Q3. 大学の専門と「仕事」が結びつかない。学んだことは仕事に活かすべき?

無理に結びつける必要はありません。「大学では音楽を専攻したいが、音楽や楽器に携わる仕事に就きたいわけではない」「社会学を専攻したいが、卒業後は仕事でそれを活かせるのだろうか?」など、このような内容で進路を悩んでいる人は多くいますが、「学部の内容=将来の仕事に役立たせるもの」にとらわれる必要はありません。特定の職種を除いて、企業や団体、自治体などが採用条件に専攻学部を指定しているところは少数です。社会では、色々な特徴を持った者同士が、個性を活かしながら一つの課題に取り組んでいきます。限られた価値観・考えを持った人だけを採用するメリットはないため、学部を採用条件で指定していない場合もあります。学生生活を通じて養われた魅力的な人間性、つまり「人間力」に期待しているからです。 何を感じて、どう考えて過ごしたのか、社会でこれからどう生きたいのか、専攻学部での研究・制作のほか、教養教育や課外で何を得てきたのかなどによって、就職後にどれだけその人材が伸びる可能性があるのかを評価しているのです。
カテゴリー