先生とつくる、デザイン選手権大会

先生とつくる、デザイン選手権大会

昨年からご応募の締め切りを7月上旬に設定させていただいたことから、
デザセンに授業で取り組んでくださる高校が増えました。一方で、デザセンに関心をお持ちいただいているものの、
お取り組みには至っていないというケースも少なくありません。
そうした先生方にお話をうかがうと、「指導が難しい」ことを一番の理由に挙げられます。

大会に取り組む意義をどのように生徒に説明し、モチベーションを高めていくか。
そしてそれをいかに維持していくか。問題意識をどのように持たせるか。そこからどのように発想させていくか。
そして、結果的に教育的な効果を得られるかどうかなど、先生方のご負担は大変大きく、
お取り組みに踏み切れない先生もおられるのではないかと思います。

そこで、デザセンに毎年お取り組みいただいている先生方に、
そのお取り組み方法をご紹介いただくことにしました。
先生方がこれまで教育の現場で試行錯誤しながら考えてこられたご指導方法は、
これからお取り組みになる先生にとっても、高校生にとっても、何にも代え難い価値のあるものだと思います。

お取り組みいただく先生方のご理解とご協力なしにデザセンは成り立ちません。
これからも、先生方と一緒に大会をつくっていきたいと考えています。

黒木 健 先生

黒木 健 先生

秋田県立仁賀保高等学校 普通科(本稿執筆時)

※平成24年度より秋田県立西目高等学校 総合学科に勤務

長澤 英一郎 先生

長澤 英一郎 先生

山形県立東根工業高等学校
総合技術科 デザイン専攻

松田 宏美 先生

松田 宏美 先生

山形県立新庄神室産業高等学校
環境デザイン科 建築技術系

安東 裕二 先生

安東 裕二 先生

大阪市立淀商業高等学校
商業科 コミュニケーション科学コース

新山 浩 先生

新山 浩 先生

神戸市立科学技術高等学校
都市工学科

占部 政則 先生

占部 政則 先生

九州産業大学付属九州高等学校
デザイン科

このページのトップヘ