美術科 工芸コース

金工/漆芸/陶芸

暮らしを支えるモノを素材と向き合い生み出す

食事を彩る箸や茶碗、装いを華やかにするアクセサリー。工芸は日常生活に欠かせない芸術分野です。山形の豊かな大地で向き合えるのは、「漆芸(しつげい)」「金工」「陶芸」の3分野。この3素材に複合的に触れられるのが特長です。漆芸を学べる大学は少なく、また、大きな魅力となっているのが、創作意欲をかき立てる充実した設備とアトリエ。陶芸では、敷地内に登り窯も。作家として活躍する教授陣から学び取る、あらゆる技や知恵はかけがえのないもの。工芸作家としてはもちろん、他分野でも喜びと感動を与える力として存分に発揮されています。


学べる分野と特長

日本独特の漆芸
長きにわたり日本人の食器や家具として使われてきた漆。漆芸の技法を基礎から丁寧に習得した上で、蒔絵(まきえ)や螺鈿(らでん)といった精巧な表現技法のほか、枠にとらわれない新しい表現にも挑戦します。

暮らしを演出する金工
ライフスタイルの演出など様々に形づくられてきた金工。彫金、鍛金、鋳金の基本技術を基礎からしっかり身に付けた上で、ジュエリーやオブジェなど、個々の自由な発想に基づく造形に挑戦していきます。

土との対話で育む陶芸
大地の素材を活かし、私たちの生活に深く関わってきた陶芸。土練りからろくろでの成形、削り、釉薬や絵付け、焼成まで一連の技法を習得します。窯から作品を取り出した時の感動はかけがえのない経験となるはず。

各分野で整った施設設備
実習棟には、登り窯やろくろ、蒔絵室、金属加工を行なう機器など、各素材の制作を自由に探究できる設備やアトリエがを整備。ここから暮らしを支える新しいアイデアが形となって生まれています。

4年間のカリキュラム
  • 1

    造形へ挑戦する「ファンデーション」/工芸素材に取り組みます。「工芸は人生を面白くする」作品制作に挑戦です。鍛金、楽焼、鉄鍛造、蒔絵、造形加飾などから選択して各素材の基礎を修得しながら美術、工芸の自由な創造力と実制作の醍醐味を味わいます。

    【選択科目(1~4年次)】美術解剖学/工芸史/工芸特別演習/版画史【選択必修科目(1~4年次)】工芸文化論【選択必修科目(1年次)】デッサン初級【必修科目(1~4年次)】芸術色彩学【必修科目(1年次)】芸術鑑賞の喜び/芸術文化と自然の遺産/芸術思考論/工芸演習2/工芸論

  • 1
    工芸基礎演習1
    陶芸、金工、漆の素材からテーマに沿った実制作を行う。まっすぐに想いを形にすることから始めてみる。
  • 1
    工芸基礎演習1
    美術科ファンデーション演習の中で、工芸・美術表現の基礎となるデッサン、立体表現を養う。   
  • 1
    工芸演習2(漆芸)
    各自のデザインで、伝統技術の蒔絵を現代に生かす蒔絵パネルを制作。ポスターの様な図柄から花鳥風月まで感性が活きる。(必修)
  • 1
    工芸演習2 (金工)
    時計などの制作で、銅や真鍮、亜鉛を素材に金属加工の基本技術を習得。金属から得る自己の感覚をカタチに転換する。(必修)
  • 1
    工芸演習2 (陶芸)
    陶芸の基盤となる素材、造形に挑戦。磁器、陶器の基本となる2種の作品制作から豊かな表現を体得し、陶芸の魅力を実感。(必修)
  • 1
    薪窯
    陶芸史や現代陶芸、陶芸市場などについて特別講師を招いた授業も開講。学内に新設した薪窯で、夜通し薪を焚き続ける貴重な焼成体験も。
  • 2

    素材の特性を学び「クリエイション」/3素材に分かれて、素材の理解と造形訓練に力を入れる。道具作りや素材の見方、成形、組立、仕上げなどの基本を丁寧に学ぶ。また、金工では七宝やレリーフなどの華飾技法を、陶芸では染め付けや釉薬の研究、漆では指物やろくろ実習などを実施。

    【選択科目(2~4年次)】素材学/衣服論/染色論/インターンシップ/先端的コンテンツとアートシーン/クリニカルアート演習【選択必修科目(2~4年次)】日本美術史概説/西洋美術史概説/アート・デザイン史論/知的財産論/社会文化環境論/現代美術史/世界遺産総論【選択必修科目(2年次)】美術科共通演習(絵画A~C)(彫刻A~C)(工芸A~C)【必修科目(2年次)】美術の見方/芸術と社会力/工芸演習4・5

  • 2
    工芸演習3(金工)
    金工で使用する道具作りの後、銅鍋と銅板レリーフを制作。銅鍋は使い勝手を考慮して制作。その鍋で鍋パーティーも。(必修)
  • 2
    工芸演習3(陶芸)
    粘土や釉薬など、陶芸の原料の基本的な研究から、ろくろ成形や石膏型成形、染付け、上絵など一連の伝統技法を習得。(必修)
  • 3

    技術の習得と「プレゼンテーション」/高度な技術習得と、自らの成果の発表に力を入れる。また、複数の素材を用いたオブジェなどを制作し展示。周囲の意見に耳を傾けて制作の意味を深め、卒業後の姿を意識する。思考力と技術力、表現力、発表力の習得を目指す。

    【選択科目(3~4年次)】アートマネジメント概論【選択必修科目(3〜4年次)】陶芸応用演習1〜5【必修科目(3年次)】ポートフォリオ作成/複合素材演習

  • 3
    金工応用演習1~5
    金工では専門性を高めるため彫金と鍛金という2つの技法の課題どちらかを選択。銀と鉄では加工法が大きく異なる。(選択必修)
  • 3
    漆芸応用演習1~5
    漆の特徴は様々な素材に塗れること。漆かき体験や、木や布、紙、金属、陶磁などの素材を用い、創造的な作品を実現。(選択必修)
  • 4

    社会と作品との「コミュニケーション」/社会を意識した課題を通じ、作品と社会との関わりを考える。社会への課題に目を向け、研究テーマを明確に定め、広い視野で解決の糸口を制作から探る。卒業制作は半期を使って取組み、立案から設計、制作、発表までの総合力が求められる。

  • 4
    卒業制作(漆芸)
    4年間の思いを作品に込めて制作。伝統を基礎にした精巧な蒔絵技術や大きな彫刻作品等、漆の可能性を求めて仕上げる。(必修)
  • 4
    卒業制作(陶芸)
    陶芸素材での器と表現の可能性について研究制作。各自の社会性を重要視し、自己表現力を更に開発しながら制作する。(必修)

活動レポート

  • 老舗和菓子店とコラボ和菓子のための陶芸

    老舗和菓子店とコラボレーションし、菓子と器の展覧会を開催。伝統文化「茶道」を体験し、和菓子に合う器を40点以上制作。器に合わせたオリジナル菓子でお茶会も企画します。

  • 手作りの薪窯による焼成

    キャンパス内に学生の手作りでつくられた薪窯があります。薪を数日間燃やし続け高温を保つことで、粘土の成分が持つ風合いを生み出すことができます。

  • 漆の技術が学べる数少ない大学

    芸工大は、伝統工芸の漆塗りを学べる数少ない大学のひとつです。大学近隣の山に自生している漆の木から原料を採取し、実際の作品に使用することもあります。

  • クリスマスイルミネーションで街を華やかに

    山形駅前商店街からの依頼で、クリスマス期間中に点灯するシンボルタワーや動物のLEDイルミネーションを制作。社会的な実験を通じて得た喜びや実力は、貴重な経験になります。

  • 多くの展示で感じる自身の成長。実践的な演習

    工芸コースには展示のための演習も多く、器など日常生活で使用するような作品を多く制作します。販売をすることもあり、自分の成長を感じながら学んでいくことができます。

  • 大きな作品も作れる広いアトリエ

    漆芸、金工、陶芸それぞれに専用のアトリエや作業場を整備。漆芸には専用の建屋があり、陶芸の窯場には人が入れるほどの大きなガス窯の他、手軽な電気窯も備えています。


作品紹介

  • スリップウェア大皿

    高橋さとみ「スリップウェア大皿」

    H110×W550×D550mm×3点 陶土

  • 聞香茶器「夜来香・不知春

    江島あかり「聞香茶器「夜来香・不知春」

    H110×W80×D100mm(夜来香)、H70×W70×D80mm(不知春) 磁土

  • 私たちはいつも過去を見ている

    髙橋詩織「私たちはいつも過去を見ている」

    H10×W70×D90mm(おおぐま)、H10×W120×D50mm(はくちょう)、H10×W100×D50mm(アンドロメダ)、H10×W80×D50mm(カシオペア)、H10×W80×D50mm(オリオン) 銀・銅・黒味銅・白四分一・並四分一・上四分一

  • はなあそび

    齋藤亜美「はなあそび」

    H250×W410×D410mm 漆・陶土・銀粉・金粉

  • cup and saucers

    田久保静香「cup and saucers」

    H70×W150×D150mm 半磁土

  • いつか帰る場所へ

    出口紗也佳「いつか帰る場所へ」

    H1900×W900×D150mm 漆・石粉粘土・木粉粘土・金属粉・麻布・木材

  • 心に栄養を

    阿部真璃藻「心に栄養を」

    H60×W80×D15mm(カイワレ)、H80×W90×D20mm(トマト)、H70×W100×D10mm(オクラ)、H40×W55×D10mm(キュウリ)、H60×W75×D25mm(パプリカ)銅・真鍮・金箔

  • URUSHI FREAKS

    高橋悠眞「URUSHI FREAKS」

    H900×W1500×D1500mm 漆・螺鈿・金属粉

  • お食事こうでねえと土鍋

    高木しず花「お食事こうでねえと土鍋」

    H180×W300×D300mm 陶土

  • 丹頂鶴 −花器−

    五月女晴佳「丹頂鶴 −花器−」

    H1150×W180×D250mm麻布、木材漆、卵殻、乾漆粉、金粉、竹

  • 灯火と共に

    安藤玄太「灯火と共に」

    H880×W920×D920mm 陶土、鉄、真鍮、蜜ロウソク

  • 自然から得るものとは

    渡邉友香「自然から得るものとは」

    W250×D170×H170mm、陶土

  • 花筥

    小野知里「花筥」

    H30×W150×D150mm 黒味銅、白四分一、上四分一、並四分一、銅、銀950、漆

  • 光のみちしるべ

    古市壽賀子「光のみちしるべ」

    W1100×D150×H1100mm、漆、麻布、青貝、金属粉

  • あなたに贈る色に、春のまぼろし、夏のかがやき、秋のぬくもり、冬のきらめき

    堀瑞希「あなたに贈る色に、春のまぼろし、夏のかがやき、秋のぬくもり、冬のきらめき」

    H50×W75×D55mm、H35×W85×D75mm、H40×W50×D110mm、H50×W50×D50mm 純銅、純銀、七宝釉薬

  • なんでもない風景

    高妻留美子「なんでもない風景」

    H1720×W900×D900mm 陶土、鉄

  • 夢見た畑の収穫祭

    佐藤智美「夢見た畑の収穫祭」

    H250×W200×200mm 陶土

  • うみのうつわ

    五月女晴佳「うみのうつわ」

    漆芸/漆、麻布、和紙、木材、プラチナ箔、銀箔

  • Orca

    志水ゆめか「Orca」

    金工/銅、2200×1250×830

  • 流れる

    小黒ちはる「流れる」

    陶芸/陶土、1500×3000×1500

  • ファクトリー

    小林聡介「ファクトリー」

    金工/銅、真鍮、銀925、木、240×240×300mm

  • inverdire

    今野要「inverdire」

    漆芸/漆、木材、銅、金粉、銀粉、510×510×1430mm

  • いろのかたち

    桒原央佳「いろのかたち」

    陶芸/陶土

  • 越智聡未「道」

    漆芸/漆、麻布、木、鉄 560×300×1500mm

  • なんとなく夢を

    綿貫彩「なんとなく夢を」

    陶芸/陶土

  • 愛があふれる

    薮崎香織「愛があふれる」

    陶芸/陶土、ガラス

  • 咆哮

    武藤元気「咆哮」

    金工/鉄、3000×300×3500mm

  • きみになった日

    今井杏子「きみになった日」

    W4400×D6000×H2000mm 漆、パルプ、鉄、和紙、紗

  • geometry

    多田菜津美「geometry」

    W120×D30×H120mm、銀950、赤銅、黒四分一、並四分一、白四分一

  • 丑三つ時

    森田益行「丑三つ時」

    W1400×D1800×H1680mm、銅

  • Ground Death/Humming Bird/Moon Crying/Ending Snipe/Sea Breeze/Mellow/Passione

    大作祥平「Ground Death/Humming Bird/Moon Crying/Ending Snipe/Sea Breeze/Mellow/Passione」

    W150×D150×H70㎜(計7点)、Acetate、Starling Silver、Brass、SWAROVSKI Zirconia、岩絵具

  • 存在の記憶

    後関裕士「存在の記憶」

    W300×D300×H500mm、陶土

  • 追憶

    伊東なつみ「追憶」

    H800×W580×D100mm 銅、鉄


フォトギャラリー


教員紹介

小林伸好 教授
Kobayashi Nobuyoshi

小林伸好 教授
Kobayashi Nobuyoshi

東京芸術大学大学院美術研究科工芸専攻(漆芸)修了。修士。

 

「夏はダイビング、冬はスキー、仕事の暇を見つけて自然を満喫しています。また、漆の調査で山に入る事も多く、常に体調は万全。学生がついてくるのが大変なようです。」

1987年 第26回 日本現代工芸美術展国内巡回展選抜、1990年 ’90TAKAOKA CRAFTS EXHIBITION金賞、1991年 国際クラフトフェスティバル準グランプリ、1993年 国際デザインコンペティション特別賞、1999年 漆の美 展(なかとみ現代美術館・山梨)、2000年 漆の美展日本漆工協会会長賞等 現代工芸美術家協会会員、日本文化財漆協会理事、日本漆工協会理事、漆芸修 復研究会会員

佐々木 理一 准教授/コース長
Sasaki Riiti

佐々木 理一 准教授/コース長
Sasaki Riiti

1989年 東京芸術大学大学院美術研究科陶芸専攻修了。修士(美術)。

 

「作品制作と演習授業に追われながら、日々楽しんで過ごしております。 常に刺激的でありたいと思っていますが、息がきれてしまうので、たまには美味しいお酒を飲んで酔っぱらってしまいます。綺麗なもの、パンチのきいた作品が好きです。」

修了制作サロン・ド・プランタン賞受賞、1990年 朝日現代クラフト展入選、日 本現代工芸美術展入選、全国陶芸展努力賞受賞、日展入選、1991年 国際陶芸ビエンナーレ展入選、1993年 朝日陶芸展入選、長三賞展入選栃木県展芸 術祭入選、伝統工芸新作展入選、2002年 益子国際陶芸展入選、 FUJI国際陶芸ビエンナーレ入選等 2013年 アジア現代陶芸-新世代の交感展 金沢21世紀美術館及び愛知県陶磁美術館 他、個展・グループ展等多数

 

佐々木里知 准教授「黒絵文様器」2010年

深井聡一郎 准教授
Fukai Soichiro

深井聡一郎 准教授
Fukai Soichiro

1973年 東京都出身。1999武蔵野美術大学修士課程造形研究科修了。修士。

 

陶を素材に彫刻を作っています。

2002~2003年、文化庁在外派遣研修員として英国に滞在。主な個展は、1998年 ギャラリーなつか(同‘00、’01、‘06、’09)、2002年 ガレリアキマイラ、2004年 GALLERY GAN、2007年 INAXライブミュージアム、2010年 Art Center Ongoing 、新宿眼科画廊。主なグループ展は、2003年 破壊しにー ガレリアキマイラ、2005年 第1回出雲・玉造アートフェスティバルー光の縁結びー、2006年 colors & forms KABEGIWA、第9回岡本太郎記念現代芸術大賞(TARO賞)展 川崎市岡本太郎美術館、2007年 CHIBA ART FLASH ’07 稲毛市民ギャラリー、壁ぎわ KABEGIWA、2008年 空想の花畑~花と彫刻の美術展 ハウステンボス、2010年 DOMANI明日展 国立新美術館。2013年 アジア現代陶芸-新世代の交感展 金沢21世紀美術館及び愛知県陶磁美術館。受賞は、2000 第8回日本現代陶彫展 大賞、第5回アート公募 モリスギャラリー賞

fukai01

小林秀幹 准教授
Kobayashi Hideki

小林秀幹 准教授
Kobayashi Hideki

1971年 長野県出身。多摩美術大学大学院美術研究科デザイン専攻修了。修士(芸術)。

 

金属工芸、鍛金造形が専門。鍛金教室を神奈川県相模原に開講している。
主な作品:早舞(2006年)、森の泉(2007年)、火鉢(2007年)、 かしわ(2006年)、静かな流れの中で(2000年)風に誘われ(2002年)
主な受賞:神奈川県美術展 特選 (1999年)、神奈川県美術展 大賞(2001年)ものづくりコンテスト 奨励賞(1999年)

藤田謙 講師/入試副部長
Fujita Ken

藤田謙 講師/入試副部長
Fujita Ken

1973年 愛知県出身。東京芸術大学大学院美術研究科工芸専攻(彫金)修了。修士。

 

金属をメインに木、ガラス等を使ったジュエリー、オブジェを制作しています。

1997 卒業制作大学美術館買上賞、2000 現代工芸美術展 2000年記念賞、2004年 現代工芸美術展 現代工芸賞、2013現代工芸美術展 現代工芸本会員賞、現代工芸美術展(2000年より)日展(2002、2003年)、個展 ギャルリ・プス 銀座(2000、2003、2008、2011、2013年)、アルスギャラリー 表参道(2002、2005年)、その他グループ展多数。
現代工芸美術家協会本会員。

fujitaken

非常勤講師

非常勤講師

安藤泉
奥窪聖美
川合純司
河合規仁
椎名勇
高橋奈己
田口義明
田中千絵
手島敦
外館和子
冨井大裕
鳥毛清
中村大朋
西川雅典
長谷川奈津
早川美奈子
冨士原文隆
古瀬静子
柳橋歩季
山瀬年史
横倉晋也
吉田宏信


目指せる代表的な職業と取得できる資格

代表的な進路先:
公務員、団体職員/美術館、博物館/商品企画、開発/販売、商業施設/旅行、観光、ブライダル/雑誌・地域紙制作/美術・工芸作家/イラストレーション/アパレル、ファッション/学校教員/NPO(芸術、教育)/学芸員
目指せる主な資格:
小学校教諭一種免許(中学校教諭一種免許取得者が、指定の通信科目を受講することで取得できます)/中学校教諭一種免許(美術)/高等学校教諭一種免許(美術)/学芸員