東北芸術工科大学

SOUND OFFON

PRODUCT DESIGN

人の思いを叶え社会の期待に応えるモノづくり

人や社会をより良く変えていく面白さと喜びに溢れる、モノづくりの世界。家電や自動車、家具、インテリア雑貨、照明、文房具など、私たちの周りにある様々なものを通して、新しい生活スタイルを生み出すデザインを学ぶ場所、それがプロダクトデザイン学科です。どんな形にしたら使いやすいか、どんな機能を持たせたら使う人に優しいかなど、そのモノの意味や目的をきちんと理解できるよう、基礎から丁寧に学習します。また企業の開発担当者を招いての演習の機会も豊富で、社会で広く求められる発想力や提案力、問題解決能力をしっかり育んでいけるのも魅力。大手メーカーでの製品開発や地元産業への貢献など活躍の場が揃っています。

PRODUCT DESIGN学べる分野と特長

  • プロダクトデザイン学科 [製品デザイン/家具・インテリア]
    製品デザイン

    文具や雑貨、家電、自動車など暮らしに直結する幅広い「モノ」のデザインに取り組みます。市場調査やアイデアの出し方、コンセプト立案、デザインスケッチからモデル制作まで、製品化に至る流れを段階的に学習。使う人の喜びを想像しながら、製品のあるべき姿を追求します。

  • プロダクトデザイン学科 [製品デザイン/家具・インテリア]
    家具・インテリアデザイン

    家具、店舗などのインテリアやディスプレイ。図面や3DCGなどを用いて、立案からデザイン提案までの方法と技術を習得。また成形合板の技術者を招き本格的な家具制作にも挑戦。関東の家具メーカーから地元企業まで、幅広く企業と連携したプロジェクトにも積極的に参加します。

  • プロダクトデザイン学科 [製品デザイン/家具・インテリア]
    実験的なアプローチ

    人々を豊かにするデザインは、小さな好奇心や閃きから生まれるもの。枠を超えた自由な発想と感性で、新たなデザインの方向性を探求する視点を大切にしています。目指すは、独創的な視点と解決すべきテーマを発見する力を持った、未来を牽引できるデザイナーです。

PHOTO GALLERYフォトギャラリー

  • プロダクトデザイン学科 [製品デザイン/家具・インテリア]
  • プロダクトデザイン学科 [製品デザイン/家具・インテリア]
  • プロダクトデザイン学科 [製品デザイン/家具・インテリア]

ACTION学科の活動

  • プロダクトデザイン学科 [製品デザイン/家具・インテリア]
    産学共創プロジェクトでデザインを実践
    ホンダやスバルなど自動車メーカーをはじめに、家電や生活用品といった様々な企業の開発者やデザイナーを講師にお招きし、徹底した指導で進める実践型の科目。プロジェクトを通してデザイン開発の過程を学ぶ。
  • プロダクトデザイン学科 [製品デザイン/家具・インテリア]
    屋内でも楽しく遊べる木製家具をプレゼント
    こども芸術大学のために成形合板製の遊べる椅子を制作。実際に子どもと一緒に遊びながら、椅子のデザインや遊びの可能性を探り、成形合板の技術も習得。完成した約40脚の椅子をプレゼント。
  • プロダクトデザイン学科 [製品デザイン/家具・インテリア]
    日本を代表する山形の成形合板家具を学ぶ
    木工室には家具制作に必要な工作機械が充実。山形は天童木工をはじめとする成形合板家具の製造で知られた土地。家具メーカーの技術者を講師に招いたり、共同でのワークショップなどを展開。
  • プロダクトデザイン学科 [製品デザイン/家具・インテリア]
    障がいがあっても同じように
    山形の聾学校や盲学校に通う生徒へ生活支援のデザインを提案。授業参加や補聴器体験などを通して、視覚・聴覚・触覚を活かしたモノをデザインし、使ってもらうことで課題解決の気づきを得る。
  • プロダクトデザイン学科 [製品デザイン/家具・インテリア]
    演習室の改修で明るくてオシャレなインテリアに
    室内の改修を行なったプロダクトデザイン学科の授業を行う演習室。ガラス戸で仕切られた開放的で清潔な空間には、有名なデザイナーズチェアが並び、モノのデザインを学修するには最適な環境。
  • プロダクトデザイン学科 [製品デザイン/家具・インテリア]
    3Dプリンタで山形の新しい形のお土産を提案
    3年生の授業課題として、日本の美を新しく解釈し現代に蘇らせる「伝統文化の新しいデザイン」というテーマで山形のスーベニア(お土産)を提案。デザイン案は高精度な3Dプリンタで立体化された。
  • プロダクトデザイン学科 [製品デザイン/家具・インテリア]
    ユニクロの世界展開をカラーデザインでサポート
    エマニュエル・ムホー准教授が、ユニクロのPRのための展示デザインを担当し、ニューヨークやパリなど世界のユニクロ主要店舗で同時展開。秋色の空間を世界中に届けるウィンドウに仕上がった。

BLOG学科ブログ

TEACHERS教員紹介

  • 片上義則 教授/副学長
    Katagami Yoshinori
  • 上原勲 教授
    Uehara Isao
  • 日野一郎 教授
    Hino Ichiro
  • 三橋幸次 教授
    Mitsuhashi Koji
  • 柚木泰彦 教授/学科長
    Yunoki Yasuhiko
  • 早野由美恵 准教授
    Hayano Yumie
  • エマニュエル・ムホー 准教授
    Emmanuelle Moureaux
  • 藤田寿人 准教授
    Fujita Hisato
  • 酒井聡 講師
    Sakai So
  • 非常勤講師

RECRUIT AND LICENSE目指せる代表的な職業と取得できる資格

目指せる主な職業:デザイン・製品開発/建築、インテリア/広告代理店、マスメディア/ホームページ・雑誌編集/販売、商業施設/環境、自然/公務員(デザイン系)/制作プロダクション(映画、写真、音楽)/アニメーション、イラストレーション/旅行、観光、ブライダル/学芸員/学校教員(学科によって取得可能資格が異なります)

取得できる資格:小学校教諭一種免許( 中学校教諭一種免許取得者が、指定の通信科目を受講することで取得できます)/中学校教諭一種免許(美術)/高等学校教諭一種免許(美術)/学芸員

受験資格が取得できる資格:インテリアプランナー/商業施設士/商業施設士補

CURRICULUM4年間のカリキュラム

  • 1

    話し合いで主体的に考える力とデザイン観を養う/前期からプロダクトデザインの基礎と、大学生の学びの姿勢を身に付ける。また夏休みと春休みの特別演習として、紙のパッケージや電子回路、色彩感性などの専門的な知識を得るワークショップを開講。積極的に幅広い経験を得ていく。

    【選択科目(1〜4年次)】プロダクトデザイン入門/プロダクトデザイン論1/プロフェッショナルワークショップ1/材料加工技術論/インタフェースデザイン論/応用人間工学/絵画・デッサン/教育美術史【必修科目(1年次)】表現伝達演習1/思考・構想演習2/素材・造形2

  • 1
    デッサン・スケッチ
    アイデアを素早く表現して他者に効果的に伝える技術、自らアイデアを確認してデザインを展開する基礎を徹底習得。(必修)
  • 1
    コンピュータ演習
    様々なソフトを活用して作品の作成や、デザイン提案をプレゼンテーションする表現伝達の基本的な技術を学ぶ。(必修)
  • 1
    素材・造形1
    木材、金属、プラスチックなどの素材に触れ、特性を活かした造形演習を重ねることで、デザインを具体的な形にできる力を体得。(必修)
  • 1
    思考・構想演習1
    デザイン思考の基本「調べて、考えて、創って、伝える」を理解し習得。デザイン提案を論理的にする思考力を身につける。(必修)
  • 1
    プロフェッショナルワークショップ1
    第一線で活躍するデザイナーによる実践的な課題でデザイン技術を向上。将来の目標を育む絶好の機会。(選択)
  • 1
    プロフェッショナルワークショップ2
    製品と人とを結ぶセンサーやプログラムの知識と技術を学修。身に付けるものや楽器などを制作し、今後の作品に活かす。
  • 2

    発想力などの基礎を固め専門的なテーマに挑戦/前期は製品、家具、インテリアなどの各分野を体験。また素材の理解やスケッチ力、PCのスキル、発想力などの基礎を固める。後期は製品デザインと家具・インテリアデザインの専門的な授業が開始。大手企業との「産学共創」プロジェクトも展開。

    【選択科目(2~4年次)】インテリアデザイン論/プロダクトデザイン論2/プロフェッショナルワークショップ3~6/インターンシップ/インテリアデザイン特講【必修科目(2年次)】プロダクトデザイン演習2・3/表現伝達演習2

  • 2
    プロダクトデザイン演習1
    新たな価値を加えるものから問題解決につながるものまで、製品や家具、インテリアデザインの基礎を培う。(必修)
  • 2
    思考・構想演習3
    1年次の思考・構想演習で培った力を基にテーマを設定し、素材や機構、ユーザの心理などの側面からデザインの本質を探求し、発表までの一連を学びます。(必修)
  • 3

    産学共創プロジェクトでデザインを実践/地域企業から世界的な大手企業まで、幅広くデザイン演習を経験。社会のニーズと企業のニーズを結びつける取り組みを実施。デザイン作品展に出展し外部評価を直接聞くことで、社会性や就業観も身に付ける。就職活動に向けて、作品集の制作も本格化。

  • 3
    生産システム調査特別演習[工場見学]
    東北を拠点に独自性の高いモノづくりをする企業の開発・製造現場を見学。社長などとの対話も刺激的。(選択)
  • 3
    プロダクトデザイン演習4
    天童木工や秋田木工から成形合板や曲げ木の技術指導員をお招きし、家具やインテリアの新しいデザインを創造。(必修)
  • 3
    プロダクトデザイン演習5
    盲学校などの生徒の学習・生活支援を出発点に、世代を超えて幅広く共感を呼ぶユニバーサルなデザインを学ぶ。(必修)
  • 4

    主体性と意欲、自律性でデザイン力を高める/デザインの使命と真剣に向き合い、卒業研究に向けて学修。例えば家具をデザインする学生には、家具の専門家+ユニバーサルデザインの専門家など、全教員で全学生を指導しつつ、専門の個別指導の組合せで、学生の力を最大限に発揮させる。

  • 4
    プロダクトデザイン研究
    「デザインの世界への第一歩」であり「デザイン研究の第一章」。社会を変革すべくデザインの可能性を追究。(必修)
  • 4
    卒業研究
    集大成としてデザインを学んだ成果として各自がテーマを設定し作品に仕上げ、社会に広く発信。学生主体の展示計画と実行も大きな特徴。(必修)