小畑めぐみ「7×7の多面的 Loose Connect House ~物理的/心理的距離の濃淡~」

一人暮らしは開放的で魅力的。しかし常に一人でいるのは寂しいもの。アパートには多くの人が暮らしているのに、他人との接触はほとんどありません。プライベートは確保されつつ、住人との距離を縮めることのできる住まい。周辺で働く会社員、ショップ店員、通りがかりの人々など、いろいろな人が集える開放的な商業空間。この2つを交えることで、様々な“モノ”や“人”と自由にコネクトできる空間を目指しました。街の中心部だからこそ味わえる暮らしの豊かさ、住まいと人との距離感を自由に選択できる空間。刺激的で楽しい日常を送ることのできる住空間の提案です。