2016年入選

  • 一覧へ戻る
  • 前のページヘ
  • 次のページへ

『地域でつくる無人駅』

米子工業高等専門学校(鳥取県)
川崎綾華/入江典子

特色が無く殺風景になりがちな無人駅を、地域の魅力を「絵」で表現する機会を通して、明るく利用し易くするアイデアです。

デザセン学生スタッフからの応援メッセージ

壁画制作の多くは絵を個人制作になりがちですが、地域の人々が何をモチーフにするべきかを話し合いで決める点にポイントがあります。①地域の人々をかかわらせる工夫 ②地域ならではの特色のある絵の条件 ③無人駅が「どうなってほしいのか」などの考えを深めていくことで、さらに多くの人が共感できる楽しいアイデアとなっていくことでしょう。提案パネルでは、ポイントとなる言葉を色ペンで差別化したところや、写真を活用して無人駅に絵を設置した風景を見せる工夫などがあり、読み手が想像しやすくなっています。本分のテキストは、吹き出しや重要な言葉を囲うことで、さらにキレイに見えるパネルになります。

地域でつくる無人駅

地域でつくる無人駅

二次審査時の提案パネル  PDFダウンロード

このページのトップヘ