映像学科

アニメーション/映画・CM/コンピュータグラフィックス/写真

共感と感動の映像を生み出すチカラ

映画・ドキュメンタリー・CM・写真、アニメーションやCGなど、多くのメディアを横断的に学びます。企画発想やシナリオ制作を基礎から学び、撮影・録音・編集は、プロ仕様の機材で技術を習得。専用の撮影スタジオがあるアニメーション制作室と音響室、充実したソフトと多数のコンピュータを完備したCG制作室、撮影スタジオや試写室など、施設と設備も充実しています。また、地域社会や企業と連携したプロジェクトに取り組めるのも魅力。ここで養われる「映像言語力」は、社会の課題を伝え、共感と感動を得る映像を作る上で大きな原動力となるでしょう。


実践的に学べる分野

アニメーション
平面・立体アニメーション用の撮影スタジオ、Macが並ぶ映像編集室など環境は充実。キャラクターや背景、シナリオを組み合わせ、独自の世界観をゼロから生み出す方法を基礎から学びます。

映画・CM
カメラや録音、照明、出演者、編集など、多くの人との共同作業が欠かせない映画やCM、プロモーションビデオの制作方法を習得。現役の映画監督の指導のもと、プロの現場と同じ機材を用いて実践的に取り組みます。

コンピュータグラフィックス
他のメディアでは表現できない映像の創出を可能にするCG。プロの現場と同じソフトウェアの使用法を学びながら、モデリングからレンダリングまで、本格的な2D・3DCG制作に取り組みます。

写真
撮影技術だけでなく、写真でしか残せない色彩や空気感、瞬間の美しさを表現する能力を追求。デジタル一眼レフや大判のフィルムカメラなどの機材に加え、山形の豊潤な文化と自然など撮影環境も充実しています。

山形県インターネット放送局「やまがたChannel」

4年間のカリキュラム
  • 1

    撮影や録音など基礎技術を積極的に学ぶ/グループでのコマ撮りアニメーション制作、デジタルビデオカメラでの動画制作、個人でのCG制作、ピンホールカメラ撮影などを体験。集中講義では個人で1本の作品制作にも挑戦。1年次で全ての映像分野に触れ、自由な発想力や企画力を養う。

    【必修科目(1年次)】映像基礎演習1~3/メディア基礎演習1~3/映像編集基礎/デジタル表現演習
    【選択科目(1~4年次)】映画史/写真史/絵画・デッサン/教育美術史/メディアアート論/アニメーション史

  • 1
    映像基礎演習2
    レンズや絞りなどカメラの基本的な技術を習得。また、小型ビデオカメラを自由に使いこなせるように、撮影の基礎を体験。(必修)
  • 1
    メディア基礎演習2
    ライティング(光)、レンズ、絞り、サイズとカメラポジションなど、ビデオカメラを使いこなす技術と撮影の基礎を学ぶ。(必修)
  • 2

    CM「山形チャンネル」の制作で全体を把握/山形県をPRする「やまがたチャンネル」を通じて企画発表から制作、編集、試写会まで映像制作の流れを体験。また合成、編集、音のミックス技術の基礎を、PCを用いて習得。後期は卒業後を意識し、具体的に専門的な技術を身につける。

    【必修科目(2年次)】映像演習1・2/制作演習/メディア演習/鑑賞・批評
    【選択科目(2~4年次)】映像プランニング概論/画像処理論/映像文化史

  • 2
    メディア演習
    地域社会と関わりを持つことの意義や喜びを体感。発想の仕方や企画プレゼンの方法も身につける。(必修)
  • 2
    映像演習2(アニメ)
    アニメーションの楽しさは、観たことのない映像の制作。手描きや人形などから自らの表現手法を選び、作品制作に挑戦。(選択必修)
  • 2
    映像演習2(CG)
    海外の映像作品を鑑賞。CGの特質を意識し、3DCGソフトを学びながら、各自の感性を反映した作品制作を目指す。(選択必修)
  • 2
    映像プランニング概論
    映像制作におけるプランの重要性を認識すること、及び、主にCMを中心に、初歩的かつ核心的な映像プランの考え方・伝え方を学ぶ。(選択)
  • 2
    鑑賞・批評1(実写)
    自ら制作した映像作品を解体して、その中から物語を発見、または再構築し、10分程度の実験映画を制作。(選択必修)
  • 2
    鑑賞・批評1(写真)
    写真の基礎“物を映し出す構造”を学び、自らテーマを決め白黒写真の組写真を撮影。映像言語としての写真表現を学ぶ。(選択必修)
  • 3

    アニメ、CG、実写映画・写真を選択/映画撮影、アニメやCG制作などのプロを特別講師として招き、自らの専門の表現方法を追求。アニメでは3・4年が合同でラボを立ち上げ、教員と学生が共に映像制作に取り組み、世界への配信を目指す活動も展開。自主制作に取組む学生も多い。

    【必修科目(3年次)】映像演習3・4/展示構成論/映像研究1
    【選択科目(3~4年次)】音楽演習/web演習/写真演習/メディアアート演習

  • 3
    映像演習4(CG)
    フォトリアリスティックな表現を中心にCGの作り方を習得し、演習で身につけたスキルを活かして、作品制作に取り組む。(必修)
  • 3
    映像演習3
    各教員がプロジェクトを提示し、学生は専攻メディアにとらわれず履修できる。様々な映像ジャンルの専門性を深め、共有する。(必修)
  • 4

    ゼミに分かれ、専門性を本格的に深める/地域に密着した実写映像やアニメーション制作に取組むほか、下級生をスタッフに自らが監督となって映画撮影の機会も。教員の人脈を活かし、CM制作会社などの現場でインターンシップも可能。卒業制作は山形市内の映画館で一般に公開する。

    【必修科目(4年次)】映像研究2/卒業研究

  • 4
    映像研究2
    卒業制作に向けて自身の考えをまとめ、作品テーマや映像分野などを決定。教員との対話を重ね、質の高い映像作品を目指す。(必修)
  • 4
    卒業研究(映像)
    自身の表現力、独自性を最大に発揮した作品を制作。映画の場合、長・中編の映画を企画し、監督として撮影、編集を行なう。(必修)

活動レポート

  • 卒業制作では1人1作品。

    4年次は一人ひとりが監督となって作品制作を行います。他大学では複数人グループで実写1本、という制作が多い中、全員が監督になって取り組むことで確実に力がつきます。

  • 映像学科と山形

    世界とつながる映画祭/アジア最大のドキュメンタリー映画祭「山形国際ドキュメンタリー映画祭」。出品はもちろん、スタッフとしても学生が活躍。

  • 多分野に触れ発想を豊かに

    1年次からアニメーションやCG、写真、映画などを横断的に学び、興味のある分野だけにとどまらず、様々な映像に触れることで発想の幅を広げ、多角的な見方を探っていきます。

  • 映画「GOOD YEAR」が、“最優秀撮影賞”を受賞

    映画づくりの面白さを伝える目的で、林海象教授が学生たちと山形市内で撮影を行った本作がスウェーデンの国際映画祭『Västerås Film festival』で“最優秀撮影賞”を受賞。

  • 自主製作映画の登竜門で準グランプリを受賞

    映画祭「ぴあフィルムフェスティバル」において、本学科の2014年度卒業生、富永太郎さんが監督を務めた「ムーンライトハネムーン」で準グランプリを受賞しました。

  • 戦争体験者61名にインタビュー山形国際ドキュメンタリー映画祭に

    大学生世代が戦争体験世代にどんなイメージを持っているのか、何を聞いてみたいかなど考え、インタビュー相手を捜し、監督から編集まで行って完成させた映画作品です

  • 東北の昔話をアニメーションとして残す

    岩井天志准教授のプロジェクト「Story of Tohoku」では東北各地の昔話を映像にすることで、メディアの『伝える』『残す』特性を再認識し、社会に『広める』方法を学びました。

  • 多彩なゲストが教える音楽の授業

    映像を引き立たせる音や音楽について考えるための基本になる発想や考え方を身に付け、理解・表現できることを目指します。2015年は、岸野雄一さんや原田喧太さんがゲストに登場。

  • 身体の動かし方を身につけ、演出の理解を深める。

    シナリオの授業では、舞台演出のゲスト講師から身体表現や演技の基礎も学びます。書くだけでは養えない「演出力」を身につけます。


作品紹介

  • BOUNDARY

    永山実沙希 2013年 「BOUNDARY」

  • 写真の古典技法の研究

    小野塚眞穂「写真の古典技法の研究」

    [写真]サイアノタイプリント(青写真)

  • 幻像

    菅野恍人「幻像」

    [写真]デジタルプリント

  • 深呼吸のオノマトペ

    齋藤香 2013年「深呼吸のオノマトペ」

  • 妄想吐息

    藤田紗希 2013年「妄想吐息」

  • ピアノと少年

    原田里美 2013年 「ピアノと少年」

  • 化身

    後藤美咲 2014年「化身」

  • 何か見えた

    小口詢平 2013年 「何か見えた」

  • はりぼてCG

    山内大治「はりぼてCG」

    CGアニメーション

  • 荒ぶる町並み

    山内大治「荒ぶる町並み」

    CGアニメーション

  • ニッポン男児

    五十嵐英祐「ニッポン男児」

    劇映画

  • ドロセラ

    広井砂希「ドロセラ」

    劇映画

  • 西浦字38-2

    我妻莉奈「西浦字38-2」

    大判プリント 9点

     

  • Ser.Comrade

    上野雅志「Ser.Comrade」

    3D-CG

  • 念力

    佐藤志保「念力」

    大判組み写真と詩 5点

  • 証明写真

    折原亜希子「証明写真」

    着彩写真

  • 水辺

    齋藤真理「水辺」

    大判写真 7点

  • Line-Flag

    佐々木晴菜「Line-Flag」

    大判組み写真 4点

  • PARANOID

    愼娟偵「PARANOID」

    アニメーション 3分30秒
    NHK山形放送 やまもり!おらこしゅだ!放映

  • だけどあなたは私の一番

    本田有希子「だけどあなたは私の一番」

    アニメーション 12分20秒
    NHK山形放送 やまもり!おらこしゅだ!放映

  • 塩釜神社前県道3号

    田中健二「塩釜神社前県道3号」

    CG 3分22秒
    NHK山形放送 やまもり!おらこしゅだ!放映
    アートアワードトーキョー丸の内2010 招待出展

  • 子供の知らない海

    油川将希「子供の知らない海」

    アニメーション 10分40秒

  • 蜘蛛と羽虫の記憶

    大森宏樹「蜘蛛と羽虫の記憶」

    ドキュメンタリー映画 12分
    山形国際ドキュメンタリー映画祭2009上映

  • はじまりはまつ毛の先から

    乘田朋子「はじまりはまつ毛の先から」

    乘田朋子「 はじまりはまつ毛の先から」
    3分10秒 CGアニメーショ 第14回学生CGコンテスト佳作、他

  • 沈め明日よ

    嶋田宏也「沈め明日よ」

    嶋田宏也「沈め明日よ」13分41秒 アニメーション

  • ゼラニウム

    制野麻美「ゼラニウム」

    制野麻美「ゼラニウム」
    大判写真。人が背景に溶けこむようなその瞬間にしか味わえない不思議な感覚。甘くて苦い、そんな不思議な気分になる現象に花の名前を借りる。


フォトギャラリー


教員紹介

根岸吉太郎 教授/学長
Negishi Kichitaro

根岸吉太郎 教授/学長
Negishi Kichitaro

1950年生まれ、東京都出身。早稲田大学第一文学部演劇学科卒業。学士。

 

1974年日活に入社。1978年『オリオンの殺意より、情事の方程式』で初監督。1981年『遠雷』では、ブルーリボン賞監督賞、芸術祭選奨新人賞を獲得。2006年には『雪に願うこと』が東京国際映画祭でグランプリ、監督賞をはじめとする史上初の四部門を受賞。その他にも『絆』(1998年)、『透光の樹』(2004年)、『サイドカーに犬』(2007年)など様々なジャンルの作品を手掛ける映画監督として活躍中。映画『ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~』(2009年)で、モントリオール世界映画祭で最優秀監督賞受賞。

06_p00_1

林海象 教授/学科長
Hayashi Kaizo

林海象 教授/学科長
Hayashi Kaizo

1957年 京都府生まれ。日本の映画監督、映画プロデューサー、脚本家。株式会社映像探偵社代表取締役社長。1986年、モノクロサイレント映画『夢見るように眠りたい』でデビュー。代表作は永瀬正敏主演の『私立探偵 濱マイク』シリーズほか。学位:無

今村直樹 教授
Imamura Naoki

今村直樹 教授
Imamura Naoki

1954年生まれ、岐阜県出身。上智大学新聞学科卒業。早稲田大学大学院公共経営研究科修了。公共経営修士(専門職)。CMディレクター。

 

サン・アドなどの広告制作会社を経て、1987年に独立し、今村直樹事務所を設立、2002年よりCM制作者集団・ライブラリーを主宰している。最近の代表作に、第一生命、ダイワハウス、ジャパネットたかたなどの企業広告、マスターカードpricelessシリーズ、シャープアクオスなどがある。ACC賞、消費者のためになった広告賞最優秀賞など受賞多数。2011年、早稲田大学大学院公共経営研究科を卒業し、地域活性化のための広告にも目を向けている。

imamuraworks

 

左上:第一生命企業CM、右上:ダイワハウス企業CM、左下:マスターカードPricelessキャンペーン、右下:シャープアクオスCM

西村宜起 教授
Nishimura Yoshiki

西村宜起 教授
Nishimura Yoshiki

名古屋生まれ。東北大学工学部電気工学科卒業、Illinois Institute of Technology / Institute of Design (Chicago, USA) 修士課程修了。Master of Science in Design。

 

タイポグラフィを学び、タイポグラファーを目指すが、その当時、台頭し始めた3次元コンピュータ・グラフィックスに魅せられ、企業にて3D-CGの技術開発およびシミュレーション映像を制作する。SIGGRAPH The Electoronic Theater & Art Gallery / Prix ARS Electronica Animation Festival / European Media Art Festival / Jihlava International Dcumentary Film Festival / 銀座NIKONサロン/ 等幅広い分野にて作品発表し、CG表現のランドスケープを広げていくことに尽力している。

2013年には、CG・実写作品「ある観察」( an Observation )を国際映画祭「「IFF (International Film Festival) XXIII Message to Man」実験映像部門 IN SILICO
(サンクト・ペテルブルグ、ロシア)をはじめ、オーストリア、チェコなどで発表。

06_p01_11

Framing_indonesia(ギャラリー展示、シリーズより抜粋)

06_p01_111

海辺の歩行(animation)

加藤到 教授
Kato Itaru

加藤到 教授
Kato Itaru

和光大学人文学部芸術学科卒業。文学士。

映像作家。実験映画、ビデオアートを中心に、パフォーマンス、インスタレーション等幅広くメディアアートを制作し、国内外で数多く発表している。16ミリフィルム作品『SPARK-LING』1991は、ハンガリーに於いて、シゲトヴァール市長賞受賞。また、山形国際ドキュメンタリー映画祭に学生がボランティアスタッフとして参加するためのチュートリアル・ゼミ「ドキ山」を主宰し、学生と映画祭との積極的な交流を推進している。

06_p02_1

「SPARKLING」1991年 16ミリフィルム作品

山本コージ 教授
Yamamoto Koji

山本コージ 教授
Kato Itaru

1962年生まれ、福岡県出身。九州芸術工科大学(現九州大学)芸術工学部 画像設計学科卒業。学士(芸術工学)クリエイティブディレクター、アートディレクター、フィルムディレクター

(株)資生堂宣伝部(現宣伝デザイン部)にグラフィックデザイナーとして入社。宣伝デザイン部制作室長、クリエイティブディレクション室長、FT宣伝デザイン室長を経て2017年6月退社。

代表作としてマジョリカマジョルカ、インテグレート、Ag+をローンチ、uno、マキアージュ、TSUBAKI、SEA BREEZE、MA CHERIEのブランドデザイン。avex所属ICONIQ、moumoon、Nissy(AAA西島隆弘)のプロモーションなどがある。

カンヌ国際広告賞金賞•銀賞•SHORTLIST/ニューヨークフェスティバル金賞•銀賞/ロンドン国際広告賞WINNER•FINALIST/クリオ賞銅賞/アドフェスト銀賞•FINALIST/ONE SHOW MERIT/WEBBY審査員特別賞など国内外の賞を多数受賞。

自身がフィルムディレクターを行った作品にはコマドリアニメーションが多い。

06_p02_1

左上から、Aleph / ホコリくんの逆襲90″(1999)、uno / Draw Your Style (2003)、uno / Draw Your Style (2003)、マジョリカマジョルカ10周年記念Movie (2013)、moumoon MV (2014)、MA CHERIE x Nissyコラボ企画 / Short Movie (2017)

屋代敏博 准教授
Yashiro Toshihiro

屋代敏博 准教授
Yashiro Toshihiro

1970年 埼玉県生まれ。多摩美術大学造形表現学部映像演劇学科卒業。学士(芸術)。

 

写真家。多摩美術大学で映像、演劇を学んだ後、一貫して写真表現の可能性を探る実験的な試みを続けてきた。近年は「回転回」という自分自身が台上で回転し、その場に円盤状の痕跡を残す身体的な動きを取り入れた作品によって知られている。 2000年文化庁派遣在外研修員、2001年フランス政府文化機関“Images Au Centre”所属アーティスト、2002年ケルンメディア芸術大学客員芸術家として活動。また、2000年『アルル国際写真フェスティバル』などの国際展に多く選抜されている。
http://www.kaitenkai.com

06_p04_1

「回転回LIVE!@東京都現代美術館
(行為と映像による参加型プロジェクト)」/2006年 写真作品

岩井天志 准教授
Iwai Tenshi

岩井天志 准教授
Iwai Tenshi

1971年鳥取県生まれ。多摩美術大学卒業。学士。

 

アニメーションディレクター、映像ディレクター。卒業制作作品『独身者の機械』(16mm/32min/1997)が国内外の映画祭招待上映、ビデオ発売(UPLINK)をきっかけに作家活動を始める。2000年『人形アニメーションのデジタル制作システム』で創造活動促進法の認定。人形アニメーション映画『玉蟲少年』(35mm/16min/2001)で日本映画テレビ技術協会映像技術奨励賞受賞。その後、活動の場をTV、CMの場に拡げる。主な仕事に明治製菓企業CM、日本テレビ『COOOOL TV』、NHK天才テレビくんスペシャル、DE DE MOUSE (avex)のアートワーク、MV等。株式会社シマウマ代表。

2010iwaiworks

非常勤講師

非常勤講師

阿部信行
伊藤茂之
稲葉まり
梅木駿佑
越後谷出
小形美希
影山史枝
加藤律昭
河合政之
川島章正
岸野雄一
工藤薫
志鎌康平
清水有
鈴木利明
竹内公一
田中淳一
近谷直之
長津春子
中村高寛
袴田竜太郎
原田喧太
藤山武
丸山紗綾香
水野健一郎
横浜聡子
吉田直人
渡辺和志


目指せる代表的な職業と取得できる資格

代表的な進路先:
デザイン・製品開発/建築、インテリア/広告代理店、マスメディア/ホームページ・雑誌編集/販売、商業施設/環境、自然/公務員(デザイン系)/制作プロダクション(映画、写真、音楽)/アニメーション、イラストレーション/旅行、観光、ブライダル/学芸員/学校教員(学科によって取得可能資格が異なります)
取得できる資格:
小学校教諭一種免許(中学校教諭一種免許取得者が、指定の通信科目を受講することで取得できます)/中学校教諭一種免許(美術)/高等学校教諭一種免許(美術)/学芸員