岡崎エミ准教授が講演「高校における地域人材育成×大学との連携サミット」

岡崎エミ准教授が、文部科学省主催「高校における地域人材育成×大学との連携サミット」にて「SCH」の取り組みについて講演を行います。

「高校における地域人材育成×大学等との連携サミット」
1. 趣旨

   地域コミュニティの衰退が懸念される中、各自治体で地域活性化・地方創生の実現に向けた取組が進められている。各学校では地域課題をテーマとした教育が行われているが、大学進学等で地元を離れる若者にとって、高校で地域への理解を深める学びの充実は重要である。この際、様々な知見や人材育成機能をもつ大学が、地域づくりから人材育成まで、地域とともに考え行動するパートナーとしてサポートすることで、高校と地域との対話の場づくりが円滑に進むことが期待される。このことから新たなコミュニティ創造に向けて、大学関係者を中心に先進事例から、高校と地域との対話の場づくりに対する理解を深め、関係者間のネットワークを構築し、次のアクションに繋げるため「高校における地域人材育成×大学等との連携サミット」を開催する。

2. 対象
   国公私立大学の関係者(連携する高校や自治体等の担当者を含む)

3. 日時
   平成30年7月7日(土曜日)14時~16時

4. 場所
   大正大学531号室(定員:100~150人程度)
  (東京都豊島区西巣鴨3-20-1)

5. 内容
(1)挨拶・趣旨説明[10分]
    木村  直人 文部科学省初等中等教育局参事官(学校運営支援担当)
(2)事例紹介[20分×3]
    ○ 「地域と大学の新たな地域連携2.0」(仮)
      藤岡  慎二 北陸大学 地域連携センター長・教授
    ○ 「CBLを支える教育コーディネート」(仮)
      吉川  幸 岡山大学 地域総合研究センター 実践型教育プランナー
    ○ 「SCHの取組」(仮)
      岡崎エミ 東北芸術工科大学 コミュニティデザイン学科長
(3)パネルディスカッション-「対話の場」を創る大学の役割[40分]
    ※会場からの質疑応答あり
   (司会)浦崎  太郎 大正大学地域構想研究所 教授
   (パネリスト)岩本 悠 一般財団法人地域・教育魅力化プラットフォーム 共同代表
                 地域協働を進める高校出身の大学生
                 コミュニティデザイナーを目指す大学生
                 ほか事例紹介のメンバーを予定
(4)まとめ(各地域における今後の「対話の場」の発表など)[20分]
    ※周囲の方との対話を含む

6. 主催・協力
   主催:文部科学省
   協力:大正大学

7. 参加申込方法
   【申込受付開始】平成30年6月6日(水曜日)14時から
   ・ 参加を希望される方は、下記の「参加申込受付フォーム」より申込みください。
   ・ 参加申込みに当たって、【氏名】【メールアドレス】【所属】【役職】【今回の趣旨を踏まえ、大学等を主体として高校と地域との対話の場づくりについて今後計画又は検討いただける場合、その内容を教えてください】について記載いただきます。
   ・定員(100~150名程度)になり次第、申込みを締め切ります。
   ・受付は先着順になります。
   ※ 事前にお申込みのない方は参加できませんので、ご注意ください。
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/community/suishin/detail/1405587.htm

SCHとは
「SCH東北」は、東北芸術工科大学コミュニティデザイン学科の有志による課外活動です。(SCH=Super Community High schoolの略)この活動の目的は、①高校生の地域活動の推進②高校・行政・民間のネットワークの形成の2つです。この活動の背景にあるのは、「地方の衰退」の原因のひとつが「教育」にあるのではないか、ということです。現在の高校生は、部活や勉強で忙しく、毎日が家と学校の往復により地域と関わる機会が少なくなった結果、進学や就職先に「地元」という選択肢が挙がらず、優秀な生徒ほど都会へ出て行ってしまうという流れができています。しかし、地方創生が叫ばれている今日に必要なのは、主体的に学び、課題発見・課題解決ができる人材です。このような人材を育てるためには、高校生が地域のなかで実践を通して学んでいく必要があります。「SCHシンポジウム」は高校・行政・民間など様々なセクターが集まり、2日間の日程で「大人がアクティブラーナーになろう!」の合言葉のもと、立場を超えたつながりをつくることを目指して開催します。事例発表を交えながらアイデアを生み出し、高校と地域が連携するために必要なマインドや手法について考えて、発表します。

カテゴリー