卒業生への活動支援

学部卒業生に対して引き続き大学が進路支援を行う取り組みについて、卒業生後援会は助成しています。

震災に伴う緊急就業支援

震災の影響等により卒業までに充分な就職活動ができなかった卒業生に対して、大学は在学生向け学内ポータルサイト「NETBUS」を延長して利用できるようにし、卒業後も1年間は在学時と同様に求人情報等を検索できるように設定。その経費について助成した。 「卒業生向けキャリアアップ情報サイト」の開設 大学が卒業生向けに進路支援のための専用サイトを開設したことについて、その経費を東北芸術工科大学校友会と折半で助成した。 卒業生向けキャリアアップ情報サイト

卒業生が監督の映画制作へ支援 山形発 長編ドキュメンタリー映画「よみがえりのレシピ」の制作

環境デザイン学科卒業生が、監督として制作している映画の取り組みに助成を行った。この映画は山形県で作られ てきた在来作物を「生きた文化財」として後世に残そうとの趣旨で制作を進めているものですが、この映画の監督の卒業生は、これまでも民俗映像制作に参加 し、「湯の里 ひじおりー学校のある最後の一年」を監督するなどの活動を行っている。
  • 完成予定:2011年秋
  • 卒業生氏名:渡辺智史

I’m here.企画展

「I’m here.」は、卒業生の表現者としての“いま”を大学内外に広く観てもらおうと企画されました。その企画展「I’m here.」に卒業生後援会も後援助成してきました。第1回目は、2005年度に開催され、2009年度まで計5回開催されました。

第5回目「I’m here.2009.APT」~アートの住処

  • 開催日:2010年2月6日(土)~2月14日(日)
  • 開催場所:アジアハウス
  • 出展者:古川紗帆、松山隼、大槌秀樹、根本裕子、新関俊太郎、黒田良太、川上謙、後藤拓朗、望月梨絵

第4回目「I’m here.2008」

  • 開催日:2008年7月21日(月)~8月3日(日)/2008年11月5日(水)~17日(月)/2009年1月19日(月)~31日(土)
  • 開催場所:ピクニカ、エノマ/ルウパ、ギャラリー絵遊+蔵大ます/表参道画廊
  • 出展者:望月梨絵、ナガバサヨ/西澤諭志、実験跡地/中田朝乃、土ケ端大介、古川紗帆

第3回目「I’m here.2007/根の街へ」

  • 開催日:2007年7月5日(木)~7月15日(日)
  • 開催場所:蔵 オビハチ「灯蔵」、ギャラリー絵遊+蔵大ます、ぎゃるり葦+土井ビル2F、恵埜画廊、Cafe Espresso
  • 出展者:阿部亮平、池谷保、後藤拓朗、大沼剛宏、松岡圭介、酒井聡、長瀬渉

第2回目「I’m here.2006/リアルはどこだ」

  • 開催日:2006年9月22日(金)~9月27日(水)
  • 開催場所:仙台メディアテーク
  • 出展者:岩本あきかず、小林和彦、坂田啓一郎、鈴木伸、橋本大佑

第1回目「I’m here.」

  • 開催日:2005年10月14日(金)~10月19日(水)
  • 開催場所:仙台メディアテーク
  • 出展者:f/style、佐藤裕一郎、スズキジュンコ、タノタイガ、本間洋

提携大学との交流展示への支援

大学と提携している韓国伝統文化学校と大学日本画コースの教員及び卒業生との交流展示会が韓国扶餘で開催されたのに合わせて、卒業生後援会でも助成を行った。

国立韓国伝統文化学校×東北芸術工科大学 交流記念「マウムと心展」

  • 開催日:2009年3月2日~3月29日
  • 開催場所:韓国伝統文化学校(韓国扶餘)、日本画コース
  • 卒業生氏名:高橋誠、中井香奈子、桑原武史、鬼塚堅太

大学主催の卒業生展示へ助成

生産デザイン学科卒業生により結成された「Link」は、これまでイギリスで開催されるデザイナーズブロック  ロンドン、東京デザイナーズウィークなどで展示活動を行ってきたが、地元山形で作品展示して、学外の方にも広く活動報告を行ったのに合わせて、卒業生後 援会ではオープニングパーティを開催し、助成を行った。
  • Link@ YAMAGATA

卒業生企画プロジェクトへの支援・助成

生産デザイン卒業生が主に若者対象に企画した「自由への扉」プロジェクトに対して支援・助成を行った。高校生を始め会場には多数の若者が集まり、「人生を前向きに生きよう。」という所期の趣旨が伝わったイベントでした。
  • 山形 nuncinc project『自由への扉』
  • 高橋歩&Beach Rock隊47都道府県トークツアーin山形
カテゴリー