美術科洋画コース卒業生の南健吾さんがフランスボルドーで個展を開催

美術科洋画コース卒業生の南健吾さんがフランスボルドーで個展を開催します。渡仏して1年半。フランスで展覧会を開くのは2度目です。 一貫している作品の主題は「倫理観や関係性」。人は何を善く思い、悪く思うのか。作品を通して普段当たり前に生活していて疑わない事にもう一度目を向ける機会や、何か物事を考える材料になってもらいたいと考え制作されています。
ボルドーでは、大きな会場に複数の作品を展示。全て絵画を中心としたインスタレーション形式のものです。材料は油絵の具で描いたものから木や土を直接画面に貼ったものなど。絵画を中心に布や言葉が印刷された紙などで演出されています。
パリでは、11枚の絵画と1体の彫刻を使った1作品を展示します。全ての絵画を透明な糸でつなぎ、テーマである人や事の繋がりを表現した作品が展示されます。

 

◎ボルドー Bordeaux
展覧会名:「基準」《Les critéres》
会期:2014年6月29日~7月31日
会場:Le passage saint michel
住所:15 place de Canteloup 33800 Bordeaux France

◎パリ Paris
展覧会名:「一人の人」《Un homme de l’humanité》
会期:2014年7月3日~7月31日
会場:Galerie Grand E’Terna
住所:3 rue de Miromesnil 75008 Paris France

関連ページ:作家HP bluecosmos330.web.fc2.com
会場HP www.gallery-grand-eterna.com

 

140612南3

140612南2

カテゴリー