東北芸術工科大学

SOUND OFFON

FILM AND MEDIA

共感と感動の映像を生み出すチカラ

映画・ドキュメンタリー・CM・写真、アニメーションやCGなど、多くのメディアを横断的に学びます。企画発想やシナリオ制作を基礎から学び、撮影・録音・編集は、プロ仕様の機材で技術を習得。専用の撮影スタジオがあるアニメーション制作室と音響室、充実したソフトと多数のコンピュータを完備したCG制作室、撮影スタジオや試写室など、施設と設備も充実しています。また、地域社会や企業と連携したプロジェクトに取り組めるのも魅力。ここで養われる「映像言語力」は、社会の課題を伝え、共感と感動を得る映像を作る上で大きな原動力となるでしょう。

FILM AND MEDIA学べる分野と特長

  • 映像学科 [アニメーション/映画・CM/コンピュータグラフィックス/写真]
    アニメーション

    平面・立体アニメーション用の撮影スタジオ、Macが並ぶ映像編集室など環境は充実。キャラクターや背景、シナリオを組み合わせ、独自の世界観をゼロから生み出す方法を基礎から学びます。

  • 映像学科 [アニメーション/映画・CM/コンピュータグラフィックス/写真]
    映画・CM

    カメラや録音、照明、出演者、編集など、多くの人との共同作業が欠かせない映画やCM、プロモーションビデオの制作方法を習得。現役の映画監督の指導のもと、プロの現場と同じ機材を用いて実践的に取り組みます。

  • 映像学科 [アニメーション/映画・CM/コンピュータグラフィックス/写真]
    コンピュータグラフィックス

    他のメディアでは表現できない映像の創出を可能にするCG。プロの現場と同じソフトウェアの使用法を学びながら、モデリングからレンダリングまで、本格的な2D・3DCG制作に取り組みます。

  • 映像学科 [アニメーション/映画・CM/コンピュータグラフィックス/写真]
    写真

    撮影技術だけでなく、写真でしか残せない色彩や空気感、瞬間の美しさを表現する能力を追求。デジタル一眼レフや大判のフィルムカメラなどの機材に加え、山形の豊潤な文化と自然など撮影環境も充実しています。

  • 山形県インターネット放送局「やまがたChannel」

PHOTO GALLERYフォトギャラリー

  • 映像学科 [アニメーション/映画・CM/コンピュータグラフィックス/写真]
  • 映像学科 [アニメーション/映画・CM/コンピュータグラフィックス/写真]
  • 映像学科 [アニメーション/映画・CM/コンピュータグラフィックス/写真]

ACTION学科の活動

  • 映像学科 [アニメーション/映画・CM/コンピュータグラフィックス/写真]
    卒業制作では1人1作品。
    4年次は一人ひとりが監督となって作品制作を行います。他大学では複数人グループで実写1本、という制作が多い中、全員が監督になって取り組むことで確実に力がつきます。
  • 映像学科 [アニメーション/映画・CM/コンピュータグラフィックス/写真]
    映像学科と山形
    世界とつながる映画祭/アジア最大のドキュメンタリー映画祭「山形国際ドキュメンタリー映画祭」。出品はもちろん、スタッフとしても学生が活躍。
  • 映像学科 [アニメーション/映画・CM/コンピュータグラフィックス/写真]
    多分野に触れ発想を豊かに
    1年次からアニメーションやCG、写真、映画などを横断的に学び、興味のある分野だけにとどまらず、様々な映像に触れることで発想の幅を広げ、多角的な見方を探っていきます。
  • 映像学科 [アニメーション/映画・CM/コンピュータグラフィックス/写真]
    映画「GOOD YEAR」が、
    “最優秀撮影賞”を受賞
    映画づくりの面白さを伝える目的で、林海象教授が学生たちと山形市内で撮影を行った本作がスウェーデンの国際映画祭『Västerås Film festival』で“最優秀撮影賞”を受賞。
  • 映像学科 [アニメーション/映画・CM/コンピュータグラフィックス/写真]
    自主製作映画の登竜門で準グランプリを受賞
    映画祭「ぴあフィルムフェスティバル」において、本学科の2014年度卒業生、富永太郎さんが監督を務めた「ムーンライトハネムーン」で準グランプリを受賞しました。
  • 映像学科 [アニメーション/映画・CM/コンピュータグラフィックス/写真]
    戦争体験者61名にインタビュー山形国際ドキュメンタリー映画祭に
    大学生世代が戦争体験世代にどんなイメージを持っているのか、何を聞いてみたいかなど考え、インタビュー相手を捜し、監督から編集まで行って完成させた映画作品です。
  • 映像学科 [アニメーション/映画・CM/コンピュータグラフィックス/写真]
    東北の昔話をアニメーションとして残す
    岩井天志准教授のプロジェクト「Story of Tohoku」では東北各地の昔話を映像にすることで、メディアの『伝える』『残す』特性を再認識し、社会に『広める』方法を学びました。
  • 映像学科 [アニメーション/映画・CM/コンピュータグラフィックス/写真]
    多彩なゲストが教える音楽の授業
    映像を引き立たせる音や音楽について考えるための基本になる発想や考え方を身に付け、理解・表現できることを目指します。2015年は、岸野雄一さんや原田喧太さんがゲストに登場。
  • 映像学科 [アニメーション/映画・CM/コンピュータグラフィックス/写真]
    身体の動かし方を身につけ、演出の理解を深める。
    シナリオの授業では、舞台演出のゲスト講師から身体表現や演技の基礎も学びます。書くだけでは養えない「演出力」を身につけます。

BLOG学科ブログ

TEACHERS教員紹介

  • 根岸吉太郎 教授/学長
    Negishi Kichitaro
  • 林海象 教授/学科長
    Hayashi Kaizo
  • 今村直樹 教授
    Imamura Naoki
  • 加藤到 教授
    Kato Itaru
  • 西村宜起 教授
    Nishimura Yoshiki
  • 岩井天志 准教授
    Iwai Tenshi
  • 前田哲 准教授
    Maeda Tetsu
  • 屋代敏博 准教授
    Yashiro Toshihiro
  • 非常勤講師

RECRUIT AND LICENSE目指せる代表的な職業と取得できる資格

目指せる主な職業:デザイン・製品開発/建築、インテリア/広告代理店、マスメディア/ホームページ・雑誌編集/販売、商業施設/環境、自然/公務員(デザイン系)/制作プロダクション(映画、写真、音楽)/アニメーション、イラストレーション/旅行、観光、ブライダル/学芸員/学校教員(学科によって取得可能資格が異なります)

取得できる資格:小学校教諭一種免許(中学校教諭一種免許取得者が、指定の通信科目を受講することで取得できます)/中学校教諭一種免許(美術)/高等学校教諭一種免許(美術)/学芸員

受験資格が取得できる資格:

CURRICULUM4年間のカリキュラム

  • 1

    撮影や録音など基礎技術を積極的に学ぶ/グループでのコマ撮りアニメーション制作、デジタルビデオカメラでの動画制作、個人でのCG制作、ピンホールカメラ撮影などを体験。集中講義では個人で1本の作品制作にも挑戦。1年次で全ての映像分野に触れ、自由な発想力や企画力を養う。

    【選択科目(1~4年次)】写真史/絵画・デッサン/教育美術史/メディアアート論/アニメーション史【必修科目(1年次)】映像基礎演習3/メディア基礎演習2・3/デジタル表現演習

  • 1
    映像基礎演習2
    レンズや絞りなどカメラの基本的な技術を習得。また、小型ビデオカメラを自由に使いこなせるように、撮影の基礎を体験。(必修)
  • 1
    メディア基礎演習2
    ライティング(光)、レンズ、絞り、サイズとカメラポジションなど、ビデオカメラを使いこなす技術と撮影の基礎を学ぶ。(必修)
  • 2

    CM「山形チャンネル」の制作で全体を把握/山形県をPRする「やまがたチャンネル」を通じて企画発表から制作、編集、試写会まで映像制作の流れを体験。また合成、編集、音のミックス技術の基礎を、PCを用いて習得。後期は卒業後を意識し、具体的に専門的な技術を身につける。

    【選択科目(2~4年次)】映像プランニング概論/映像文化史/画像処理論/制作演習/メディア演習/鑑賞批評

  • 2
    山形チャンネル
    地域社会と関わりを持つことの意義や喜びを体感。発想の仕方や企画プレゼンの方法も身につける。(必修)
  • 2
    映像演習2(アニメ)
    アニメーションの楽しさは、観たことのない映像の制作。手描きや人形などから自らの表現手法を選び、作品制作に挑戦。(選択必修)
  • 2
    映像演習2(CG)
    海外の映像作品を鑑賞。CGの特質を意識し、3DCGソフトを学びながら、各自の感性を反映した作品制作を目指す。(選択必修)
  • 2
    映像プランニング概論
    映像制作におけるプランの重要性を認識すること、及び、主にCMを中心に、初歩的かつ核心的な映像プランの考え方・伝え方を学ぶ。(選択)
  • 2
    鑑賞・批評1(実写)
    自ら制作した映像作品を解体して、その中から物語を発見、または再構築し、10分程度の実験映画を制作。(選択必修)
  • 2
    鑑賞・批評1(写真)
    写真の基礎“物を映し出す構造”を学び、自らテーマを決め白黒写真の組写真を撮影。映像言語としての写真表現を学ぶ。(選択必修)
  • 3

    アニメ、CG、実写映画・写真を選択/映画撮影、アニメやCG制作などのプロを特別講師として招き、自らの専門の表現方法を追求。アニメでは3・4年が合同でラボを立ち上げ、教員と学生が共に映像制作に取り組み、世界への配信を目指す活動も展開。自主制作に取組む学生も多い。

    【選択科目(3~4年次)】写真演習/メディアアート演習/音楽演習【必修科目(3年次)】映像演習4/映像研究1/展示構成論

  • 3
    映像演習4(CG)
    フォトリアリスティックな表現を中心にCGの作り方を習得し、演習で身につけたスキルを活かして、作品制作に取り組む。(必修)
  • 3
    映像演習3
    各教員がプロジェクトを提示し、学生は専攻メディアにとらわれず履修できる。様々な映像ジャンルの専門性を深め、共有する。(必修)
  • 4

    ゼミに分かれ、専門性を本格的に深める/地域に密着した実写映像やアニメーション制作に取組むほか、下級生をスタッフに自らが監督となって映画撮影の機会も。教員の人脈を活かし、CM制作会社などの現場でインターンシップも可能。卒業制作は山形市内の映画館で一般に公開する。

  • 4
    映像研究2
    卒業制作に向けて自身の考えをまとめ、作品テーマや映像分野などを決定。教員との対話を重ね、質の高い映像作品を目指す。(必修)
  • 4
    卒業研究(映像)
    自身の表現力、独自性を最大に発揮した作品を制作。映画の場合、長・中編の映画を企画し、監督として撮影、編集を行なう。(必修)