福島明恵「東北地方の切子玉の研究 −日本列島東北部の切子玉の特質− (抜粋)」

  【はじめに】 切子玉とは古墳時代後期に全国の墳墓から出土する玉の一種である。水晶製であり、形態は多角錐台(概して六角錐台)を底面で接着した形を呈し、長軸を中心に孔を穿つ(大賀2009)。装飾品として利用されていたのだと思われる。   【研究方法】今回の研究では従来されてこなかった古墳時代後期における東北地方の独自の玉文化を切子玉から見出すことを目標に掲げた。 本研究が行う調査方法は大きく2つである。 第一は、東北地方各地から出土する切子玉の法量の計測を行う。切子玉の法量には幅がある事が大賀克彦氏の研究(2009)によって明らかになっている。ここから東北の傾向を捉えようと考えたものである。 第二は、東北地方各地から出土する切子玉の使用痕の観察を行う。本研究の使用痕観察で求めるものは簡便に述べると使用痕の進行程度であり、要は資料が製作後に受けた損傷の累積程度または強弱である。   【結論】東北地方では玉文化(切子玉)の盛行時期にずれがある。東北以南では玉文化が衰退し、出雲の玉製作も既に終了した7世紀後半に東北地方では切子玉の使用例が増加し、以降綿々と8世紀まで玉文化が継続された。東北地方では7世紀後半以前の古くに製作された玉を伝世させながら長期間使用し続けたために損傷が著しく激しい。また、破損した玉も構わず使用していたところを見ると生産が終了して切子玉の総数が限られている故の強い執着を感じるようである。加えて、東北地方には切子玉に対して強い大型指向であることが認められる。また、東北地方の異色点として一遺構から出土する玉の量が膨大でることも挙げられ、大型指向である事と加味して考慮すると東北地方は玉を誇示するよう華美に装飾する趣向があったのだと考えられる。以上が本研究で迫ることが出来た東北地方における玉文化の独自性である。   原文から抜粋