知のデザイン

本物の現場、社会と隣り合わせで学習し表現できる環境は、その土地の文化やモノの魅力を知る上でとても大きな魅力となります。また、芸工大に附随する研究センターと連携した学びも特長です。

こんなことに興味がある!例えば下記のような思いの人に、知の芸術は社会で活躍する力を養います。

  • 旅行や冒険が好き
    旅行や冒険が好き
    地域や自然に積極的に出て行き、民俗文化や風土に触れ、様々な知見からこれからの私たちの暮らしを考える歴史遺産学科。古墳や住居跡の遺跡での発掘体験も。
  • 寺社仏閣や美術館、図書館が好き
    寺社仏閣や美術館、図書館が好き
    連携するセンターに委託される本物の文化財や美術品の調査、修復に関われる文化財保存修復学科と歴史遺産学科。学芸員として資料館への就職や研究員にも。
  • 国語や歴史、科学の勉強が好き
    国語や歴史、科学の勉強が好き
    高校での好きな教科科目をさらに展開し、深く広く、自らの視点で学ぶことができる文化財保存修復学科や歴史遺産学科、文芸学科、総合美術コースの各分野。
  • 美術教育や社会福祉に携わりたい
    美術教育や社会福祉に携わりたい
    高齢化・少子化が進む今、幅広い世代の人に教育福祉の環境を提供する「社会教育主事」。総合美術コースでは芸術分野を軸にした学びで資格取得が可能。
  • 祭など民俗や文化に興味がある
    祭など民俗や文化に興味がある
    古くから続く郷土文化が残る東北地方。歴史遺産学科や文化財保存修復学科ではこの山形の特性を活かし、本物の民俗文化や文化財に触れながら実践的に学習。
  • 読書したり文章を書くのが好き
    読書したり文章を書くのが好き
    豊かな文章表現に触れ、自分も書きたいと思ったら文芸学科。小説やライトノベルなどの執筆から、出版企画までを実践的に学び、小説家や出版、編集社の道へ。
  • 雑誌編集や報道に興味がある
    雑誌編集や報道に興味がある
    地域誌などの制作編集を通じて、社会を見る目と雑誌の編集や取材する力を養う文芸学科。記者やライター、雑誌の制作やマスメディアの道を目指すことも可能。
  • 美術品や文化財を大切にしたい
    美術品や文化財を大切にしたい
    各地から寄せられる文化財や美術品の保存修復を実践的に学ぶ文化財保存修復学科。経験を活かし、修復工房や調査員、技術者、機材メーカーなど専門の道へ。
  • 美術や文化、芸術作品が好き
    美術や文化、芸術作品が好き
    美術品や文化財を守り次代に繋ぐ文化財保存修復学科、民俗文化を探求する歴史遺産学科、芸術と社会を結ぶ総合美術コース。共通するのは美術が好きな気持ち。
  • 展示会やアートイベントが好き
    展示会やアートイベントが好き
    美術館や文化施設での美術展企画に関わる学芸員、一般向けの芸術教育やイベントを通じて社会を豊かにする「社会教育主事」など、美術を活かした仕事の道へ。
  • 細かい手作業が好き
    細かい手作業が好き
    価値ある文化財の修復や、時間の閉じ込められた遺跡発掘など、文化財保存修復学科や歴史遺産学科は手と頭を実際に動かす分野。専門的な技術や手法も習得。
  • 学芸員になりたい
    学芸員になりたい
    学科と連携した実習などの専門プログラムで、学芸員の取得を目指せる文化財保存修復学科や歴史遺産学科。県内外の美術館や展示施設などで活躍できる存在に。