博士課程 芸術工学専攻

芸術文化

西洋的なる形と東洋的(あるいは日本的)なる形とを比較しながら、あわせて、作り手( 製作者) と受け手( 鑑賞者) との関係に留意しながら、絵画・彫刻・工芸など、各領域にわたって、歴史的・美学的に分析・考察することによって、斬新で深い研究・制作に取り組むことのできる人材を育成します。

歴史文化

東アジアに向けて開かれた問題意識をもって、あわせて、歴史学・考古学・民俗学にわたる学際的な視野をもって、フィールド調査に立ち向かい、地域の文化・風土を実践的・総合的に研究することのできる人材を育成します。

文化財科学

資料の理化学的調査、保存環境の設定、修復技術の開発、保存のための人的・経済的システムの構築、災害から救うための体制づくり、資料の模造・復元・記録保存、アーカイブ化、管理・活用のシステムづくりなど、多方面の課題に応えられる高度な能力を具えた人材を育成します。

デザイン方法論

製品と生活環境を創造するデザイン分野において、人々の心と体、生活行動との関係を原点に立ち戻って考察し、今後のデザインのあり方を指し示す独自のモデルを提起することのできる人材を育成します。

環境計画

文明の進展や社会の変化を踏まえたグローバルな観点と、地域社会の内発的な発展の可能性という観点をもって、あわせて、建築学・都市計画学・社会科学などにわたる学際的・総合的なアプローチをもって、フィールド実践に立ち向かい、生命力のある持続的地域環境の形成に資する研究に取り組むことのできる人材を育成します。