審査員

中山ダイスケ(なかやま・だいすけ)

2016年度 決勝大会審査員

中山ダイスケ(なかやま・だいすけ)

アーティスト、アートディレクター/東北芸術工科大学教授 ◎審査員長

武蔵野美術大学でグラフィックデザインを学んだ後、コミュニケーションを主題に多様なインスタレーション作品を発表。1997年より6年間NYを拠点に発表を行う。1998年台北、2000年光州、2000年リヨンビエンナーレ日本代表。ファッションショーの演出、舞台美術、店舗のアートディレクションやグラフィックなど、カテゴリーを超えて活動している。

竹内昌義(たけうち・まさよし)

竹内昌義(たけうち・まさよし)

建築家/東北芸術工科大学教授

(株)みかんぐみ共同主宰。ライブハウス「SHIBUYA-AX」、八代の保育園、2005年愛知万博ではトヨタグループ館、横浜開港150周年記念イベント会場、伊那東小学校を設計。さまざまな建築を手がける。東北芸術工科大学では、サスティナブルタウンのための10の提言、「未来の住宅カーボンニュートラルの教科書」(バジリコ出版)でエコハウスについて研究し、実際に設計、建設をすすめた。近著に「原発と建築家」がある。http://mikan.co.jp/

マエキタミヤコ(まえきた・みやこ)

マエキタミヤコ(まえきた・みやこ)

クリエイティブエージェンシー「サステナ」代表

コピーライター、クリエイティブディレクターとして、97年よりNGOの広告に取り組み、2002年にソーシャルクリエイティブエージェンシー「サステナ」を設立。「エココロ」を通し日々世のなかのエコシフトに奔走中。「100万人のキャンドルナイト」呼びかけ人代表・幹事、「ほっとけない世界のまずしさ」2005年キャンペーン実行委員。京都造形芸術大学・東北芸術工科大学客員教授。「フードマイレージ」キャンペーン、「いきものみっけ」「エネシフジャパン」「グリーンアクティブ、緑の日本」「エコ議員つうしんぼ」「発禁新聞」「サステナ・クラウドファンディング」「デモクラTV・えっそれは知らなかったジャーナル」をてがける。デモクラTVレギュラーコメンテーター。http://www.sustena.org/

今村久美(いまむら・くみ)

今村久美(いまむら・くみ)

認定特定非営利活動法人カタリバ代表理事

2001年に任意団体NPOカタリバを設立し、高校生のためのキャリア学習プログラム「カタリ場」を開始。2006年には法人格を取得し、全国約1000の高校、約180,000人の高校生に「カタリ場」を提供してきた。2011年度は東日本大震災を受け、被災地域の放課後学校「コラボ・スクール」を発案。2011年7月に一校目の「女川向学館」を宮城県女川町で開校。同12月には、二校目の「大槌臨学舎」を岩手県大槌町で開校。被災地の子どもに対する継続的な支援を行っている。2008年「日経ウーマンオブザイヤー」受賞。2009年内閣府「女性のチャレンジ賞」受賞。現在、中央教育審議会教育課程企画特別部会委員。

志村直愛(しむら・なおよし)

志村直愛(しむら・なおよし)

東北芸術工科大学教授

父親の転勤で九州から北海道まで全国で過ごし、東京芸術大学で建築史を学ぶ。大学院修士、博士課程、助手を経て現職。日本近代建築史、歴史を活かした都市景観やまちづくりを専門とし、故郷鎌倉、横須賀、山形各地の景観まちづくり、市民協働などを実践。歴史建築やまちなみ調査の解説著作、カルチャー教室でのまち歩き講座や、TBS「東京ウォーキングマップ」、NTV「世界一受けたい授業」、テレビ東京「なるほどストリート」の出演を通じて建築の歴史とまち歩きの楽しさを説いて歩く。東京在住山形在勤を軸に東奔西走。

野村友里(のむらゆり)

野村友里(のむら・ゆり)

フードディレクター

フードクリエイティブチーム「eatrip」主宰。長年に渡りおもてなし教室を開いていた母の影響で料理の道へ。日本の四季折々を表す料理やしつらえ、客人をもてなす心を、食を通じて様々な角度から繋げている。1998年に渡英しいくつかのレストランを経験。2010年には世界的に評価の高いオーガニックレストラン「シェ・パニース」(アメリカ)のキッチンで経験を積む。主な活動には、レセプションパーティなどのケータリングフードの演出や、料理教室、雑誌の連載、ラジオ番組、TVやCMのフードディレクション等。食の可能性を多岐に渡って表現し、その愉しさを伝える。2011年には、「シェ・パニース」のシェフたちと「生産者」「料理人」「消費者」をつなぐ参加型の食とアートイベント“OPEN harvest”を開催。国内では「その土地の風土や文化を、食を通じて身体に取り込む」をコンセプトに“nomadic kitchen”プロジェクトを開始。2012年原宿に「restaurant eatrip」をオープン。食のドキュメンタリー映画『eatrip』を2009年に初監督。著書に『eatlip gift』(マガジンハウス)。http://www.babajiji.com/

このページのトップヘ