就職支援体制

東北芸術工科大学では、卒業後の進路決定をサポートするため、キャリアセンターを設置しています。キャリアセンターでは、進路ガイダンスや企業説明会などの企画・運営はもちろんのこと、進路に関わる相談やアドバイスなどを行っています。大学は、社会人として基本的な知識や専門的技術を身につける経験を通して、みなさんが思い描く「夢」や「想い」を実現するための力を育む場です。進路支援を専門とするスタッフはあなたの「夢」をカタチにするため、全力でサポートします。

キャリアセンター
開室時間:8:45~17:15(平日)

 

就職支援体制

就職ガイダンス業界・企業研究セミナー
就活のノウハウや、業界や企業、実社会を知るために企業から講師を招き、キャリアセンターで就職ガイダンスを行なったり、「進路発見」をサポートします。

キャリア支援プログラム
将来に向けて、進路や職業観や人生観などを考える授業を開催。学生の年次に合わせて段階的に就職力を身につけられます。教員・公務員試験対策、筆記試験などの各種講座も開催します。

個別面談/電話でのアドバイス
キャリアセンターと教学事務のスタッフが3〜4年生全員に個別面談を行い、それぞれの希望を把握した上で適切にアドバイスします。

大学主催企業説明会
いくつもの企業と就職希望者が面談する企業説明会を大学独自で開催。山形、東京、仙台で各地の企業をお招きし、大勢の学生が参加します。

インターンシップ(就業体験)
実際の現場や会社での就業体験を通して、社会感覚を養い、学修・進路選択に役立てるとともに実践的な能力を身につけます。

求人情報検索
企業情報を収録する独自のデータベースを整備。求人・採用情報は、インターネットで学内はもちろん自宅や携帯電話からも検索・閲覧が可能です。

 

キャリア支援計画

学生が自身の進路を考え、目指す将来へ進めるよう、1 年次から就職支援プログラムがスタートします。職業観や人生観を養うための授業、企業から講師や卒業生を招いての各種講演会を開催するほか、就職活動のノ ウハウ、ポートフォリオ(作品集)や履歴書のまとめ方、試験対策など、幅広い内容で卒業まで実施。学生一人ひとり個別にキャリアセンターと教学事務室のス タッフがアドバイスを行うほか、就職だけでなく生活面や大学院への進学相談などにも応じています。

※2017年卒業生のスケジュール例。