修了生・卒業生が多数出品|第12回 灯籠絵展示会「ひじおりの灯2018」7/21(土)〜9/17(月)肘折温泉

山形県最上郡大蔵村、肘折温泉。人びとの暮らしをあたためる湯が脈々と湧き出る山間の湯治場に、12年目の「ひじおりの灯」が灯ります。肘折温泉開湯1200年の夏にはじまった灯籠絵展示会「ひじおりの灯」。今夏も東北芸術工科大学の大学院生・卒業生ら8名の若手作家が温泉街で逗留制作を行い、湯治場の暮らしの情景や雄大な自然、古くから語り継がれてきた民話や信仰などの物語を八角の灯籠に仕立てました。作家それぞれのまなざしが絵巻のようにぐるりと広がる灯籠絵は、湯治場の夜とこの土地の物語をいきいきと映し出し、私たちをイメージの向こう側へと誘ってくれます。湯治場と絵画のコラボレーション。顔まであかりに照らされて、どうぞゆっくりとお楽しみください。

第12回 灯籠絵展示会「ひじおりの灯2018」
会期:2018年7月21日(土)〜9月17日(月)
点灯:18:00~20:30(会期中無休)
会場:山形県最上郡大蔵村 肘折温泉
(※新作灯籠の展示は8月11日から 湯治部屋での展示は8月11日~26日)

新作出品=浅野友理子、伊藤眸、草彅裕、是恒さくら、春原直人、古田和子、山口裕子、田勝信(五十音順)
灯籠制作=竹内昌義(設計)、柿崎建具店(組子)、斎藤高子(表装)、下山普行(金物)、三浦一之(紙漉き)、TIMBER COURT(什器)
企画サポート=鈴木淑子
主催:ひじおりの灯実行委員会/共催:大蔵村、肘折地区/協力:東北芸術工科大学

●ARTIST TALK 肘折絵語り・夜語り
8月18日(土)19:30~21:00
新作灯籠作家によるトークイベント。一つひとつ異なる肘折温泉の絵物語を、作家の解説つきでお楽しみください。[参加無料/申込不要]

●宿泊のご案内
肘折温泉に宿泊希望の方は、「肘折温泉郷」Webサイト(http://hijiori.jp/)をご利用ください。

●アクセス
バス:JR新庄駅より「肘折温泉行き」で約50分。
お車:新庄市から国道47号、国道458号で約40分。
山形市から国道13号、県道31号、県道330号、国道458号で約100分。
宿泊のご案内 宿泊希望の方は、肘折温泉ウェブサイト(hijiori.jp)をご利用ください。

●お問い合わせ ひじおりの灯実行委員会(早坂隆一)
tel=090-2076-5698 email=hijiorinohi@hijiori.jp
肘折温泉観光案内所 tel=0233-76-2211

●関連リンク
Facebookページ:https://www.facebook.com/hiijorinohi
肘折温泉郷HP:http://hijiori.jp/
ひじおり旅の手帖:http://hijiori.jp/tabi/
twitter:@hijiorinohi(https://twitter.com/hijiorinohi

カテゴリー