文明哲学研究所

文明哲学研究所は、「核」廃絶と世界平和に向け、東北芸術工科大学の建学理念である『藝術立国』を目指すため、京都造形芸術大学と東北芸術工科大学の共同研究機関とし て2012年10月27日に設立されました。その為の活動として、平和文明会議(専門家による研究会議)や市民講座開講、藝術平和学を通じ、藝術的視座か ら新たな文明の哲学を創造する研究活動を行います。

発起人(敬称略・五十音順)

明石 康 (元国連事務次長・公益財団法人国際文化会館理事長) 尾池 和夫 (国際高等研究所所長・学校法人瓜生山学園顧問) 隈 研吾 (株式会社隈研吾建築都市設計事務所主宰・東京大学教授) 小林 隆彰 (比叡山延暦寺長臈) 德山 詳直 (学校法人瓜生山学園理事長) ※役職はすべて2012年10月27日当時     ご閲覧いただいている皆さまへ いつも当研究所のホームページをご閲覧いただき、たくさんの貴重なご意見をお寄せいただき誠にありがとうございます。さて、このたび京都造形芸術大学並びに東北芸術工科大学の共同研究機関・文明哲学研究所は、皆さまからの厚いご期待にお応えするために2015年9月1日付をもちまして、京都造形芸術大学附置研究所として統合致すことになりましたのでご案内申し上げます。今後も相変わりませずご支援ご鞭撻のほどお願い申し上げます。 文明哲学研究所 所長 井原 甲二   文明哲学研究所ホームーページ URL:http://www.kyoto-art.ac.jp/iphv/  

所長

井原 甲二(京都造形芸術大学教授) プロフィール:1965年、駒澤大学仏教学部卒業。1967年駒澤大学大学院仏教学専攻中退。精神文化事業に携わるビジネス展開を目指し、関連会社を数社 起業したのち、1993年5月に月刊『MOKU』を創刊。対談ラジオ番組・ラジオ日本「井原甲二の心の時代」、YBC山形放送「井原甲二のヒューマンネッ トワーク」などのパーソナリティを歴任。現在、月刊『MOKU』主筆。

所長からのメッセージ

文明は、常に人類的視野及び地球的視野に立って俯瞰され、人類の平和と幸福に寄与するものでなければなりません。とりわけ、近現代の文明が、終わりなき右 肩上がりの成長という幻想を前提としていたことへの猛烈なる反省に基づいて、戦争、紛争、差別、テロ、飢餓、暴力、収奪、といった暗黒の文明を脱する新し い文明を創造する必要があります。そのために、次世代の文明創造を担うべき有為の青年を養成する大学教育の中枢には、人間が本質とすべき、良心と健やかな 芸術的創造性に根ざした、真に平和で幸福な文明哲学的価値観を養成しなければなりません。そして、東アジアはもとより、全世界の志ある人々と連携しなが ら、本学が目指す「藝術立国」を実現し、新たなる文明の基本哲学を構築することを目指しています。
カテゴリー