2015年入選

  • 一覧へ戻る
  • 前のページヘ
  • 次のページへ

『手形キットでつなぐ家族の絆』

九州産業大学付属九州高等学校(福岡県)
浦吉冴香/中馬穂乃香/平野澪

誕生日に家族で手形とメッセージを残し、写真や動画では表現できないリアルな家族の思い出を作り、家族との絆を深めます。

デザセン学生スタッフからの応援メッセージ

デジタル画像や動画が簡単にできる現代社会において、あえて記録として「手形」を残す機会といえば、幼少期のお子さんの成長記録か、お相撲さんの手形色紙くらいでしょうか。このアイデアでは手形の魅力を紐解き、「家族みんなで」残す手形の価値を「リアル」という視点で表現し、新しい価値を伝えています。このアイデアを実際にいろんな家族で試してみて、その家族に起こった魅力的な変化やストーリーなども提案内容に盛り込むと、「リアル」さがより伝わると思います。手形を押すときに「○○を必ずする!」というような、家族ごとの独自のルールがあっても素敵ですね。

二次審査時の提案パネル  PDFダウンロード

このページのトップヘ