伊藤眸「きづきの空間」

いま自分たちが生きている当たり前の日常を、違った角度で見ること、形や意味を考えてみる事で、日常の中に気付きが生まれ、新しい空間の意味を持ち始めます。その気付きの空間を感じるきっかけとして、いくつもの日常シーンや場面を採取して請託した空間の試作を1冊の本としてまとめた。