アドミッションポリシー

■学部 アドミッションポリシー
東北芸術工科大学は、「藝術立国」という理念のもと、“人と自然を思いやる想像力と、社会を変革する創造力を身につけ、自らの意思で未来を切り開くことができる人材の育成”を教育目標としています。芸術学部及びデザイン工学部の入学者選抜では、それぞれの専門領域に即して多面的・総合的に評価するために、次の観点から入学希望者を募集します。

(1)芸術やデザインに興味と熱意を持つ人
(2)高等学校までの学習および経験により培われた基本的な知識を持ち、主体的に学修できる人
(3)社会に興味を持ち、仲間とともに切磋琢磨して成長できる人

芸術学部
芸術は、美を求める純粋な心と知に基づくものであり、
人々に夢や希望を与え、新たな価値を生み出す力があります。
多様性を学び取る柔軟な姿勢と、自らの創造力や感性を粘り強く磨き続ける意志を身につけ、芸術の力を社会の真の豊かさに向けて活かそうとする入学希望者を求めます。

デザイン工学部
デザインとは、見た目を装飾するだけではなく、今や「デザイン思考」として、
人間社会の改善や進化に必要不可欠な技術となっています。
自己表現や趣味にとどまらず、広く社会をイメージし、何のためにデザインを活用するべきなのか。
モノやコトに対するデザインを学び、社会に積極参加しようとする入学希望者を求めます。


■大学院 アドミッションポリシー
本専攻では、次に掲げる能力と意欲を備えた人を求めます。

芸術文化専攻
・芸術の基礎的な知識・技能を有している。
・芸術を通して、社会における諸課題についてテーマを設け、研究計画を立てることができる。
・芸術の存在意義を探求し、強い意志で持続的な専門研究に取り組む意欲を持っている。

デザイン工学専攻
・デザインの基礎的な知識・技能を有している。
・デザインを通して、社会における諸課題についてテーマを設け、研究計画を立てることができる。
・デザインの存在意義を探求し、強い意志で持続的な専門研究に取り組む意欲を持っている。

芸術工学専攻
・芸術やデザインに関する確かな知識と技能を有している。
・芸術やデザインを通して、社会における諸課題についてテーマを設け、研究計画を立て、課題解決に向けて取り組む能力を有している。
・芸術やデザインの存在意義を探求し、強い意志で持続的な専門研究に取り組む意欲を持っている。