【聴講者募集】核廃絶と世界平和のための「第7回平和文明会議」を開催

経済学者で最も注目されている水野和夫氏をゲストに迎え、山形で初の「平和文明会議」

文明哲学研究所が企画する「平和文明会議」は、人間とは何か、文明とは何か、人間と文明の関係はいかなるものか、という基本テーマから「藝術の立場から《戦争と平和》の問題をどう捉えるか」を探り出し、なかんずく現代文明が生み出した最大の悪魔である「核」を、どう制御し、廃絶し、38億年の時空を紡ぐ健全な「生物圏」をどう取り戻すかを具体的に探求します。
第7回目の今回は、「破綻する資本主義―限界を見据えた社会経済」のテーマで、2014年出版の『資本主義の終焉と歴史の危機』が10万部突破のベストセラーとなった注目の経済学者 水野和夫氏をゲストに迎え、基調講演を行って頂きます。その後、大量消費社会の限界を見据え「経済成長なし」「収奪なし」を前提とした経済システム・税制・新産業のあり方を議論し、新たな文明哲学的価値観を探求していきます。
聴講者を先着順にて募集しておりますので、ぜひ、お申込みください。

———————————–
■「第7回 平和文明会議」概要
開催日:2014年10月31日(金)13:00~17:00
会場:東北芸術工科大学 デザイン工学実習棟A 2階ギャラリー
住所:〒990-9530 山形県山形市上桜田三丁目4番5号
主催:文明哲学研究所
聴講者:学生、教職員および一般(申込み必要:先着順20名)
聴講料:無料

◆基調講演
時間:13:10~14:30(80分)
講師:水野和夫氏(経済学者:日本大学国際関係学部教授)
演題:『経済成長なし』を前提とした社会システム

◆平和文明会議ディスカッション
時間:14:45~16:50(125分)

◆会議メンバー:松本健一/中村桂子/大石芳野/スティーブン・リーパー/豊﨑博光/小松正明/鎌仲ひとみ/奥本京子/大澤真幸/尾池和夫/宮島達男/秋山豊寛/田口洋美/ヤノベケンジ/井原甲二(順不同・敬称略)

◆特別ゲスト:白杉悦雄(芸術工学研究科長)/竹内昌義(教授)

チラシPDF:
141031tuad-iphv平和文明会議-A4表-01

———————————–
■お申し込み
鑑賞・参加ご希望の方は、文明哲学研究所までお申込みください。

■主催:お申込み・お問合せ先
東北芸術工科大学「文明哲学研究所」
TEL:023-627-2177
FAX:023-627-2360
E-mail:iphv@aga.tuad.ac.jp

———————————–
■水野 和夫(みずの・かずお):プロフィール
経済学者・日本大学国際関係学部教授。1953年(昭和28)生まれ。埼玉大学大学院経済科学研究科博士課程修了。博士(経済学)。三菱UFJモルガン・スタンレー証券チーフエコノミストを経て、内閣府大臣官房審議官(経済財政分析担当)、内閣官房内閣審議官(国家戦略室)を歴任。主な著作に『超マクロ展望世界経済の真実』(集英社)、『世界経済の大潮流』(太田出版)、『人々はなぜグローバル経済の本質を見誤るのか』(日本経済新聞出版社)など。2014年出版の『資本主義の終焉と歴史の危機』(集英社)は10万部突破のベストセラー。

———————————–

 

141031tuad-iphv平和文明会議-A4表

 

カテゴリー