剱持行史「中期大木式土器の編年 ~小梁川・高柳遺跡出土土器を中心に~(抜粋)」

  はじめに 大木式土器は、主に東北を分布圏とする土器群である。大木1~10式まで設定されており、大木1~6式は縄文時代前期に、大木7~10 式は縄文時代中期に設定されている(山内1937)。本研究では、縄文時代中期前葉~中葉の大木7a式~8b式土器の文様を編年することを目的とする。   1.先行研究 1-1 縄文土器文様編年の研究史 縄文土器の編年研究は、主に層位学的方法と型式学的方法によって行われてきた。山内清男は、年代学的単位として型式を制定し、松本彦七郎の層位学的方法を取り入れ、土器の編年を行った(山内1935)。 多くの縄文土器の文様は、水平の帯状の画面に施文される。山内は、個々の土器型式を比する視座として、この帯状の画面を文様帯とした(山内1935)。 1-2 中期大木式土器の研究史 大木1~10式あるうち、縄文時代中期に設定されているものは大木7a~10式であり、大木7a~8b式の研究は主に中野幸大氏・丹羽茂によって進められた。   2.研究方法 本研究では、まず小梁川・高柳遺跡出土土器に施文されている文様の出現頻度を層位ごとに挙げる。その際、小梁川・高柳遺跡の報告書と先行研究を基に、集計する文様を分類した。次に、文様の特徴から土器を編年する。対象遺跡は、中期大木式土器の出土数が多く、土層が明確に分層されている宮城県小梁川・高柳遺跡とする。   3.分析結果 層位ごとの文様の出現頻度を集計した結果、小梁川・高柳遺跡出土土器を7段階に分類することができた。 第1段階では、口縁部文様帯に弧線文変形型1類・円文・重層円文・ハノ字状文・充填短沈線文・対孤文3類が多く認められる。 第2段階では、口縁部文様帯に楕円形横帯区画文・渦巻文・隆線で描く波線文が、多く認められる。胴部文様帯には、前段階で認められなかった対孤文1類が出現する。 第3段階に至ると、対孤文1類が口縁部文様帯に多く認められるようになる。 第4段階の口縁部文様帯では、前段階でも口縁部文様帯に認められた対孤文1類のうち、隆線と押圧縄文を組み合わせて描くものの数が増える。また横位曲流渦巻文・渦巻文が口縁部文様帯・胴部文様帯のどちらでも数が増える。 第5段階では、弧線文系文様の数が減少し、渦巻系文様が多く認められるようになる。口縁部文様帯では波状横位曲流渦巻文や直線状渦巻文が出現するようになる。 第6段階では口縁部文様帯で、波状横位曲流渦巻文が前段階に比べて出現頻度が増す。この段階に至ると、全面展開型連結横位渦巻文が多く認められるようになる。 第7段階は、口縁部文様帯と胴部文様帯の画する横位区画を崩壊し、口縁部文様帯~胴部文様帯全面展開型連結縦位渦巻文の数が増える。   4.考察 分析結果から、中期大木式土器に特徴的な弧線文系文様は、第1段階に多く認められる円文・重層円文が、文様帯の圧迫を受け、半円状に変形し、形成されたと考えられる。弧線文変形型1類は、下部弧線文が波状口縁の圧迫を受けて形成されたと考えられる。波状口縁の圧迫を受けない弧線文は、波状口縁に沿う弧線文と相対し、対孤文3類となる。 この対孤文3類は、第2段階で胴部文様帯に転移し、対孤文1類として見られるようになる。第1段階で口縁部文様帯に見られた弧線文変形型1類は、文様帯の圧迫を受け、台形状区画文・長方形区画文に変形する。要するに、口縁部文様帯が、胴部文様帯に転移したのである。 この胴部文様帯に認められる対孤文1類は、第3段階で口縁部文様帯に見られるようになる。これは第2段階の胴部文様帯が、第3段階に至って口縁部文様帯に再び転移したと考えられる。 第4段階に至ると、対孤文1類はさらに出現頻度を増す。対孤文1類は、隆線に縄文を沿わせる技法で描かれるようになる。また、口縁部文様帯に描かれる長方 形区画文の出現頻度が非常に高くなる。これは、第2段階で胴部文様帯に見られた長方形区画文が、第4段階に至って口縁部文様帯に遷移したと考えるのが自然である。ただし、この長方形区画文は、第3段階では見られなく、その詳細な変遷過程は、本研究の分析結果からは読み取れない。 渦巻系文様は、第 1段階~第7段階にわたって見られるが、第5段階~第7段階で非常に多く見られるようになる。また第5段階以降は、弧線文系文様があまり見られなくなる。 渦巻文は、口縁部文様帯・胴部文様帯で、横位に展開するようになる。口縁部文様帯では、波線文と組み合わさって展開する波状横位曲流渦巻文、直線を呈し横 位に展開する直線状渦巻文、曲折しながら展開する直折渦巻文など、その様相は複雑になる。胴部文様帯では、横位曲流渦巻文が隆盛する。この横位曲流渦巻文 は胴部文様帯で隆盛し、やがて縦位区画文を崩壊するように展開するようになる。第6段階で、このような文様が顕著になる。また、長方形区画文変形型に介入し、長方形区画文渦巻介入型になる。 第6段階では、渦巻文が縦位に展開するものが出現する。口縁部文様帯と胴部文様帯を画する横位の区画文を崩壊し、口縁部から底部までを一つの文様帯として描くような土器が出現するようになる。この特徴の認められる土器は、第7段階でさらに数を増す。   原文から抜粋