自分の顔がこけしに! 山形ビエンナーレ2018の展示作品「YADORU」の制作に参加できる企画 <こけしになる人、集合>を7月21日(土)、22日(日)開催


みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2018の展示作品「YADORU」の制作に協力してくれる地域の方々を募集しています。

ビジュアルデザインスタジオWOWの参加作品である「YADORU」は、設置機器のボタンを押すと、顔のないこけしに、地域の方々の顔が映し出される不思議なプロジェクションマッピングの作品です。こどもの成長、心身回復、五穀豊穣、山の神と繋がる縁起物として生まれたこけしに、実在する人物の顔を映し出すことで、その身近な存在を問い直そうという作品です。

この作品に映し出される顔の写真素材を集めるための撮影イベントを7/21(土)と7/22(日)の2日間、とんがりビルの1階奥にあるギャラリーKUGURUにて開催します。小さなお子さんからご年配の方まで、年齢、性別は問わず募集しています。完成した本作品は、山形ビエンナーレ開催期間中、文翔館2階ギャラリーにて展示されます。

是非、ご参加ください。

■イベント<こけしになる人、集合>
日程:2018年7月21日(土)、22日(日)
開廊・受付時間:11:30~17:30(入場無料・予約不要)
会場:とんがりビル1F ギャラリーKUGURU

■同時開催レクチャー「WOWが動かす世界とアート」
世界的企業のCMやVIを手がけながら、近年はより積極的に美術館や芸術祭で映像インスタレーションを発表しているビジュアルデザインスタジオWOW。山形出身で東北芸術工科大学OBでもあるWOWディレクター工藤薫氏に、先鋭創造集団であるWOWが、アート作品を発表し続ける理由と狙いをお聞きします。また9月より開催する山形ビエンナーレの出品作品「YADORU」と「ROKURO」の制作者も交え、制作秘話をお話しいただきます。

日時:2018年7月21日[土]18:00~19:30(入場無料・予約不要)
聞き手:宮本武典(山形ビエンナーレプログラムディレクター/東北芸術工科大学教授)

<WOWプロフィール>
WOW(ワウ)/東京と仙台、ロンドンに拠点を置くビジュアルデザインスタジオ。CMやVIといった広告における多様な映像表現から、さまざまな展示スペースにおけるインスタレーション映像、メーカーと共同で開発するユーザーインターフェイスのデザインまで、既存のメディアやカテゴリーにとらわれない、幅広いデザインワークを展開。さらに最近では積極的にオリジナルのアート作品を制作し、国内外でインスタレーション展示を多数実施。 作り手個人の感性を最大限に引き出しながら、ビジュアルデザインの社会的機能を果たすべく、映像の新しい可能性を追求し続けている
https://www.w0w.co.jp

■本件に関する問い合わせ先
山形ビエンナーレ事務局 担当:樋口、鈴木/023-627-2091

カテゴリー