東北芸術工科大学

文化財保存修復研究センター

東北に遺る文化財を保存・継承し、蓄積された知と技を世界へ発信する。

当センターは、「文化財保存修復の受託研究事業」「研究事業」「教育事業」「技術開発」を大きな柱として、山形を中心に東北各地域の文化財を守る中核を担っていきます。様々なメディアを通じて蓄積された知や技を国内のみならず世界へ発信していくことで文化財の保護・継承へ貢献できるものと考えています。

東北初の「文化財保存修復研究センター」は、2001年4月設立されました。文化財保存修復の受託事業とこれを本学の教育に還元していくことを中心に、文化財の保存修復に対する啓蒙・リカレント教育や情報発信など、本学の持つ教育研究のマンパワーやノウハウ、リソースを最大限に活かした、他大学にはできない文化財保存修復専門の研究機関としてスタートしました。これは、いわば「文化財の病院」です。伝統を再度見直し、様々な地域文化遺産を次世代へ継承していく気運の高まりとともに、ますます増加すると予想される文化財保存修復の受託・研究事業へのニーズに応えると同時に、社会的な貢献を目指していきます。

東北における文化財保存修復の中心的な存在として、海外との技術交流はもちろん、インターネットをはじめとする様々な媒体、ワークショップ などの機会を通じて、国内外に研究成果の公開・情報発信も行なっていきます。

現在、当センターでは、寒冷地における文化財の保存修復に関する研究を進めております。寒冷地で、遺跡や石造文化財などを露出展示するには、冬季の凍結・融解の繰り返しによる劣化現象が難題となっております。東北・北海道地域における文化財の保存は、過酷な環境現象に対する保存材料や技術の開発が重要な課題となっております。

kanreichi1のコピー

 

私たちの暮らしの中にも、地域文化遺産はある。

文化財保存修復研究センター「文化遺産」というと博物館や資料館に保管されているものと思いがちですが、実は暮らしと歴史のあるところに必ず存在するものなのです。寺院に遺る仏像や神社に伝わる獅子舞、町に点在する蔵、雛人形など…。心の豊かさが求められる現代社会において、地域の文化遺産は市民の精神的な支えとなり、自信の回復につながるものです。地域社会が主体となって持続的に保存・活用する体制がますます求められつつあります。

日本郵船のコピー

 

地域と密着した継続的な文化遺産の保存・活用を考える。

地域文化遺産の予防的保存は、その活用やケアを継続的に施すことで、次世代に継承しようとする考え方です。生活・信仰等に密着した文化遺産は地域の宝であり、人々の心のよりどころとして受け継がれてきたものです。よって予防的保存は文化遺産の本来あるべき姿といえるでしょう。当センターは地域の人々と共に文化遺産への理解を共有し、予防的保存の観点から保存修復・活用を検討します。さらに、未来を担う若者の教育を通して文化遺産がきっかけとなる地域文化力の再認識・発展を目指した活動を進めています。

ヤマノカタチ1

 

 

東北芸術工科大学文化財保存修復研究センター

〒990-9530 山形市上桜田3-4-5
TEL:023-627-2204
FAX:023-627-2303
URL:http://www.iccp.jp/

footer_iccp