2015年入選

  • 一覧へ戻る
  • 前のページヘ
  • 次のページへ

『はなまる授業』

京都精華女子高等学校(京都府)
池野胡桃/浅野木の実

成績不振のクラスの授業を、「わかりやすさ」「工夫」「板書」「やる気」などの項目で他校の生徒が客観的に採点。結果をもとに生徒と先生が解決策を考えます。

デザセン学生スタッフからの応援メッセージ

提案パネルのグラフィックが分かりやすく、文章も端的にまとめられています。学校の授業をどうにかしたいという視点は、多くの子どもたちが共感できることでしょう。授業を評価するのが「他の学校の生徒」という客観性を考えた人選をしている点は効果が期待できそうですね。つまらない授業で明らかなのは「学んで楽しい」という思いが足りないことにあります。どのようにすればその学ぶ楽しさが生まれるのかにはきっと、教える側にも教わる側にも様々な要因があるはずです。その要因を解決できる具体的なアイデアがあれば、さらに魅力的な提案になると思いました。

二次審査時の提案パネル  PDFダウンロード

このページのトップヘ