文芸学科

ライティング/編集

感情を突き動かす何かを、言葉で表現する

友達とのメールや日記代わりのSNSなど、手軽に情報を発信できる時代だからこそ、個性的で訴求力のある言語表現が求められます。文芸学科では、現役作家などの教授陣の指導のもと、基本的な作文から高度な短編小説やエッセイまで、1年次から積極的に文章を書き、表現力を高めていきます。また、作品を生み出す企画力、作品を作り上げる編集力も段階的に養成。市場分析や取材、資料調査といった準備段階から、プレゼンテーションやグループディスカッションを経て、記事の作成、DTPソフトを使った組版、校正校閲なども実践的に習得します。

文芸学科特設サイト http://blog.tuad.ac.jp/literary/

「よき作家・編集者=よき社会人」を育てる授業

ライティング
文芸作品や新聞・雑誌の記事、エッセイなどを書くために必要な技能と感性を養います。授業は講義と演習の2つの柱で成り立っており、日本語をきちんと書く力と、独自の表現力を習得します。また、文章の読解や相互批評、グループ討議などを通じ、他者への理解力を育みます。

編集
編集とは、書籍や雑誌を作成する技術であるというだけでなく、世界をどんな視点で切り取るかという哲学でもあります。幅広い知識と教養、企画力、構成力、コミュニケーション力を講義や実制作を通じて養いながら、一つの「世界」を形成するコンテンツづくりを学びます。

企画・出版
書店に並ぶ本から電子書籍まで、作品をどのように見せて流通させるかを考えるのが「企画・出版」。読者像を想定し、タイトルを考え、レイアウトに落とし込んでいくという一連の出版物の制作過程を学修します。インターンシップ(就業体験)の機会も設けています。

文芸ラジオ
東北芸術工科大学芸術学部文芸学科が発行する文芸誌『文芸ラジオ』

文芸ラジオ|ツイッター 文芸ラジオ|フェイスブックページ

文芸学科特設サイト
文芸学科の学びがより詳しくわかる特設サイトです。
授業内容なども紹介しています。

文芸学科特設サイト
4年間のカリキュラム
  • 1

    創作や編集の基礎的な知識と技術を習得/基礎的な知識や教養、技術を習得。文学の歴史や小説の成り立ち、文学理論、哲学、人文科学などを講義で学び、課題に取組むことで文章力や読解力、鑑賞力を鍛える。編集では概論を学び、アイディアを形にする力やコミュニケーション能力を養う。

    【必修科目(1年次)】芸術鑑賞の喜び/編集概論/文芸論2/作品読解1・2/日本語表現基礎1・2/日本語表現1・2
    【選択科目(1~4年次)】文芸論1/デッサン初級/日本美術史概説/文芸論3・4/美術解剖学/西洋美術史概説/工芸論/社会文化環境論/版画史/工芸史/世界遺産総論

  • 1
    初年次研修旅行
    月山や盛岡など東北の文学者ゆかりの地を巡る。文化や風土と文学の関係を考察し、ワークショップで学びと交流を深める。(課外)
  • 1
    日本語表現基礎1
    文章で説明する能力などを学ぶために、オリジナルの「百科全書」制作を通じて、まずは基本的な日本語能力を身につける。(必修)
  • 1
    文芸論1
    漱石や鴎外といった「文豪」が書いた怪奇小説を毎回一作品づつ読むことで小説のメカニズムについて考察していく。(選択)
  • 1
    日本語表現1
    小説技法の実践、書評の執筆、提出作品の講評などを行う。講義と演習を往復しながら、小説の面白さを追求する。(必修)
  • 1
    日本語表現基礎2
    いよいよ「百科全書」の執筆。関心のある項目を選び説明を書いていく。その記事を編集し、オリジナルの百科全書をつくる。(必修)
  • 1
    日本語表現2
    短い小説を内容は変えず長く引きのばしたり、登場人物の組み替えで物語を変化させたり、創作に必要な文章力・発想力を増強する。(必修)
  • 2

    小説の創作や本の編集を体験/文学理論を本格的に学び、小説の創作にも応用。後期の最終課題では30枚の原稿を自由に書く「青果賞」を実施。編集の授業ではグループ毎に編集会議を行い、小冊子の制作を行うほか、電子書籍のコンテンツ制作の基本的な思想と技術も学ぶ。

    【必修科目(2年次)】原文講読1・2/創作演習1~4
    【選択科目(2~4年次)】文芸論5・6/エディトリアルデザイン論/現代文学1・2/表現論3~8/DTP演習(初級)/DTP演習(上級)/映像コンテンツ史

  • 2
    DTP演習
    出版業界で利用されるレイアウトソフトを中心に、出版物制作の組版や印刷の基礎知識、関連ソフトウェアの基本操作を習得。(選択必修)
  • 2
    創作演習3
    学んできた編集概念を軸に企画を立案、出版社にプレゼンテーションできるレベルを目指す。実際にこの演習から生まれた本もある。(必修)
  • 2
    創作演習1
    「物語論」をリードしてきた様々な理論家の思想と分析手順を学び、その知識を元に実作に取り組む。(必修)
  • 3

    ライティングと編集に分かれ専門性を深める/個人指導が中心となり、教員の専門に合わせて創作や編集を本格的に学ぶ。創作で重要なのは自らの文体を持つこと。文章の彫琢を繰り返し個性を発見するほか、講評会や輪読も実施。編集では、テーマを決めて冊子などの実践的な編集に挑戦する。

    【必修科目(3年次)】社会研究/セルフポートレイト研究/クリエイティブ演習1・2
    【選択必修科目(3年次)】ライティング演習1・2/エディトリアル演習1・2
    【選択科目】ゲームデザイン構築

  • 3
    エディトリアル演習1・2
    編集に必要な知識と技能を学ぶ。発想力の鍛錬、市場の分析、単行本企画など、目的に応じてクラスを選んで学習する。(選択必修)
  • 3
    クリエイティブ演習1・2
    100枚の作品を書くことと、直すこと(実作)が中心。分析力、構成力、構想力などを養うため物語論も研究。(必修)
  • 3
    ゲームデザイン構築
    ゲスト講師などを迎えて、ゲーム制作の基礎を学ぶ。(選択)
  • 4

    出版可能な水準を目指して作品を制作/体得した知識と技能を結実させて作品を制作。ライティングでは文章表現力や作品構成力、高度な批評性、自己を対象化する力、文学理論などを総動員して卒業制作に取組む。編集では、自らが企画立案から編集までを行い、編集論を確立する。

    【必修科目(4年次)】文芸研究/卒業制作

  • 4
    文芸研究
    3年までに培った力を基に自主的に制作を進める。ライティング、編集ともに、卒業制作を見据えた個別指導に力を入れた演習。(必修)
  • 4
    卒業制作
    4年間の集大成として、各自のテーマと問題意識で一つの作品を完成させる。ライティングは文芸創作に、編集は自主企画の制作に取組む。(必修)

活動レポート

  • 豪華講師陣を招いての特別授業

    佐藤浩市文芸学科客員教授、ライトノベル作家の松智洋さん、小説家の保坂和志さん、三浦しをんさん、児童文学の楠章子さんなど豪華講師陣を招いての特別講義を多数開講。

  • 編集ゼミでフリーペーパー「Wake up」を制作・発行

    3年次の演習で制作したフリーペーパー「Wake up」では、学生が企画を立て、自ら取材するという実践的な編集制作を経験。プロのデザイナーとの連携も学生が担当。

  • 全国の書店で販売する文芸雑誌を創刊

    文芸学科では本学の出版局である「藝術学舎」から文芸雑誌『文芸ラジオ』を創刊し、年に1度全国の書店で発売。著名な作家ばかりでなく、在学生や卒業生の作品を掲載します。

  • 遠野・盛岡への研修旅行!ミニコミ誌「てくり」編集者特別授業!

    恒例の研修旅行。「遠野ふるさと村」で『遠野物語』の世界を体験したり、盛岡市内を取材したり。盛岡のタウン誌『てくり』の編集部をゲストに招いての特別講義も。

  • 文芸学科からは続々と単行本が生まれています

    『ガンスミス』(荒川匠・幻冬舎文庫)、『アノヒカラゼネレーション』(笠原伊織・幻冬舎)に続く文芸学科本の第3弾が『女子大生に超人気の美術の授業』(有賀三夏・幻冬舎)。

  • 山川健一教授著書「人生の約束」が幻冬舎より発売

    映画化され、2016 年1月9日から公開されました。著書は映画の企画段階から石橋冠監督と意見を交わしながら書かれた小説版。映画にはない登場人物の過去も描かれています。


作品紹介

  • 『嵐が丘』批評

    遠藤華奈子「『嵐が丘』批評」

     

    嵐が丘の文中にはしばしば、キリスト教的な教えを否定するような台詞など表現が見られる。しかしその部分には、反旗を翻す姿という魅力ではなく、喜ばしさで人を惹き付ける良さがある。

     

    嵐が丘はヒースクリフとキャサリンの、周囲を巻き込んだ生涯の物語である。全ては彼らの女中エレンの目線で語られ、彼女の只今の主人ロックウッド氏がそれを聞く、という形で進んでいく。
    幼い頃、「嵐が丘」という屋敷にキャサリンは住んでいた。そこへ主人が孤児のヒースクリフを拾ってくる。二人は仲を深めていくが、彼女の兄ヒンドリーは彼を良く思わず、主人が亡くなると下働きのように扱い出した。
    ある日キャサリンは「スラッシュクロス」という屋敷に住むリントン家の息子エドガーと出会い、その上流階級の生活に憧れ、ヒースクリフを愛しながらもエドガーの求婚を受ける。このことでヒースクリフは失踪する。
    数年経って彼は戻ってきたが、その理由はヒンドリーとエドガー、加えて自分を捨てたキャサリンへの復讐だった。嵐が丘の財産を奪う、エドガーの妹イザベラと結婚し虐待する、と順調に目的を果たし、その合間にも密かにキャサリンと会う生活。そして夫であるエドガーと愛するヒースクリフの板挟みで苦しんだキャサリンは発狂し、ついには娘を残して亡くなる。
    これで終わったかに見えたヒースクリフの復讐は、この娘キャサリン・リントンと、ヒンドリーの息子ヘアトンにも及んでいく。

     

    使えるものは何でも使い、復讐になるのならば手段は厭わずどんなに卑怯なことでも面倒なことでも行うヒースクリフだが、最後の最後、彼が死ぬ場面にそういった性格は見られない。彼は絶やさなかった愛憎からキャサリンの幻影を見、他のものなど心にないかのように、歓喜しながら死んでいく。「もうおれは、ほとんどおれの天国に行き着くところなんだ。だから他人の天国なぞはおれにはなんの値打ちもないし、ほしくもないんだ」と言って。
    キャサリンはヒースクリフを「あたしはヒースクリフです!」と叫んでみせるほど絶対的に思い、彼もまた彼女をこうして長い間復讐にかられて生きるほどに愛していたが、二人の恋は形になって叶いはしなかったといえる。他の誰もが彼らの関係をよしとはしなかったし、それぞれ他人と結婚している。そこにあった打算(ヒースクリフの場合は愛から来る復讐、キャサリンは「リントン家へ入ってこそ、あたしはヒースクリフを守り立ててやれる」と言っている)もまた、認められなかった愛の一片である。
    そんな彼らが、死んだ先に望んでいる天国の景色には、共通点がある。
    キャサリンも、その娘も、彼女と引き合わされた(ヒースクリフとイザベラの息子)リントンも、作中で天国を語る。各人まるで違う景色を述べ立てるが、共通しているのは彼らの言う天国がそれぞれに、自分だけにとっての天国である点だ。自分に合わない天国の夢を見て「ここはあたしの天国ではない」と感じたり、それぞれが一番と思う天国をあげ、合わないと感じたり。
    すなわち天国とは余計なものなどない場所であり、己の望むものがあるのが天国である。

     

    創作演習4 課題「エミリー・ブロンテ『嵐が丘』の批評を書く」

     

    エミリー・ブロンテ『嵐が丘』を読み、語りの構造や文体に注目して批評を書きなさい。という課題への作品。

     

  • ドラえもんの恋愛

    工藤靖之「ドラえもんの恋愛」

     

    最近、変なものに後をつけられている気がする。どこへ行くにも青いタヌキの姿が見える。疲れて幻覚でも見ているのだろうか。
    家の前にどら焼きが置いてあることもある。食べずに捨てた。遅刻しそうなとき、ドアを開けたら会社だったこともある。通勤途中の記憶がない。怖い。
    最初に青いタヌキを見たのはいつからだろうか。そうだ、あれは近所の野良猫に餌をあげていたときのことだった。
    家への帰り道、足を引きずっている猫がいた。首輪はしていない。見かねて動物病院に連れていき、治してもらったが、家では飼えない。仕方なしに放したが、時折餌をあげていた。
    ある日、いつものように餌をあげていると、視界の端に青いものが見えた。見ると電柱の陰からなにかが、こちらを見ている。青いタヌキのようだが、大きい。小学生くらいあるだろうか。自分の目を疑った。しかし、青いタヌキはじっとりとした目でこちらを見てくる。
    私は怖くなり、走ってその場を立ち去った。後ろからだみ声がしたような気がしたが振り返らなかった。
    その日から異変が起こった。私の周りにはいつも同じ服を着た小学生がうろつき、家の近所は同じ塀ばかりが並ぶ。
    彼氏に相談したところ、動物でも飼ってみたらどうだと言われた。動物に癒してもらえということらしい。彼自身が癒してくれないのかと思ったけど、彼は真面目だから仕方ない。
    犬や猫などの大きい動物は飼えないから、ハムスターを飼うことにした。小さくて可愛い。確かにこれなら癒される。
    ハムスターを飼ってから、青いタヌキを見かけることがなくなった。どうやら私は疲れていただけのようだ。念のためそのうち病院に行っておこう。
    しかし、突然ハムスターがいなくなってしまった。部屋中探しても見当たらない。家の庭も探したが、見つからない。部屋に戻るとき、前に助けた猫の口元が赤く染まっているのが見えた。
    部屋で「誰か助けてよ」と呟いた。机の引き出しから青いタヌキがこちらを見ている気がした。

     

    日本語表現基礎2 課題「ドラえもんの恋愛」

     

    スタイルは自由で、ドラえもんの恋愛相手を造形する。アニメの『ドラえもん』の世界観そのままではなく、別の世界観をつくり、相手のキャラクターと恋愛の状態がわかるように書く。という課題への作品


フォトギャラリー

  • 文芸学科 [ライティング/編集]
  • 文芸学科 [ライティング/編集]
  • 文芸学科 [ライティング/編集]

教員紹介

山川健一 教授/学科長
Yamakawa Kennichi

山川健一 教授/学科長
Yamakawa Kennichi

1953年7月19日生まれ。早稲田大学商学部卒業。学士。

1977年早大在学中に『鏡の中のガラスの船』で「群像」新人賞優秀作受賞。以後、ロック世代の旗手として次々に作品を刊行。著書は100冊を超える。2004年8月に出版社アメーバブックスを設立し取締役編集長に就任。2007年にRudie’s Club Bandのヴォーカリストとしてコンサート活動を再開。長編小説に『安息の地』『ニュースキャスター』など。近著に『太宰治の女たち』(幻冬舎新書)、 『神をさがす旅 ユタ神様とヘミシンク』(アメーバブックス新社)などがある。 http://ameblo.jp/yamaken/

yamakawa1yamakawa2

石川忠司 教授
Ishikawa Tadashi

石川忠司 教授
Ishikawa Tadashi

1963年東京生まれ。立教大学文学部ドイツ文学科卒。文学士。

文芸評論家。1989年に「修行者の言語 中原中也試論」で群像新人文学賞優秀賞受賞。著書に『極太!! 思想家列伝』(ちくま文庫)、『孔子の哲学』(河出書房新社)、『現代小説のレッスン』(講談社現代新書)、『衆生の倫理』(ちくま新書)、『新・龍馬論』(原書房)、『文学再生計画』(神山修一との共著、河出書房新社)などがある。

ishika1ishika2

川西蘭 教授
Kawanishi Ran

川西蘭 教授
Kawanishi Ran

1960年広島県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。経済学士。

在学中の1979年、文藝賞最終候補作を改稿した『春一番が吹くまで』を『文藝』に発表し小説家デビュー。以来、小説やエッセイ、雑誌記事などを書き続ける。『パイレーツによろしく』『赤い革装の手帳』『光る汗』『夏の少年』など著書多数。近著に、自転車競技を題材としたスポーツ青春小説『セカンドウィンド』シリーズ、『あねチャリ』など。1999年浄土真宗本願寺派で得度。仏教関係の著作にはエッセイ集『坊主のぼやき』、ブッダの生涯と仏弟子を描いた画と短編のコラボ集『ブッダ』がある。

kawanishi1kawanishi2

長岡努 准教授
Nagaoka Tutomu

長岡努 准教授
Nagaoka Tutomu

1966年8月23日生まれ。山形市出身。青山学院大学文学部卒業(学士)。編集者。

1990年実業之日本社に入社。『ブルーガイド・スキー』編集部に在籍し、リレハンメル五輪取材のほか、『長野オリンピック公式プログラム』(日本語版・英語版・仏語版)の製作を担当。以後、単行本編集部、ビジネス誌『JN(実業の日本)』副編集長、旅行情報誌『ブルーガイド情報版』編集部、ゴルフ誌『Waggle(ワッグル)』副編集長などを経て独立。現在はエディトリアルディレクターとして、雑誌・単行本・ウェブの編集・執筆・プロデュース活動のほか、エディトリアルに関するコンサルタント業務も行っている。

玉井建也 講師
Tamai Tatsuya

玉井建也 講師
Tamai Tatsuya

1979年生まれ。愛媛県出身。専門は歴史学・エンターテイメント文化研究。早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得満期退学。修士。

東京大学大学院情報学環特任研究員などを経て、現職。著作に『戦後日本における自主制作アニメ黎明期の歴史的把握 : 1960年代末~1970年代における自主制作アニメを中心に』(徳間記念アニメーション文化財団アニメーション文化活動奨励助成成果報告書)、『坪井家 関連資料目録』(東京大学大学院情報学環附属社会情報研究資料センター)など。日本デジタルゲーム学会第4回若手奨励賞、日本風俗史学会第17回研究奨励 賞受賞。

ishika1ishika2

野上勇人 講師
Nogami Hayato

野上勇人 講師
Nogami Hayato

編集者、ライター。1975年12月6日生まれ、埼玉県出身。1999年に中央大学法学部卒業。学士。大学卒業後、広告系編集制作会社から編集キャリアをスタートさせ、出版系編集制作会社に移る。以後、実業之日本社、イーブックイニシアティブジャパン、ワークスコーポレーション、SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS、ソシム、秋水社など出版関連会社10社近くに所属。それぞれの会社で広告・販促ツール・雑誌・書籍・電子書籍など、さまざまな出版コンテンツの編集を手がける。実用・ビジネス・デザイン・PC・コミックなど、媒体ジャンルも幅広い。2001年~2002年、フランス・パリに遊学、日本食レストラン「AZABU」の新規オープンに参加。2012年8月、合同会社CRAZY(編集制作会社)設立、業務執行社員に就任。日本文化デザインフォーラム会員。

非常勤講師

非常勤講師

影山史枝
楠章子
栗原康
黒木あるじ
五井健太郎
村山秀明
渡辺和志


目指せる代表的な職業と取得できる資格

代表的な進路先:
公務員、団体職員/ライター、文芸作家/美術館、文化施設/旅行、観光、ブライダル/ホームページ・雑誌編集/広告代理店、マスメディア/販売、商業施設/化学、材料、環境/金融機関/NPO(芸術、教育)/学芸員
取得できる資格:
学芸員