「複写」「貸借」(学外機関の資料の利用)

「複写」「貸借」(学外機関の資料の利用)(※) 本学蔵書で不足する部分について、学外機関の協力を得て複写物の提供や現物の貸借を受けるサービスのことを「相互貸借」と呼んでいます。 相互貸借にかかる経費は実費負担いただきます。 申請したコピーや借用図書が到着した時、または、リクエストに対応できなかった時は、本学で発行するE-Mailアドレス宛てに通知いたします。 また、通知メールで「費用」「返却期限」についてもご案内いたしますので、確認願います。 [利用者ログイン] 相互貸借サービスは、本学学生、教職員(非常勤講師含む)、東北文化友の会会員、その他本学発行の身分証をお持ちの方のみ利用可能です。 但し、単位互換学生および京都造形芸術大学生(通学部生および通信教育学部生)の方は、所属する大学の図書館にご相談ください。ポータルサイトから申請出来る方は、本学の正規学生及び教職員に限ります。非常勤講師、聴講生・研究生、こども芸術大学、東北文化友の会会員の方はカウンターで申請を承りますので、ご相談ください。 ●文献複写【文献複写利用ガイド PDF】 図書の一部分、あるいは雑誌の特定の記事のコピーの取り寄せになります。 当館に所蔵がある資料については、館内のコピー機をご利用ください。 文献複写に係る費用はコピー料金と送料、支払いにかかる経費(*)です。 コピー料金の目安 : モノクロ1枚50~35円、カラー1枚200~100円程度 送料の目安  :  A3コピー用紙5枚 → 定型外郵便料金 140円 支払いにかかる経費 : 受付機関の条件により、郵便局や銀行への振り込みや現金書留などの支払い方法が指定されている場合に発生します。 ●現物貸借【現物貸借利用ガイド PDF】 所蔵している機関から図書を借り出し、現物を閲覧利用できます。 当館に所蔵がある資料については、通常の手続きを経てご利用ください。 現物貸借に係る費用は往復の送料になります。 貸出期間 : 受付機関の設定に従います。(本学図書館の貸出期間とは異なります。) 送料の目安 : 簡易書留扱いゆうメール(~3kg)利用時 → 重量1kgまでのとき 1280円(片道640円) 返却方法 : 返却期限厳守のうえ、必ず本学図書館に返却してください。
カテゴリー