2016年入選

  • 一覧へ戻る
  • 前のページヘ
  • 次のページへ

『取り外しできる教材』

北海道札幌平岸高等学校(北海道)
竹内安花梨/小林晃菜/桜井沙夜

学校で使用する教材が重たすぎることで、持ち運び時に姿勢が悪くなり、内臓機能の低下などを起こす可能性があります。そこで必要な部分だけ取り外しできる教科書を提案。

デザセン学生スタッフからの応援メッセージ

「現状では教材を約1800ページ分もムダに背負って学校に通っている」という事実と気づきに対する強烈な共感がありました。重たい教科書が子どもたちの健康を脅かすという身近で大切な課題への着眼点には、現在進行形で教科書を背負っている高校生たちの実感のこもった視点を感じます。世界で実際に起こっている事例や具体的な教科書のページ数など、今回の提案内容に説得性を持たせていますね。「教科書」という教育道具を解体して改めて再構築するのですから、生徒目線、先生目線の両方を考察し、実際にどんなふうに軽量化された教科書があると良いのか、どこのページで教科書を分けると授業にも支障が無いのかなどがあると、提案がより魅力的に深まりそうです。

取り外しできる教材

取り外しできる教材

二次審査時の提案パネル  PDFダウンロード

このページのトップヘ