現場監督|高橋 桂|山形パナソニック株式会社

解決策を見つけ提案するそれもひとつのデザインの形

Panasonic 製品の卸売をはじめ、住宅リフォームや太陽光発電などを手掛ける山形パナソニック。リビング営業部工務課に所属する高橋さんは、主に街のでんきやさん(パナソニックショップ)が依頼を請けたリフォームの施工管理を担当しています。「街のでんきやさんと一緒に現場へ出向き、解決策を検討・提案するのですが、施主さんは高齢の方が多く、そのリフォームがいかに必要かを実感しますね」。大学時代は、地元・白鷹町をフィールドに再生可能エネルギーを地域で活かす取り組みに参加。その頃から現地での調査は特に大切にしてきたと高橋さんは言います。そして、現場監督として大きな仕事を任されるようになってきた今、改めて思うプロセスの重要性。「現場を見に行き、課題や要望をしっかりまとめた上で、一番その人のためになるものを設計していく。そこに、当時の学びがそのまま活かされていると感じています」。

たかはし・けい/ 1990年山形県生まれ、山形県立長井工業高校出身。再生可能エネルギーについて学んだ経験から、エネルギー事業を通して地元に貢献したいという思いが強まり、山形パナソニックへ。

社内には部署の枠をこえて声を掛けあう気質があり、「様々な仕事にチャレンジできる可能性が広がっている」と高橋さん。