目に耳にしたことのあるクリエイティブを手掛ける広告業界の大御所コピーライター。

箭内道彦氏(クリエイティブティレクター)
2003年CMプランナーとして「風とロック」を設立。また、若者から熱狂的な支持を集める「月刊風とロック」の発行人。現在は、東京芸術大学美術学部デザイン科准教授でもある、クリエイティブディレクター。

カテゴリー