東北芸術工科大学

SOUND OFFON

TEXTILE

種からの栽培が育む自然観・生命観を糧に生きた表現を確立

テキスタイルは古来より独自の文化と芸術を育み、最もオリジナルな生命観を表す象徴的な存在として、世界中で多様な広がりを見せています。学びの核になるのは、自然素材の研究。コース専用の畑を持ち、学生自ら染料となる植物を種から栽培。素材の栽培から作品制作へとつなげていくことで表現の可能性を意識し、探求していきます。さらに他コースと連携し、分野を越えた制作に取り組む機会が多いのも特長。豊かな自然に囲まれた山形の大地で生まれた素材を生かし、実験的な芸術表現へ挑戦することをテキスタイルコースは目指します。

TEXTILE学べる分野と特長

  • 美術科 テキスタイルコース
    畑で種から育てる

    自然の力との出会いは、造形を生み出す根源となります。学内の畑「染料博物館」に毎年種を蒔き、土地に根ざした植物を種から育てて染料として収穫する経験を経て、自らの表現へと展開していきます。

  • 美術科 テキスタイルコース
    幅広い素材や色を知る

    1年次から幅広い素材を体感し知識を構築。土や金属漆などによる制作や、言語的な意味と関連させた染織を体験します。テキスタイル表現と「色」は密接な関係。紅花のほかにも、風土に関わる色や素材と出会うプロジェクトが豊富です。

  • 美術科 テキスタイルコース
    身体考察を深める

    2年次では「ペルソナ(仮面)」をテーマに、作品制作とその展示会を企画。身体考察を深め、知的好奇心と創作への意欲を引き出します。自己を作品に映し出すことで、発想の根源を探っていきます。

  • 美術科 テキスタイルコース
    地域や文化に触れる

    地域文化との協動性を重視し、フィールドワークを展開。縄文文化や先端の地場産業の見学・研究を実施。また様々なアーティストとの交流など、枠を超えて色々な世界観に触れ自らの可能性と社会性を豊かにします。

PHOTO GALLERYフォトギャラリー

  • 美術科 テキスタイルコース
  • 美術科 テキスタイルコース
  • 美術科 テキスタイルコース

ACTION学科の活動

  • 美術科 テキスタイルコース
    テキスタイルコース専用の畑
    キャンパス内に広がるコース専用の畑。毎年学生が耕し、種を蒔き、紅花や藍などを栽培。植物が大地で力強く育つ姿は自身の作品にも大きな影響を与えます。
  • 美術科 テキスタイルコース
    紅花プロジェクト
    紅花で染色するワークショップを冬至に開催。春は種から育て、夏に花を摘み、染料(紅餅)として保存。1年を通したプログラム。自然の色の力を体感し、自身の制作へとつなげます。
  • 美術科 テキスタイルコース
    糸を紡ぐことからはじまる
    布の原料の糸を紡ぐところから体験。自然との関係を理解することは、作品を制作するにあたり必要不可欠。糸を紡ぐだけでなく、昔の織機を使用して布を作る実習もあります。
  • 美術科 テキスタイルコース
    自己との対話「ペルソナ展」
    「ペルソナ(仮面)」をテーマに、心と身体の分析、例えば皮膚から発想を膨らませるなど、自由な作品制作と展示に挑戦。知的好奇心と感情の豊かさをもたらす感性の現場。
  • 美術科 テキスタイルコース
    ライティングオブジェクト展の開催
    開学当時から工芸コースとともに開催。テキスタイル素材を中心に金属や土など他素材も取り入れ、光を用いた作品を自由に制作。約4ヶ月をかけて大作に挑みます。
  • 美術科 テキスタイルコース
    「儀礼」をテーマに作品を制作
    学んできた伝統技法、デジタル技法を駆使して、「儀礼」をテーマに5mの布を制作。自分ならではの作品表現に挑戦。作品の展示会を毎年行います。

BLOG学科ブログ

TEACHERS教員紹介

  • 辻けい 教授
    Tuji Kei
  • 柳田哲雄 専任講師
    Yanagita Tetsuo
  • 非常勤講師

RECRUIT AND LICENSE目指せる代表的な職業と取得できる資格

目指せる主な職業:公務員、団体職員/美術館、博物館/商品企画、開発/販売、商業施設/旅行、観光、ブライダル/雑誌・地域紙制作/美術・工芸作家/イラストレーション/アパレル、ファッション/学校教員/NPO(芸術、教育)/学芸員

取得できる資格:小学校教諭一種免許(中学校教諭一種免許取得者が、指定の通信科目を受講することで取得できます)/中学校教諭一種免許(美術)/高等学校教諭一種免許(美術)/学芸員

受験資格が取得できる資格:

CURRICULUM4年間のカリキュラム

  • 1

    自然から感じる力を高め、素材に触れる/染料畑で種を蒔くなど、自然界から感じる力を高めるため能動的に動くことで「感じる」下地をつくる。後期は足踏みの糸車などを使い、綿・絹・ウールを紡いで自らの素材のサンプル集を制作。さらに原始的な機織りや藍染め、絣などの技法も習得。

    【選択科目(1~4年次)】美術解剖学/工芸史/工芸特別演習/版画史【選択必修科目(1~4年次)】工芸文化論【選択必修科目(1年次)】デッサン初級【必修科目(1~4年次)】芸術色彩学【必修科目(1年次)】芸術鑑賞の喜び/芸術文化と自然の遺産/芸術思考論/工芸論

  • 1
    テキスタイル基礎演習1
    牧場で羊の毛を刈る様子を観察し、毛が刈られた裸の羊をデッサン。身体感覚やデッサン力、多角的な見方を獲得。(必修)
  • 1
    テキスタイル基礎演習2
    工芸素材(漆、金属、土)と基礎技法、種を蒔いた紅花や藍の収穫を体験。紅花をモチーフに型紙を作り藍染を行う。(必修)
  • 1
    テキスタイル・素材トレーニング演習3
    紡錘車(スピンドル)で古代からの糸紡ぎを習得。不織布(フェルト)制作で表現の幅も広がる。
  • 1
    テキスタイル・素材トレーニング演習2「和紙」
    繊維(和紙)造形の可能性を探求。人と社会への積極的な協調性、コミュニケーション力を養う。(必修)
  • 1
    テキスタイル・素材トレーニング演習2「織り」
    織機の原理を理解し、基礎的技法を習得。紡いだ糸や布をサンプル集として冊子に纏める。(必修)
  • 1
    紅花ルネサンス
    全学年で取組む、紅花を軸としたワークショップとシンポジウム。栽培した紅花染料を用い、テキスタイルから私たちの未来を考察。
  • 2

    テキスタイルと人との関わりに気付く/前期は、不織布(フェルト)の理解を深め、和紙でテント「パオ」を作り素材に包まれることや、染織も体験。後期はペルソナをテーマに、身体・心身・身心を考察。造形への関心と自身の特性を探り、可能性を(再)発見する。ポスター制作や展示準備も実施。

    【選択科目(2~4年次)】素材学/衣服論/染色論/インターンシップ/先端的コンテンツとアートシーン/クリニカルアート演習【選択必修科目(2~4年次)】日本美術史概説/西洋美術史概説/アート・デザイン史論/知的財産論/社会文化環境論/現代美術史/世界遺産総論【選択必修科目(2年次)】美術科共通演習(絵画A~C)(彫刻A~C)【必修科目(2年次)】美術の見方/芸術と社会力/テキスタイル・素材トレーニング演習3

  • 2
    美術科共通演習(工芸)
    楮(こうぞ)など植物原料の特質やルーツの理解を深める。紙すきを行ない、その紙で人を包む空間を制作。(必修)
  • 2
    テキスタイル・身体考察演習1・2
    身体表現などで自身の特性を探り、外界(空間)へと創作意欲を結びつけ、自己を開放する作品を制作。(必修)
  • 3

    表現への物語とテキスタイルの技術を培う/前期は「ペルソナ」作品展示や、ライティングオブジェクトの作品を制作。また自身のストライプを考え6m以上の織物を織る経験も。後期は絞り染めなど伝統染色の技術に特化した授業が中心。伝統技法やコンピュータプリントなど、対極にある技術も理解。

    【選択科目(3~4年次)】アートマネジメント概論【必修科目(3年次)】複合素材演習/ポートフォリオ作成/テキスタイル応用演習3

  • 3
    テキスタイル応用演習1 「ストライプストーリー」
    ストライプ(縞模様)を自身の物語りから考え、配色。植物染料で染色して6mの織を制作。(必修)
  • 3
    テキスタイル応用演習2
    伝統的な染色技法とデジタル捺染など先端技術を理解し、表現の基礎を構築。「儀礼」をテーマに様々な技法で5mの布を制作。(必修)
  • 4

    自身のテキスタイル表現と社会とを結ぶ/肘折温泉や白鷹町などで地域活性プロジェクトに参加し、地域に貢献する力を育成。相手の意見を聞き出し作品とすることで、地域の意見を取り入れた作品に仕上げる。卒業制作の講評では特別講師を招き、プロからの意見を聞くことで社会での評価を知る機会とする。

  • 4
    テキスタイル環境造形演習1・2
    風土や歴史を意識した「みちのくの色とかたち」を考え公共芸術の制作に挑戦。環境と地域に配慮した取組み。(必修)
  • 4
    卒業制作
    制作テーマを確認し、集大成に相応しい明確な自分の意志が表現された作品を仕上げる。卒業後の活動にも大きな意味を持つ。(必修)