共創デザイン室

共に創り出す地域デザインの場

共創デザイン室(地域連携推進課)は、製造業・建設業・農業・観光などの産業を、東北芸術工科大学のデザイン力・企画力でサポートする連携窓口です。1997年に産学連携窓口として学内に開設された「総合研究センター」を、2011年春にリニューアル。大学と地域との結節点として、地域の企業や行政、金融などとの連携活動に取り組んでいます。

共創デザイン室には専任スタッフが常駐し、年間100件を超える企業などからのデザイン相談に対応し、地域と大学の専門家との橋渡し役を担っています。共創デザイン室に寄せられるテーマは、製品デザイン、建築・空間デザイン、CI、パッケージデザイン、企画・プランニング、映像制作、学術調査など多岐にわたります。

これら地域や企業などから寄せられるテーマを授業や卒業研究にも積極的に取り入れており、大学にいながら実践的なデザイン業務を体験する機会も豊富です。また、企業や行政を対象とした実践的な産学連携セミナー『共創のテーブル』の開催やこれまでの産官学連携の成果を紹介する機能を通じて、デザインによる産業振興について共に語り、創り出す活動を推進しています。

※共同研究/産学連携のご相談は以下までお寄せください。


共創デザイン室(地域連携推進課)
TEL:023-627-2199
FAX:023-627-2081
E-mail:r.center@aga.tuad.ac.jp

以下のURLより過去の共同研究/産学連携プロジェクト事例をご覧いただけます。

http://kyoso.tuad.ac.jp/