東北芸術工科大学

  • 学科・コース・専攻一覧
  • グラフィックデザイン学科 [グラフィックデザイン/広告/エディトリアル/WEB/イラストレーション]
SOUND OFFON

GRAPHIC DESIGN

国や世代、障害を超えて伝えていくそれがデザインの形

香りが漂ってきそうなお菓子のパッケージや、賑やかな音楽まで感じ取れるイベントのポスター。ここでは、五感全てを活かすことをテーマにグラフィックデザインを学びます。ユニークなカリキュラムを指導するのは、100%現役のデザイナーたち。企業と連携して商品開発やデザインに取り組み、地域と協同でイベントなどの企画運営に携われることも大きな特長です。様々な角度から物事を考え、表現する能力が生み出す、個性豊かで新しい情報伝達の姿。卒業生はグラフィックデザイナーだけでなく、メーカーや広報など様々な分野で活躍しています。

GRAPHIC DESIGN学べる分野と特長

  • グラフィックデザイン学科 [グラフィックデザイン/広告/エディトリアル/WEB/イラストレーション]
    グラフィックデザイン

    情報デザインを広く捉え、ポスターやロゴ、パッケージやブランディングなどを学習。紙やWEB、イベントや展示などデザインの可能性に挑戦。

  • グラフィックデザイン学科 [グラフィックデザイン/広告/エディトリアル/WEB/イラストレーション]
    広告

    写真やことばの配置、配色といった基礎を習得しつつ、様々な表現を組み合わせる広告表現を知り、多くの人々に伝える技術を探ります。

  • グラフィックデザイン学科 [グラフィックデザイン/広告/エディトリアル/WEB/イラストレーション]
    エディトリアル(編集)

    本や雑誌の読み易さを左右するエディトリアルデザインを基礎から学習。情報を的確に伝えるために整理し、魅力的に編集する力を習得します。

  • グラフィックデザイン学科 [グラフィックデザイン/広告/エディトリアル/WEB/イラストレーション]
    WEB

    急加速するWEB(HP)の新しい活用方法を探求。手軽にアクセスできるからこそ、面白さだけでなく、誠実に情報を伝えるデザインが大切です。

  • グラフィックデザイン学科 [グラフィックデザイン/広告/エディトリアル/WEB/イラストレーション]
    イラストレーション

    情報を視覚で分り易く伝え、イメージで内容へ導く表現の一つ。描きながら広告や編集デザインへの応用を学び、オリジナル絵本も制作します。

  • グラフィックデザイン学科独自HP

    gd11

PHOTO GALLERYフォトギャラリー

  • グラフィックデザイン学科 [グラフィックデザイン/広告/エディトリアル/WEB/イラストレーション]
  • グラフィックデザイン学科 [グラフィックデザイン/広告/エディトリアル/WEB/イラストレーション]
  • グラフィックデザイン学科 [グラフィックデザイン/広告/エディトリアル/WEB/イラストレーション]

ACTION学科の活動

  • グラフィックデザイン学科 [グラフィックデザイン/広告/エディトリアル/WEB/イラストレーション]
    毎年恒例「あそびの縁日」
    1年次の課題として行われる「あそびの縁日」。学生がデザイン遊具を使うゲームを用意し、子どもがどんな反応で遊ぶのかを体験します。表現する側とのギャップを知る経験は、その後のデザインの糧に。
  • グラフィックデザイン学科 [グラフィックデザイン/広告/エディトリアル/WEB/イラストレーション]
    地元ワイナリーの新酒ラベルに学生デザインが採用
    4年生有志13名が、新酒ワインに対するビジュアルデザインを競う「高畠ワインアートコンペ」に参加し、そのうち5名の作品が受賞。受賞作品は、同社から2014年発売の新酒ワインラベルに採用された。
  • グラフィックデザイン学科 [グラフィックデザイン/広告/エディトリアル/WEB/イラストレーション]
    五感を使ったコミュニケーションデザイン
    「共通感覚」をテーマに、感覚的なイメージを他者に伝える表現を学ぶ。実際に良い香りを嗅いだり、美味しいものを味わって、それをパッケージなど的確に色彩やグラフィックに表現する技術を養う。
  • グラフィックデザイン学科 [グラフィックデザイン/広告/エディトリアル/WEB/イラストレーション]
    全国大会出場のブラスバンド部の衣装などをデザイン
    マーチングに取り組む山形市の小学校ブラスバンド部のカラーガード演技(フラッグなどで視覚的表現を行う)で使用するフラッグと衣装を学生がデザイン。大阪での全国大会で使用され、演技を華やかに彩った。
  • グラフィックデザイン学科 [グラフィックデザイン/広告/エディトリアル/WEB/イラストレーション]
    プロバスケチームのロゴやキャラクターを学生がデザイン
    山形初のプロバスケットボールチーム「パスラボ山形ワイヴァンズ」と連携し、ホームとアウェー2種類のチームロゴを学生がデザイン。ロゴマーク入りのTシャツやタオルは試合会場などで販売している。
  • グラフィックデザイン学科 [グラフィックデザイン/広告/エディトリアル/WEB/イラストレーション]
    3・4年生126人による合同作品展を開催
    授業課題で制作したイラストレーションやポスター、立体作品、パンフレットなど、選りすぐりの作品、約200点を展示する「GRAPHIC PRESENTATION 2014」(グラフィックプレゼンテーション)。恒例の学科イベントの一つ。
  • グラフィックデザイン学科 [グラフィックデザイン/広告/エディトリアル/WEB/イラストレーション]
    手作り製本のワークショップ
    専門家を講師にお招きし、ハードカバーを作りながら基本的な手製本の技法を学ぶワークショップを開催。オリジナル絵本だけでなく、自身の作品集(ポートフォリオ)にも活かせる。

BLOG学科ブログ

TEACHERS教員紹介

  • 中山ダイスケ 教授/学科長/デザイン工学部長
    Nakayama Daisuke
  • 近藤一弥 教授
    Kondo Kazuya
  • 田中康博 教授
    Tanaka Yasuhiro
  • 大竹左紀斗 教授
    Ootake Sakito
  • アイハラケンジ 准教授
    Aihara Kenji
  • 赤沼明男 准教授
    Akanuma Akio
  • 澤口俊輔 教授
    Sawaguchi Shunsuke
  • 原高史 准教授
    Hara Takahumi
  • 坂東慶一 教授
    Bandou Keiiti
  • 非常勤講師

RECRUIT AND LICENSE目指せる代表的な職業と取得できる資格

目指せる主な職業:デザイン・製品開発/建築、インテリア/広告代理店、マスメディア/ホームページ・雑誌編集/販売、商業施設/環境、自然/公務員(デザイン系)/制作プロダクション(映画、写真、音楽)/アニメーション、イラストレーション/旅行、観光、ブライダル/学芸員/学校教員(学科によって取得可能資格が異なります)

取得できる資格:小学校教諭一種免許(中学校教諭一種免許取得者が、指定の通信科目を受講することで取得できます)/中学校教諭一種免許(美術)/高等学校教諭一種免許(美術)/学芸員

受験資格が取得できる資格:

CURRICULUM4年間のカリキュラム

  • 1

    感覚をやしなう/デザインは表層的に図柄を作るものではなく、「感覚を伝えるもの」という考え方で、食べる、触る、走る、嗅ぐという五感をみんなで共有する授業を展開。感覚的イメージを他者に伝える表現や、デジタル表現の基礎となるパソコンソフトの基本を学ぶ。

    【選択科目(1~4年次)】教育美術史/生活とグラフィックデザイン【選択科目(1年次)】デジタル表現演習2【必修科目(1年次)】コミュニケーションデザイン基礎3

  • 1
    コミュニケーションデザイン基礎1「身体」
    身体の動きや、嗅覚や味覚など五感を通じて感覚を他者に伝える表現を学修。デザインの基本を学ぶ。(必修)
  • 1
    コミュニケーションデザイン基礎2「構成・造形」
    デザインの基礎を身につけ発想を視覚化する技術を磨くため、色や形での画面構成に取組む。(必修)
  • 1
    デジタル表現演習1
    デジタル表現の基礎となるデザインソフトの扱いを通して、パソコンでの表現方法や適切なデータ作成の基本を学ぶ。(必修)
  • 1
    コミュニケーションデザイン応用1「遊びの縁日」
    幼稚園児向けに遊びをデザインし、作者の意図と受け手側の差を体感。(必修)
  • 1
    コミュニケーションデザイン応用2「これは本ではない」
    「本」を解体することで、既成概念を考え直し新しい意味や価値を組み立て、平面や立体で作品化する。(必修)
  • 1
    絵画・デッサン
    植物や風景、人物等を、鉛筆や簡単な彩色用具で描く。対象物を観察・把握し、デッサンの基本的な観察力や表現力を身につける。(選択)
  • 2

    技術をまなぶ/写真、イラストレーション、タイポグラフィ(文字組み)、編集、ポスター制作など基本的なデザインの技術を習得。写真の合成や文字組みなどに加え、カメラでの撮影も体験。後期は自らテーマを決め、情報伝達に結びつくデザインに挑戦。

    【選択科目(2~4年次)】コミュニケーションデザイン/インターンシップ【必修科目(2年次)】フォトグラフ/コミュニケーションデザイン実践/タイポグラフィ/エディトリアルデザイン/ビジュアルデザイン基礎

  • 2
    イラストレーション
    伝える情報を交えた表現としてイラストレーションを描く技術を習得。広告や紙面の編集などを意識しながら実践的に学ぶ。(必修)
  • 2
    夏休み課題「旅箱」
    夏期休暇を用いて、旅での経験を視覚的に表現。感情の変化や拾った物などを小さな箱に構成し、旅の記憶を作品にする。(必修)
  • 3

    専門性をたかめる/教員の専門分野に分かれる。実社会での例を基に、エディトリアル(編集)、パッケージ、WEB、ブランディング、絵本、広告、コミュニケーションなどの分野から4つを選択。加えて映画祭のポスターや本の装丁、ポートフォリオ(作品集)も制作。

    【選択科目(3~4年次)】近代モダニズムとグラフィックデザイン/最新メディアとグラフィックデザイン/文字とグラフィックデザイン【選択必修科目(3年次)】ビジュアルデザイン応用1~4・6~8/ビジュアルデザイン実践2

  • 3
    ビジュアルデザイン実践1
    世界的な映画祭「山形国際ドキュメンタリー映画祭」のポスターをデザイン。採用案は世界中の映画館に掲示される。(必修)
  • 3
    ビジュアルデザイン応用5「絵本」
    物語の創作からページの割り振り方、イラスト、製本まで、絵本制作の一連を実際につくりながら学ぶ。(必修)
  • 4

    研究をふかめる/ゼミに分かれ専門を深めながら、自由な発想で世界を見つめ、卒業制作に取り組む。企業と連携して実際の商品開発や、デザイン作品展への出品など、対外的な活動も広げる。卒業制作では、視覚伝達にこだわらず、多様な表現に挑戦。

  • 4
    グラフィックデザイン研究
    これまでの学びを更に発展させ、独自のデザインを展開する力と、効果的なプレゼンテーション能力を身につける。(必修)
  • 4
    卒業制作
    感じるデザインや表現の可能性を考え自由にテーマを設定。教員との話し合いや調査などを通してデザインを検討し、高質の作品に仕上げる。(必修)