「第11回 国際絞り会議 in JAPAN」7/6(金)~10(火)

世界各国からのゲストによる講演会や、
伝統的な技法で作られた作品・学生による作品が展示。

ヨーロッパや南米、アジアなど様々な国で開催されている「国際絞り会議」が、今年は東北芸術工科大学を会場に開催されます。
「国際絞り会議」とは、1992年より開催されている絞り染めの国際会議になります。第一回の国際絞り会議は名古屋市で開かれ、その後、数年毎にヨーロッパ、南米、アジアなど世界各国で開催されています。テーマは、その時の舞台となる地域が持つ、特有の素材や技法に着目し、展示やプレゼンテーション・講演及び
ワークショップなどが行われており、世界中からテキスタイルに精通するゲストや参加者が集まります。
本学を会場に行われる「第11回 国際絞り会議 in JAPAN」では、伝統産業と文化をテーマに、人間の手仕事に目を向け、本学と深い関わりのある紅花染めや、東北地方に伝わる刺し子などに関する展示、日本以外に、アメリカ、オランダ、フィンランドなど海外ゲストの講演も多く企画されています(各講演は事前会議参加登録者のみ参加可能/一般参加不可)。また、本館7Fギャラリーには、日本全国の美術大学・短期大学・専門学校から選ばれた22校と、海外の教育機関(アメリカ、イギリス、チリ、インド、中国、韓国、香港)から、テキスタイルに纏わる作品45点以上が展示されます。

<第11回国際絞り会議 in JAPAN>
日程:2018年7月6日(金)~7月10日(火)

■プログラム詳細(一部)
・7月6日/18:30開場~20:00
前夜祭パフォーマンス「詩劇・花はくれない」
場所:本学 水上能楽堂(能舞台)
料金:入場料 ¥2,500(当日券あり)

・7月7日(土)・8日(日)
講演・会議・ワークショップ等
場所:本学 本館201講義室
※事前会議参加登録者のみ参加可能(2018年5月20日申込締切済み)
一般参加不可。詳しくは東北芸術工科大学 テキスタイル準備室へお問い合わせください。

・7月7日(土)・8日(日)
古代布しな織展/場所:本学 本館 4階410講義室/料金:入場無料、事前予約必要なし、一般観覧可

・7月7日(土)~15日(日)
全国学生作品選抜展(海外学生作品も含む)
本学 本館 7階ギャラリー
入場無料、事前予約必要なし、一般観覧可

他、庄内地方等で関連イベントあり。詳しくは、下記HPにてご確認ください。
https://wsnjp.wordpress.com

カテゴリー