建築・環境デザイン学科が連携 「縦の家」グッドデザイン賞受賞

無印良品の家と建築・環境デザイン学科が一昨年から行っている産学共創「未来の家プロジェクト」から生まれた、無印良品の都市型住宅『縦の家』が、2014年のグッドデザイン・ベスト100を受賞しました。
日本の住まいの形、環境、木造住宅と温熱性能の関係を研究した「未来の家プロジェクト」では、大学構内の演習室に原寸大の住宅構造モデルフレームを作り、無印良品の家具を実際に配置。ワークショップを通して学生の自由なイメージを膨らませ商品化へとつなげていきました。都市部の密集地でも明るく広く、暖かく過ごせる木造住宅を目指した『縦の家』の開発には、低炭素化社会を目指して本学敷地内に建設された山形エコハウスの研究成果と、学生の暮らし方のアイデアが活かされています。

・グッドデザイン賞 グッドデザイン・ベスト100
住宅 [無印良品の家]
http://www.g-mark.org/award/describe/41499?token=PZ7ahZdkev

14S9903-sp_light

カテゴリー