東北芸工大での教育の核心は、 社会で強く求められている力。

東北芸工大での教育の核心は、社会で強く求められている力。

IMG_7559   良い品物を揃えれば売れるという時代は過ぎ、いま百貨店はリスクを背負い、生き残りをかけて凌ぎを削る時代に直面しています。今後はどの業種においても、いかに独自性を発揮し、新しいことに挑戦できるかがカギです。大切なのは、様々な角度と視野で物事をとらえ、良いものを的確に具現化する力を身に付けること。そのために三越伊勢丹では、「売り場」を「お買い場」、「販売員」を「スタイリスト」、「媒体」を「ガイド(guide for styling)」と、呼称を変更しました。社員の意識改革が最も大切だからです。その根底にあるのは”顧客起点の発想”。具体的な要望、その先の潜在的な要望を探り、最適なアプローチで応え、新しい価値を提供する想像力と創造力が必要です。それは東北芸術工科大学で展開する教育の核心そのもの。この2つのソウゾウ力は、当社だけに留まらず、社会の中で強く求められている力と言えるでしょう。 株式会社三越伊勢丹ホールディングス 執行役員 営業本部宣伝部長 早川 徹
早川徹/1958年生まれ。株式会社三越伊勢丹ホールディングス執行役員 営業本部宣伝部長。1981年株式会社伊勢丹に入社。子供服担当を経て、宣伝部に配属。2002年 宣伝部 新宿店担当部長、2011年 株式会社三越伊勢丹 営業本部宣伝部長を務め、2012年 執行役員に就任。2013年4月より現職に至る。 株式会社三越伊勢丹ホールディングスからは東北芸術工科大学が進める子供芸術の家プロジェクトの活動に賛同頂き、ご協力を頂いている。
カテゴリー