2015年入選

  • 一覧へ戻る
  • 前のページヘ
  • 次のページへ

『お手紙の日』

両国高等学校(東京都)
三浦翔子/樋谷結芽

手紙離れの傾向がある現代。でも手紙を「貰いたい」人は減少していません。七夕を無料で手紙を出せる日とし、手書き文字や手紙の良さを見直します。

デザセン学生スタッフからの応援メッセージ

現代社会における手紙離れの背景を示しながらも、今なお、手紙というメディアに「ニーズ」があることを示し、解決すべき課題を見つけている提案ですね。提案パネルの絵もかわいらしく、七夕にかけたストーリーがとても素敵ですね。さらに様々な方の心に響くアイデアにするためには、組織の力を借りなければ実現が難しい無料化システムの他に、利便性の高いSNSが普及する現代社会で、「郵便局に投函しに行く手間をかけてもいい」と思える手紙本来の価値をさらに提案できると良いですね。手紙と言っても封書とハガキがありますので、そうした違いからもそれぞれの面白さを引き出せそうです。

二次審査時の提案パネル  PDFダウンロード

このページのトップヘ