荘内銀行桜田支店で「彫刻コース2、3年生有志展」を開催

2013.02.08.Fri

美術家彫刻コースでは、2、3年生6名が、2013年2月11日より荘内銀行桜田支店にて「彫刻コース2、3年生有志展」を開催します。それぞれの学年が「彫刻演習」で取り組んだ全身像、胸像、首像ほか8点を同支店内ロビーで展示します。この機会にぜひお気軽にお立ち寄りください。 展覧会名:彫刻コース2、3年生

臨床美術講座「いろいろな線と色で遊ぼう」

2013.02.08.Fri

臨床美術は、独自のアートプログラムに沿った創作活動を通して右脳を活性化し、私たちの脳と心をときほぐしていくものです。「いろいろな線と色で遊ぼう」では、美しい色のオイルパステルを使い、リラックスしながら自由に絵を描くことを楽しみます。 日時:2013年2月24日(日)9:30〜11:30 会場:本

卒展初のファッションショー『In The Box』を開催

2013.02.04.Mon

美術科洋画コースの斉藤啓志郎さんが卒業/修了研究・制作展で、ファッションショーを開催します。 卒展では初のファッションショーとなります。ぜひご来場ください。 日時:2013年2月13日(水)/15日(金)/16日(土)/17日(日) 各日16:00〜16:30 会場:東北芸術工科大学 本館ラウ

版画老舗画廊「養清堂画廊」が版画コースの企画展を開催

2013.01.30.Wed

東京銀座の版画老舗画廊「養清堂画廊」が版画コースの支援を目的とした二つの企画展「4Expressions 東北の蕾"ピュシス"より」「ピュシス・萌芽する版画家たち〜?」を開催します。◎「4Expressions 東北の蕾"ピュシス"より」展 会期:2013年1月28日(月)〜2月2日(土) ◎「

チュートリアル写生研究会2012素描展

2013.01.17.Thu

日本画コースの谷善徳准教授が主催する「写生研究会」に所属する学生30名が、平成24年度の活動で描いた素描の展覧会を開催しています。ぜひお気軽にご鑑賞ください。◎展覧会名:チュートリアル写生研究会2012素描展 会期:2013年1月11日(金)〜22日(火)会場:本館ラウンジ 住所:山形市上桜田3−4

内藤正敏写真展 神々の異界 ―修験道・マンダラ宇宙・生命の思想―

2013.01.11.Fri

修験道は、山はあらゆる生命を産み出す母胎であり、山も人間も同じ生き物であるという自然観を持っています。それは、ガイアに近い「生命の思想」ともいえるでしょう。科学技術の高度な発達によって現代文明が危機的状態にある今日、人類未来の思想として、これらの思想を再考するきっかけとしていただければさいわいです。

精いっぱいのおもてなし展

2013.01.10.Thu

美術科工芸コースおよびテキスタイルコースでは、「精いっぱいのおもてなし展」を開催します。また1月24日には制作者による発表「公開講評会」を開催し、それぞれの専攻ごとの制作工程や課題内容など、分かりやすく解説を行います。 会期:2013年1月23日(水)〜27日(日) 時間:10:00〜17:00

飯沢耕太郎氏による「写真集を巡るフリートーク」

2013.01.08.Tue

映像学科では、写真評論家の飯沢耕太郎氏を招き「写真集を巡るフリートーク」を開催します。翌日は、演習「メディアアート論」でも飯沢耕太郎氏をお招きしレクチャーを開催します。写真に興味ある方はどなたでも自由に聴講できます。 ◎写真集を巡るフリートーク 日時:2013年1月21日(月)17:30〜18:

公開講座「出羽三山の宇宙−羽黒山の開山伝承と景観のコスモロジー−」

2013.01.07.Mon

「環境動態を視点とした地域社会と集落形成に関する総合的研究」における「民俗・人類学」の研究では、「信仰」や「共同体アイデンティティ」と集落存続との関係を研究テーマの一つとし、長きにわたり人々の信仰を集めてきた本県の出羽三山の修験道および山岳信仰も研究対象としています。公開講座では、これらの今日的意義

公開講座「空から見た東北 ―動く森、動く集落―」

2013.01.04.Fri

近年、本県を含め、東北ではクマなど野生動物の出没によって、過疎化や廃村化に拍車がかかり、これまで保たれてきた中山間地集落の自然と人との関係が危うくなっています。 東北文化研究センターでは、この問題の根本をさぐり、これからの地域社会の再編のあり方を考えるために、11月上旬に、飛行機から集落の空中写真を

カテゴリー