東北芸術工科大学

GRADUATE SCHOOL

日本はもちろん世界で活躍できる
表現者、研究者を目指し、知識や術を深く追求。

東北芸術工科大学の理念、「芸術文化の中心として広く知識を授けると共に、深く芸術学、デザイン工学に関する専門の学芸を研究し、『術』と『学』の一本化による『ものごと』の創出を喜びとする人の育成、学術文化の向上、及び産業の振興への貢献」は、大学院でも重要な目標であり、更なる具現化への試みを挑んでいくところです。この東北、山形だからこそ生き続けるアイデンティティー。その息吹を感じながらの創作・研究活動からは、探し求める何かを見いだすことができるはずです。活力に満ちた時代を切り拓く力が全国、世界へと飛び立っています。大学院修士課程 芸術文化専攻では、人間の「精神」の充足に寄与する芸術の存在意義を探求し、文化の担い手として研究・創作に取組み続けられる人の育成を、デザイン工学専攻では、現代社会が直面する諸問題の解決を図り、健やかな生活の実現を目指すデザインを志向し、実践できる人の育成を目指しています。また大学院博士後期課程 芸術工学専攻では、学究的態度及び批評的態度、利他的態度を備えた、創造的な人間のための研究者の育成を目指しています。

 

gra-01-01

 

› 博士課程 芸術工学専攻

芸術文化/歴史文化/文化財科学/デザイン方法論/環境計画

› 修士課程 芸術文化専攻

美術史/保存修復/歴史文化/日本画/洋画/彫刻/工芸/芸術総合/美術教育学

› 修士課程 デザイン工学専攻

地域デザイン/映像

 


 

育成する人材像

芸術文化専攻:人間の「精神」の充足に寄与する芸術の存在意義を探究し、文化の担い手たらんと研究・創作に取り組み続けられる人材
デザイン工学専攻:現代社会が直面する諸問題の解決を図り、真に健やかな生活の実現をめざす、「用」のデザインを志向し、実践し続けられる人材

 

学位授与の方針

1. 芸術・デザインの歴史を学ぶ意味を理解し、その継承と進展を目的として、真摯な学究的態度で専門研究に取り組むこ
とができる。…「歴史理解に基づく専門研究の追求」
2. 人間社会と芸術・デザインの関係を、論理的に検証・構築し得る、批評的態度と言語を体得している。…「論理的思考
と批評眼の習得」
3. グローバルな視野と同時に、足元の地域や自然環境への愛情を持ち、利他的態度で社会に貢献できる。…「東日本復興を
はじめとする、地域課題を解決するための研究をするという態度の醸成」

 

TEACHERS教員紹介

  • 美術史
  • 保存修復
  • 歴史文化
  • 日本画
  • 洋画
  • 彫刻
  • 工芸
  • 芸術総合
  • 地域デザイン
  • 映像
  • 芸術工学専攻