東北芸術工科大学

学生支援体制

【 スクールバス 】
授業期間中は、大学とJR山形駅前などを結ぶ通学用の市内循環スクールバスを1日25便運行しています。

【 アルバイト 】
学業中心の生活に配慮し、危険性のないアルバイトを紹介。事務、引っ越し、デモンストレーターなど一般的なものから、似顔絵描きやパソコンインストラクター、カタログ・ポスター制作など、本学の専門が活きる求人もあります。

【 カウンセリング 】
学生生活を送る上での、学修や人間関係、生き方、進路など多種多様の悩みに、教職員や専門のカウンセラーが相談・助言にあたっています。

【 健康管理 】
保健室常勤の看護師が、健康に関する相談、医療機関の適切な紹介や、急な病気やけがの応急処置なども行っています。また、毎月1回、校医による健康相談も実施しています。

【 アパート・下宿 】
入学者は全国から集まり、約7割がアパートや下宿で生活しています。大学の周辺にはアパートが多数あり、家賃は、ワンルームアパート(6〜8畳間に台所と バス、トイレ付)で3〜5万円程度です。下宿(朝と夕2食付)は、4万5千〜7万円程度。入学者には入学前の2月に大学で住居紹介の場を提供しています。

【 学生代表会議 】
学生代表会議は、学生生活の向上を目的に、各学科やコースの代表で構成される組織です。学生一人ひとりから納付された学生会費は、学生代表会議でその使途 について話し合われ、大学祭の実施や公認サークルへの助成などに使用されます。学生の要望を取りまとめ、大学事務局と対等な立場で協議、交渉を行なう役割 も担っています。

【 委託保養所 】
蔵王、朝日町、小国など山形県内6カ所9宿泊施設と委託保養所契約を締結しており、利用時はその料金の一部を大学が助成します。サークルの合宿や仲間同士の親睦、その他課外活動など使い方は自由です。

【 首都圏宿泊助成制度 】
就職活動や美術館めぐり、旅行などで首都圏に滞在する際、提携ホテルに格安で宿泊することができます。教学事務室からの宿泊予約と申込み手続きが必要です。

【 就職活動支援金 】
就職活動で遠隔地に行く場合、交通費と宿泊費を助成しています。ただし事前の申請が必要となります。

【 校友会(同窓会) 】
卒業生による組織で、校友大会や卒業祝賀会等のイベントの実施、ホームページの運営、支部の開設、会員の活動支援事業など様々な活動を行っています。
http://www.tuad.ac.jp/kouyukai/