東北芸術工科大学

SOUND OFFON

OIL PAINTING

試行錯誤を重ね、表現の可能性を追求していく

繊細で大胆なマチエールと豊かな色彩表現で、人々の心を動かす油彩の世界。ここでは油彩の基礎となるデッサンから、フレスコなどの古典技法や素材の研究、立体制作から写真実習など幅広い分野を習得します。また自由な環境の中、1年次で100号を超える自主作品に挑むことも可能。多方面から刺激を受けながら、他に埋もれない感性を磨く4年間の学びは学生自身に大きな変化をもたらし、全国から注目される多数の受賞実績へとつながっています。迷いや葛藤を乗り越え、作品を仕上げる中で得られる忍耐力と思考力は、自らの社会性を豊かにします。

OIL PAINTING学べる分野と特長

  • 美術科 洋画コース
    多彩な教授陣

    作家でもある教授陣が、学生の作品を具象・抽象を問わず丁寧に指導。教員と学生との距離も近く、教員の研究室やお互いのアトリエを行き来し、刺激を受けながら制作に打ち込むことができます。また、自分自身とじっくり対峙する時間を生み出す、豊かな自然環境も魅力です。

  • 美術科 洋画コース
    大作に挑めるアトリエ

    大作や立体に挑戦できる広いアトリエは3年次から個々の空間が割り振られ、幅9mに迫る大作を描いた学生もいるほど。また、天井が高く真っ白なデッサン室は実習のほか、自主制作で一時的に利用することも可能です。作品展やレビューを行うギャラリーも併設されています。

  • 美術科 洋画コース
    作品展と講評会の開催

    山形市内や首都圏のギャラリーを会場に、作品発表を積極的に実施。作品を鑑賞してもらうことで、制作に対する自覚や目的意識を育みます。また、活躍する作家や評論家、ジャーナリストなど著名な美術関係者を招いての講演会や特別授業、作品講評会なども定期的に開催しています。

PHOTO GALLERYフォトギャラリー

  • 美術科 洋画コース
  • 美術科 洋画コース
  • 美術科 洋画コース

ACTION学科の活動

  • 美術科 洋画コース
    「美大の未来」展で卒業生がグランプリ・準グランプリを受賞
    日本で最も歴史ある洋画商「日動画廊」が主催するコンクール・企画展「未来展-美大の競演」。本学卒業生が上位の2賞を受賞したことは、教育水準の高さを示す結果です。
  • 美術科 洋画コース
    常に動く映像とモデルをモチーフに作品制作
    「見ること見ないこと」は、プロジェクターを使った室内空間と動くヌードモデルがモチーフ。常に動く対象に翻弄されながら描いた作品は、多くの可能性を感じるものばかり。
  • 美術科 洋画コース
    思考と連動して手で動かす100点ドローイング
    1冊のアーティストブック(作品ファイル)とするため、3年次には100点ドローイングに取り組みます。バリエーションに富む作品は、見る人にも高揚感を与えます。
  • 美術科 洋画コース
    アトリエがより明るく使いやすく改修
    洋画コースアトリエの改修が、2015年10月に完了しました。壁面は油彩画の色彩を際立たせる白で統一され、より明るく使いやすくなりました。
  • 美術科 洋画コース
    五感を活かした写真実習
    五感をフル活用して数百枚に及ぶ写真を撮り、厳選した写真で1冊のオリジナル作品集を制作。この実習を通して触れる視覚表現の意外性や奥の深さは油彩表現にも活きます。
  • 美術科 洋画コース
    現役大学院生が「VOCA賞」を受賞
    大学院生の田中望さんが現代美術作家としての登竜門「VOCA 2014展」でVOCA賞を受賞し、大きな注目を集めています。ほか、公募展などに出品し高い評価を得る学生も多数輩出。

BLOG学科ブログ

TEACHERS教員紹介

  • 石井博康 教授/副学長
    Ishii Hiroyasu
  • 木原正徳 教授/芸術学部長
    Kihara Masanori
  • 瀬島匠 准教授
    Sejima Takumi
  • 鴻崎正武 准教授 /コース長
    Kouzaki Masatake
  • 青山ひろゆき 准教授
    Aoyama Hiroyuki
  • 室井公美子 講師
    Muroi Kumiko
  • 非常勤講師

RECRUIT AND LICENSE目指せる代表的な職業と取得できる資格

目指せる主な職業:公務員、団体職員/美術館、博物館/商品企画、開発/販売、商業施設/旅行、観光、ブライダル/雑誌・地域紙制作/美術・工芸作家/イラストレーション/アパレル、ファッション/学校教員/NPO(芸術、教育)/学芸員

取得できる資格:小学校教諭一種免許(中学校教諭一種免許取得者が、指定の通信科目を受講することで取得できます)/中学校教諭一種免許(美術)/高等学校教諭一種免許(美術)/学芸員

受験資格が取得できる資格:

CURRICULUM4年間のカリキュラム

  • 1

    「観察を基本に」をコンセプトに学習/前期はデッサン、人物・静物油彩、版画(銅版か木版)の体験と、黒いモチーフを探し大判の木炭紙に描く課題を行う。後期は立体的なモノの捉え方を体得するために粘土で塑像制作。人体3部作としてデッサンとドローイング、油彩にも取り組む。

    【選択科目(1~4年次)】美術解剖学/工芸論/工芸史/版画史【選択必修科目(1~4年次)】工芸文化論【選択必修科目(1年次)】デッサン初級【必修科目(1~4年次)】芸術色彩学【必修科目(1年次)】芸術鑑賞の喜び/芸術文化と自然の遺産/芸術思考論/洋画入門/洋画概論

  • 1
    フレッシュマンセミナー
    山寺に研修旅行。自己紹介やグループでテーマに沿ったプログラムを実践し、他者との関わりや能動的に学ぶ姿勢を構築。
  • 1
    洋画基礎演習1[黒い巨大なモチーフを描く]
    仲間と協力してモチーフを組み立て、対象を観察して忍耐強く的確に捉える力を養う。(必修)
  • 1
    洋画基礎演習2[塑像制作]
    基礎過程のまとめ。ペアで頭部の粘土の塑像を制作。量感や動きなどの立体感覚と立体造形力を養う。(必修)
  • 1
    洋画基礎演習2[白い静的モチーフとカラフルな動的モチーフ]
    20号以上の制作。質感、存在感、空間感と共に豊かな色彩表現を目指す。(必修)
  • 1
    洋画基礎演習2[フレスコ・テンペラ]
    絵画の歴史と幅広い技法を知ることで、表現の幅を身に付けて自身の制作に活かす。
  • 1
    洋画基礎演習4[人体三部作]
    人をテーマに大判のデッサンとドローイング、油彩の3点を制作。観察と素材に慣れ、ものの捉え方を習得。(必修)
  • 2

    発想を表現として可視化する/他コースの素材や技法にも触れ、表現の幅を培う。フレスコなどの古典技法や写真実習も体験。モチーフを画面上で再構築する訓練も行い、表現手段を身につける。最後は進級制作として60号の画面に挑戦。学内に展示し制作の客観性につなげる。

    【選択科目(2~4年次)】素材学/衣服論/染色論/インターンシップ/先端的コンテンツとアートシーン/クリニカルアート演習【選択必修科目(2~4年次)】日本美術史概説/西洋美術史概説/アート・デザイン史論/知的財産論/社会文化環境論/現代美術史/世界遺産総論【選択必修科目(2年次)】美術科共通演習(絵画A~C)(彫刻A~C)(工芸A~C)【必修科目(2年次)】美術の見方/芸術と社会力/洋画演習2

  • 2
    洋画演習1[発想と表現]
    発想を他者へゆだねる課題。素材や技法への積極的・実験的な取組みで考えを浮上させ、表現の可能性を探る。(必修)
  • 2
    洋画演習3 【進級制作】
    自由制作の作品を展示しプレゼン。基礎から展開させ各自の方向性を探る。4年間のターニングポイントとして優秀な学生には賞も。
  • 3

    コミュニケーション力と表現の幅を広げる/ドローイング、細密表現、教員によるゼミを開講。後期は描かずに表現する課題や、ドローイングをアーティストブックとして発表する課題にも挑戦。3年の最後には100号の大作を制作。課題毎の講評会でコミュニケーション力も養う。

    【選択科目(3~4年次)】アートマネジメント概論【必修科目(3年次)】ポートフォリオ作成/洋画演習4・6

  • 3
    洋画演習5[自己啓発/描く描かない]
    描く意味と作品の在り方、表現を模索すると共に、自らの進路と描く事との結びつきを考える。(必修)
  • 3
    洋画演習7[大作制作]
    卒業制作を見据えた100号大の自主制作で、テーマや世界観など高い質が要求される。作品は新4年生展に出品。(必修)
  • 4

    表現手法を総動員し自らのテーマを確立する/「プレ卒展」と題した作品展を開催。それを踏まえて卒業制作に着手。表現手法を総動員して自らのテーマに立ち向かう。進路を見据えた課題説明を実施し、将来を意識して制作。卒業制作展では著名な美術評論家が美術界の厳しい目で作品を批評。

  • 4
    洋画演習8・9[プレ卒展]
    作品と社会の関わりを考え、自己実現を視野に卒業制作に向けて制作。習作による試行錯誤を重ねて自己テーマを明確化。(必修)
  • 4
    卒業制作
    集大成として造形力や感性を最大限に発揮し、完成度の高い作品制作を目指す。これ迄の自分を乗り越える力強さが必要。(必修)