東北芸術工科大学

SOUND OFFON

PRODUCT DESIGN

モノの本質に踏み込むデザインを学ぶ

家電や自動車、インテリア、照明、文房具—。ここは、身の周りにある様々なものを通して、新しい生活スタイルを生み出すデザインを学ぶ場所。美しい外観をつくるだけでなく、どんな形にしたら使いやすいか、どんな機能を持たせたら使う人に優しいかなど、そのモノの意味や目的をきちんと理解できるよう、基礎から丁寧に学習します。また企業の開発担当者を招いた演習の機会も豊富で、社会で広く求められる発想力や提案力、問題解決能力をしっかり養えるのも魅力。大手メーカーでの製品開発や地場産業への貢献など将来の活躍の場が揃っています。

PRODUCT DESIGN学べる分野と特長

  • プロダクトデザイン学科 [製品デザイン/家具・インテリア]
    製品デザイン

    文具や家電、自動車など暮らしに直結する「モノ」のデザインに取り組みます。市場調査やアイデアの出し方、コンセプト立案、デザインスケッチからモデル制作まで、製品化までを段階的に学習。使う人の喜びを想像しながら、製品のあるべき姿を追求します。

  • プロダクトデザイン学科 [製品デザイン/家具・インテリア]
    家具デザイン

    図面や3DCGなどを用いて、立案からデザイン提案までの方法と技術を習得。また成形合板の技術者を招き本格的な家具制作にも挑戦。関東の家具メーカーから地元企業まで、幅広く企業と連携したプロジェクトにも積極的に参加します。

  • プロダクトデザイン学科 [製品デザイン/家具・インテリア]
    インテリア(空間)デザイン

    「人」と「モノ」との良好な関係を生み出す「空間」デザインに取り組みます。住まいや店舗空間デザインを通して、空間と人の関係性やスケール感など空間構成に欠かせない能力を習得。また色を通して空間デザインを実験し色の表現力をつけます。

  • プロダクトデザイン学科 [製品デザイン/家具・インテリア]
    インタフェースデザイン

    製品と人を橋渡しするインタフェースデザイン。グラフィカルユーザーインタフェース(GUI)やインタラクティブな仕掛けについての知識を養います。

PHOTO GALLERYフォトギャラリー

  • プロダクトデザイン学科 [製品デザイン/家具・インテリア]
  • プロダクトデザイン学科 [製品デザイン/家具・インテリア]
  • プロダクトデザイン学科 [製品デザイン/家具・インテリア]

ACTION学科の活動

  • プロダクトデザイン学科 [製品デザイン/家具・インテリア]
    Coleman Company Inc.と考える未来のアウトドア
    “未来のアウトドア用品”をテーマに実際にアウトドア用品を使いキャンプを体験。そこから見えてきた課題をコンセプトに、商品を企画・立案・プレゼンテーションを行いました。
  • プロダクトデザイン学科 [製品デザイン/家具・インテリア]
    岡村製作所×小国町とつくるファーストファニチャー
    山形県小国町のブナ林を活用し、子どもが初めて手にする自分だけの家具をデザイン。岡村製作所の講師陣よりアドバイスを受けながら生産性やコスト面まで考え制作。
  • プロダクトデザイン学科 [製品デザイン/家具・インテリア]
    東海理化とつくる直感的に動かせるクルマ
    テーマは「ジェスチャーで車内空間を快適にする」。運転中でも多情報を安全に操作し人の直感に近い操作を有効活用するには何が必要か構想を練り、モデルを制作・提案。
  • プロダクトデザイン学科 [製品デザイン/家具・インテリア]
    2015年卒業制作で話題になった書き時計「plock」
    2015年度に本学科を卒業した鈴木完吾さんの卒業制作作品「plock」。ツイッターで動画を投稿したところ一晩で10万リツイートされ、大きな話題となりました。
  • プロダクトデザイン学科 [製品デザイン/家具・インテリア]
    学科専用のアトリエで思う存分制作に打ち込める
    授業を行う演習棟とは別に、プロダクト専用の塗装室・木工室・総合加工室を完備。工具も充実しており、広々としたアトリエで思う存分制作に打ち込むことができます。
  • プロダクトデザイン学科 [製品デザイン/家具・インテリア]
    興味に合わせて受講できる短期集中型授業を多数開講
    学年関係なく参加できる短期集中型授業。ディスプレイ、3Dプリンタ、パッケージデザイン、電子回路、UXデザインなど様々な分野から講師をお招きし、実習を行います。
  • プロダクトデザイン学科 [製品デザイン/家具・インテリア]
    多数の産学連携プロジェクトで社会に通用するチカラをつける
    4年間を通して、様々な分野の第一線で活躍するプロデューサー、デザイナー、マーケティングの講師を迎え、デザイン開発を実際に体験。実践的な授業が高い就職率に繋がります。
  • プロダクトデザイン学科 [製品デザイン/家具・インテリア]
    就職力96.5%!1年生から始まるキャリア教育
    本学科の2015年3月卒業生の就職率は、96.5%。学内でもトップクラスの就職率を誇ります。1年次からのキャリア教育と実践的な授業が社会で必要とされる力を育てます。
  • プロダクトデザイン学科 [製品デザイン/家具・インテリア]
    ロングライフデザインを考える「RENEW DESIGN」
    プロダクトの学生有志が行っている活動。いつの時代にも通用する「ロングライフデザイン」製品を見つけ、修繕・販売し、長く愛されるデザインからヒントを得ます。

BLOG学科ブログ

TEACHERS教員紹介

  • 片上義則 教授/副学長
    Katagami Yoshinori
  • 上原勲 教授
    Uehara Isao
  • 日野一郎 教授
    Hino Ichiro
  • 三橋幸次 教授
    Mitsuhashi Koji
  • 柚木泰彦 教授/学科長
    Yunoki Yasuhiko
  • 早野由美恵 准教授
    Hayano Yumie
  • エマニュエル・ムホー 准教授
    Emmanuelle Moureaux
  • 藤田寿人 准教授
    Fujita Hisato
  • 酒井聡 講師
    Sakai So
  • 非常勤講師

RECRUIT AND LICENSE目指せる代表的な職業と取得できる資格

目指せる主な職業:デザイン・製品開発/建築、インテリア/広告代理店、マスメディア/ホームページ・雑誌編集/販売、商業施設/環境、自然/公務員(デザイン系)/制作プロダクション(映画、写真、音楽)/アニメーション、イラストレーション/旅行、観光、ブライダル/学芸員/学校教員(学科によって取得可能資格が異なります)

取得できる資格:小学校教諭一種免許( 中学校教諭一種免許取得者が、指定の通信科目を受講することで取得できます)/中学校教諭一種免許(美術)/高等学校教諭一種免許(美術)/学芸員

受験資格が取得できる資格:インテリアプランナー/商業施設士/商業施設士補

CURRICULUM4年間のカリキュラム

  • 1

    主体的に考える力とデザイン観を養う/前期からプロダクトデザインの基礎と、大学生の学びの姿勢を身につける。また夏休みと春休みの特別演習として、紙のパッケージや電子回路、色彩感性などの専門的な知識を得るワークショップを開講。積極的に幅広い経験を得ていく。

    【選択科目(1~4年次)】プロダクトデザイン入門/プロダクトデザイン論1/材料加工技術論/インタフェースデザイン論/応用人間工学/教育美術史/プロフェッショナルワークショップ1・2【必修科目(1年次)】デッサン・スケッチ/表現伝達演習1/思考・構想演習1・2/素材・造形1・2/コンピュータ基礎演習/コンピュータ演習

  • 1
    デッサン・スケッチ
    アイデアを素早く表現して他者に効果的に伝える技術、自らアイデアを確認してデザインを展開する基礎を徹底習得。(必修)
  • 1
    コンピュータ演習
    様々なソフトを活用して作品の制作や、デザイン提案をプレゼンテーションする表現伝達の基本的な技術を学ぶ。(必修)
  • 1
    素材・造形1
    木材、金属、プラスチックなどの素材に触れ、特性を活かした造形演習を重ねることで、デザインを具体的な形にできる力を体得。(必修)
  • 1
    思考・構想演習1
    デザイン思考の基本「調べて、考えて、創って、伝える」を理解し習得。デザイン提案を論理的にする思考力を身につける。(必修)
  • 1
    プロフェッショナルワークショップ(電子回路)
    第一線で活躍するデザイナーによる実践的な課題でデザイン技術を向上。将来の目標を育む絶好の機会。(選択)
  • 1
    プロフェッショナルワークショップ(空間デザイン)
    基礎的な考え方や表現手段など実践を通じて学ぶ。昨年はライオン(株)とコラボし一部が採用された。(選択)
  • 2

    発想力などの基礎を固め専門的なテーマに挑戦/前期は製品、家具、インテリア、ユニバーサルデザインの各分野を体験。1年次に培った素材理解やスケッチ力、PC のスキル、発想力などの基礎を応用し、後期には製品、インタフェース、家具・インテリアデザインの専門的な授業を開始。

    【選択科目(2~4年次)】インテリアデザイン論/プロダクトデザイン論2 / プロフェッショナルワークショップ3~6/インターンシップ/インテリアデザイン特講【必修科目(2年次)】プロダクトデザイン演習1・2・3/表現伝達演習2

  • 2
    プロダクトデザイン演習3
    新たな価値を加えるものから問題解決に繋がるものまで、製品から家具、インテリア、ユニバーサルデザインの基礎を培う。(選択必修)
  • 2
    思考・構想演習3
    素材や機構、ユーザの心理などの側面からデザインの本質を探求し、デザイン案の検討から発表までの一連の流れを学ぶ。(必修)
  • 3

    産学共創プロジェクトでデザインを実践/地域企業から世界的な大手企業まで、幅広くデザイン演習を経験。社会のニーズと企業のシーズを結びつける取り組みを実施。デザイン作品展に出展し外部評価を直接聞くことで、社会性や就業観も身につける。就職活動に向けて、作品集(ポートフォリオ)の制作も本格化。

  • 3
    生産システム調査特別演習[工場見学]
    東北を拠点に独自性の高いモノづくりをする企業の開発・製造現場を見学。社長や開発担当者との対話も刺激的。(選択)
  • 3
    プロダクトデザイン演習4・5
    天童木工や秋田木工から成形合板や曲げ木の技術指導員をお招きし、家具の新しいデザインを創造。(選択必修)
  • 3
    プロダクトデザイン演習4・5
    「籐製品」を取り上げ、自然素材・手作りの魅力を追求し、従来の籐製品とは異なるコンセプトの製品提案を目指す。(選択必修)
  • 4

    主体性と意欲、自律性でデザイン力を高める/デザインの使命と真剣に向き合い、卒業研究に向けて学修。例えば家具をデザインする学生には、家具の専門家+ユニバーサルデザインの専門家など、全教員で全学生を指導しつつ、専門の個別指導の組合せで、学生の力を最大限に発揮させる。

  • 4
    プロダクトデザイン研究
    「デザインの世界への第一歩」であり「デザイン研究の第一章」。社会を変革すべくデザインの可能性を追究。(必修)
  • 4
    卒業研究
    4年間の集大成として各自でテーマを設定したデザイン研究の成果を社会に広く発信。学生主体の展示計画と実行も大きな特徴。(必修)