<みんなで守っべ!おらだの文化財連続公開講座>地域振興と文化財保存 第3回野外彫刻の保存の有り方

日時:10月30日(木)18:00~19:30
会場:東北芸術工科大学本館301講義室
参加無料、申し込み不要
講師:藤原徹教授(本学文化財保存修復研究センター副センター長)
お問合せ:東北芸術工科大学研究センター事務局
TEL:023-627-2168 FAX:023-627-2155
HP:東北芸術工科大学文化財保存修復研究センター
メールお問い合わせ

 

東北芸術工科大学文化財保存修復研究センター(山形市上桜田/センター長 澤田正昭教授)では、地域の文化財をいかに守り、その活用の技術的課題について地域の皆さまと共に考え、語り合う場として6月より連続公開講座を開講しております。(全7回)

第3回目となる今回は『野外彫刻の保存の有り方―身近な屋外の文化財をいかにして守っていくか?―』と題して、近代彫刻や震災で被災した作品等、立体の文化財作品の保存修復に多数従事している藤原教授からお話させていただきます。
野外彫刻をはじめとする屋外に設置された身近な文化財を、いかにして守り、後世に伝えていくかについて理解を深められる貴重な機会です。お誘い合わせのうえ、どうぞご来場ください。

 

iccp26renzoku_03

カテゴリー