東北芸術工科大学

SOUND OFFON

PRINTING

刷り上がった瞬間、新しい作品世界との出会いが訪れる

想いを込めた1枚の版を、紙や布に刷って作品にする—。版画コースでは、「銅版画」「木版画」「スクリーンプリント」の3技法を1年次から専門的に習得。幅広い素材や表現方法に触れながら、自分の表現を探求していきます。また大型デッサンなどでじっくり時間をかけて制作に取り組むことで、集中して作品を制作できる力を身につけます。幅広い版画技術の修練が発見させてくれるのは、無限に広がる表現の可能性。試し刷りを重ね、時間をかけて作品を完成させていくことで鍛えられる、強い意志や実行力、責任感は社会人への第一歩につながります。

PRINTING学べる分野と特長

  • 美術科 版画コース
    繊細で深遠な銅版画

    絵筆では描けない繊細な線の表情をインクの深い黒で映し出す銅版画。ニードルと呼ばれる針で線を幾本も描き、銅版を酸性の薬品で腐食させて原版を作ります。線の強さと薬品に浸す時間で幾重にも変わるトーンの幅。紙に画面が現れた時の感動こそが、銅版画の醍醐味と言えます。

  • 美術科 版画コース
    柔らかい表情の木版画

    色を何度も重ねることで、柔らかく豊かな色彩表現が生み出せる木版画。日本の伝統的な水性木版画の技法から、油性インクやマチエールを施す現代的な表現まで幅広く習得します。木の素材感を活かした作品や、彫り方やマチエールを工夫したものまで、幅広い表現が可能です。

  • 美術科 版画コース
    自在性のスクリーンプリント

    刷り上ったインクのシャープで厚みのある仕上りが特徴のスクリーンプリントは、布や金属へのプリントなども可能な自由度の高い技法です。作品の仕上りをイメージしながらのインクの調色は、気持ちが高まる時間。写真を刷って作品をつくることも可能です。

PHOTO GALLERYフォトギャラリー

  • 美術科 版画コース
  • 美術科 版画コース
  • 美術科 版画コース

ACTION学科の活動

  • 美術科 版画コース
    文芸学科との画文集制作で感性の往還
    文芸学科と版画コースの学生がペアを組み、文芸作品を読んで版画を制作し、版画作品を観て文章を書く。互いの作品に感化されながら、版画と文章を一枚の紙に刷り込み、個々の感性を集合させて作品画文集を協働で制作。
  • 美術科 版画コース
    刷る紙を自分で作るのも版画制作
    版画は刷ったイメージだけが版画ではなく、紙も含めて作品。その紙も自分で作る体験。コットンなど紙の繊維を分厚く漉いて凹凸や物質感のある紙を作り、そこに版画で刷ることで新たな発見のある作品に。
  • 美術科 版画コース
    全国大学版画展で多数受賞
    美術系大学約50校が参加する全国大学版画展に出品。約250点の中から町田市立国際版画美術館収蔵賞が30点選出され、今年は芸工大の学生が4名受賞。全国から注目度も高い。
  • 美術科 版画コース
    銅版画の原点
    エングレービング
    エングレービング技法で銅版画の原点を体験。15世紀初頭にヨーロッパで始まった、専用の彫刻刀で直に彫る技法。現代のお札の細密的な肖像画も同じ方法で作られており、気の遠くなる細密な作業。
  • 美術科 版画コース
    合同で行う2・3年生展
    毎年学年末に、3年生が中心となり2年生と合同で行う学内展覧会は、非常勤の先生方をお招きして講評会を開催。各々作品について発表、先生の言葉に耳を傾けつつ次作に向けて検証を行う。

BLOG学科ブログ

TEACHERS教員紹介

  • 若月公平 教授 /コース長
    Wakatsuki Kohei
  • 中村桂子 教授
    Nakamura Keiko
  • 非常勤講師

RECRUIT AND LICENSE目指せる代表的な職業と取得できる資格

目指せる主な職業:公務員、団体職員/美術館、博物館/商品企画、開発/販売、商業施設/旅行、観光、ブライダル/雑誌・地域紙制作/美術・工芸作家/イラストレーション/アパレル、ファッション/学校教員/NPO(芸術、教育)/学芸員

取得できる資格:小学校教諭一種免許(中学校教諭一種免許取得者が、指定の通信科目を受講することで取得できます)/中学校教諭一種免許(美術)/高等学校教諭一種免許(美術)/学芸員

受験資格が取得できる資格:

CURRICULUM4年間のカリキュラム

  • 1

    銅版、木版、スクリーンプリントの基礎を習得/銅版画や木版画など版画技法の基礎を習得。絵筆で描く絵画とは異なる原版を刷るという方法によって成り立つ版画の原理を体験。肘折温泉での灯籠制作など、地域の人や仲間との制作で、「版での表現」と「社会との協調性」を養う。

    【選択科目(1~4年次)】美術解剖学/工芸論/工芸史/版画史【選択必修科目(1~4年次)】工芸文化論【選択必修科目(1年次)】デッサン初級【必修科目(1~4 年次)】芸術色彩学【必修科目(1年次)】芸術鑑賞の喜び/芸術文化と自然の遺産/芸術思考論/版画入門/洋画概論

  • 1
    洋画基礎演習1・2「フィジカルドローイング」
    デッキブラシなどを使い、身体を動かすドローイング。技術に捕らわれず描く衝動と感覚を解放。(必修)
  • 1
    洋画基礎演習1・2「大型デッサン」
    自分たちで組んだ大型モチーフをデッサン。じっくり時間をかけて描きたいものを定め形や空間を捉える。(必修)
  • 1
    洋画基礎演習3「銅版画(凹版)基礎技法」
    銅板を腐食させプレス機で刷る、凹版画のエッチング(線的)とアクアチント(面的)を習得。(必修)
  • 1
    洋画基礎演習4「木版画(凸版)基本技法」
    版木の彫り方や木の素材感、和紙と絵具の相性、色の重ね具合や表情など凸版画の原理基本を習得。(必修)
  • 1
    洋画基礎演習4「スクリーンプリント(孔版)基本技法」
    下絵を版に焼き付け紙にインクで刷るスクリーンプリント(孔版画)の基本を習得。(必修)
  • 1
    「ひじおりの灯」灯籠制作
    自然豊かな肘折温泉へのスケッチ合宿。「ひじおりの灯」プロジェクトに向けて全員で話し合って灯籠を共同制作。(課外)
  • 2

    自由な発想で表現の多様性と技法を模索/前期は美術科共通演習として他コースの素材や手法を体験することで造形感覚の幅を広げ、表現の柔軟性を養う。後期は更に様々な版画技法を習得し、自身の感性に合う表現技法を思考し制作する。

    【選択科目(2~4年次)】素材学/衣服論/染色論/インターンシップ/先端的コンテンツとアートシーン/クリニカルアート演習【選択必修科目(2~4年次)】日本美術史概説/西洋美術史概説/アート・デザイン史論/知的財産論/社会文化環境論/現代美術史/世界遺産総論【選択必修科目(2年次)】美術科共通演習(絵画A~C)(彫刻A~C)(工芸A~C)【必修科目(2年次)】美術の見方/芸術と社会力/版画演習1

  • 2
    版画演習2「複合技法」
    1年生で学修した3技法のうち2つを選んで作品制作。それぞれの技法の特徴を理解し、自身の表現を模索。(必修)
  • 2
    版画演習3「古典技法演習/エングレービング」
    15世紀ヨーロッパが発祥の銅版画技法を学修。現代技法だけでなく幅広く版画についての理解を深める。(必修)
  • 3

    実験で素材と技法の応用を広げる/前期は紙漉き体験はじめ素材や技法への理解を深め、作品の完成度を高めていく。後期は画文集を制作。他者の文章から心を動かされ作品にすることは、自身の世界観を広げることに。また、大作を仕上げ「進級制作展」を2年生と合同開催する。

    【選択科目(3~4年次)】アートマネジメント概論【必修科目(3年次)】ポートフォリオ作成/版画演習5・6

  • 3
    版画演習4「紙制作」
    刷る紙を自ら制作することで版以外の素材の重要性や可能性を考える。描く内容に加え、どう表現するかを試行する。(必修)
  • 3
    版画演習7[大作制作]
    演習で養った様々な技法表現を元に、自由な発想、感性で大作制作に挑戦。最終学年に向けて表現の方向性を見定める。
  • 4

    大作の制作への挑戦と社会への発表/前期は「新4年生展」「プレ卒展」の学内展覧会や各種版画コンクールに出品。また、大作制作と並行して版画集を出版し、全員で一つの形にすることを学ぶ。後期は自身のテーマで卒業制作を仕上げ、広い空間で展示をして学修の成果を発表する。

  • 4
    版画演習8・9「版画集制作」
    全員の作品を函に収める版画集制作。額以外の装丁形態や複数印刷できるのが版画の特徴。印刷技術の上達も。(必修)
  • 4
    卒業制作
    4年間で得た専門的な成果を表現し、自身のメッセージを社会に強く発信。学びにつながる学生主体での卒業制作展の運営も大きな特徴。(必修)