本学学生がデザイン、プロモーションを手掛けた「つや姫 なんどでも」のプロジェクト動画が公開

2013.02.28.Thu

本学学生がデザイン・プロモーションを手掛けた「つや姫 なんどでも」のプロジェクト動画が、南陽市「南陽ブランドプロジェクト」のホームページにアップされました。この動画は、同市の商工観光ブランド課が企業情報発信事業の一環として市内の企業を世界に発信する目的で企画・作成したものです。

田中可也子さんと黄木優寿さんが音楽家のharuka nakamuraさんと映像作家として共演します

2013.02.27.Wed

大学院ビジュアルコミュニケーションデザイン領域生の田中可也子さんと映像コース卒業生で山形国際ドキュメンタリー映画祭事務局の黄木優寿さんが、音楽家のharuka nakamura氏の山形初公演に、映像作家としてコラボレーション出演します。

地域文化遺産保護活動「平成24年度研究調査報告会」

2013.02.27.Wed

文化財保存修復研究センターでは、「複合的保存修復活動による地域文化遺産の保存と地域文化力の向上システムの研究」の「平成24年度研究調査報告会」を開催致します。西川町、大江町、高畠町を主要な研究対象としてきた成果を発表し、地域文化遺産保護に関わる方からの意見や評価から、研究期間後半に向けた議論を深めて

アートで置賜を盛り上げる「三月のマウンテン画廊」展に卒業生アーティストたちが多数参加

2013.02.27.Wed

白鷹町文化交流センターAYu:M(あゆーむ)を会場に開催される展覧会「三月のマウンテン画廊」に、本学より多数の卒業・修了生が実行委員、出品アーティストとして参加します。本展では、置賜に関わるアーティストがそれぞれに表現した山などの絵を展示する「置賜若手アーティスト紹介展」と、地域の方々とアーティスト

studio-L 山崎亮 特別講演 ふるさとを元気にするために 私たちは何を学ぶべきか?

2013.02.26.Tue

コミュニティデザインがふるさとの活性化にどのように寄与できるのか、これからの可能性や、コミュニティデザイナーの重要性などについて、山崎亮氏にお話しいただきます。 申請予定のコミュニティデザイン学科についての説明相談会も同時開催します。  2013年3月17日(日)14:00〜15:30 東北芸術工

映像学科一期生卒業制作展「フォーラム山形」にて

2013.02.26.Tue

映像学科の卒業生による28作品(ドラマ/ドキュメンタリー/映像作品/アニメーション/CG)の上映会を4日間開催致します。映画を監督した学生らによるトークショーも開催。想像力と創造力を注力し若者たちが進撃に取り組んだ映像の数々と熱い思いを披露致します。映画文化とも関わりの深い山形で、映画製作に取組んだ

洋画コース卒業生の高松和樹さんと原田圭さんが『月刊美術3月号』で期待の新人として紹介

2013.02.26.Tue

洋画コース卒業生で美術家の高松和樹さんと、同領域修了生の原田圭さんが、月刊美術3月号(No.450)の「巻頭特集 噂の新人2013 いま目が離せない12人のアーティスト」で紹介されています。

「森田梢展 線と色の絵」

2013.02.20.Wed

洋画コース卒業生の森田梢さんが仙台で個展を開催します。人や愛をイメージしたもの、森や天気の変化、夜、海など、それらの多様なテーマを描いた油彩やドローイングなど、2011年から2013年にかけての作品数十点発表します。

版画コース企画展「ピュシス・萌芽する版画家たち〜?」

2013.02.19.Tue

版画老舗画廊「養清堂画廊」(東京都)が版画コースの支援を目的とした2つの企画展を実施。東北の地から作家として飛び立とうとする若い才能をぜひご高覧下さい。 会期:2013年2月25日(月)〜3月2日(土) 会場:養清堂画廊 住所:東京都中央区銀座5-5-15 出品者:在学生、卒業生22名(教員

時空を駆ける、フィールドワーク『東北学』第一号を創刊

2013.02.18.Mon

東北文化研究センターでは、『東北学』を99年に創刊して以来、計48冊を発行してきましたが、このたび内容とデザインを刷新し、新しい雑誌『東北学』を創刊しました。特集は鉄道。新しい時代の生き方を切り拓いてゆく若者たちが、東北のあゆみと現状、そして将来を考えるためのきっかけとなるように。そんな実践のための

カテゴリー