特別講座「ぼくらのアートフェス」6/5開講!案内役は中山ダイスケ学長

「ぼくらのアートフェス」は、東北芸術工科大学が山形市で2年に1度開催している「山形ビエンナーレ2018」の特別授業です。講座では、「ぼくらのアートフェス」と題したトークイベント型講座を、全5回にわたって開講。中山ダイスケ学長が聞き手となり、日本全国のディレクターをゲストに、各地のアートフェスのあれこれを紐解いていくトークシリーズです。それぞれの成功と失敗、実践で経験した問題点や今後の展望などを掘り下げながら、山形の地でひらかれる「山形ビエンナーレ」への理解を深めます。
※5/24のサポーター説明会に参加していなくても受講いただけます。
※2~4年生は、講座の受講の他、レポートの提出・会期中の現場実習により、授業として履修できます


●連続講義「ぼくらのアートフェス」
第1回テーマ:みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ
ゲスト:宮本武典(本学教授/山形ビエンナーレプログラムディレクター)
開講日:6/5(火)
時間:6限(17:10~18:00)
会場:東北芸術工科大学 本館4階407講義室
対象:履修対象は2~4年生/聴講は全学年、一般市民どなたでも可能です。
担当教員:中山ダイスケ(学長/山形ビエンナーレ総合プロデューサー)

[履修希望の学生の皆さん
なお、6/5の初回授業は履修希望者対象(本学2~4年生)のガイダンスも兼ねます。
単位数=1単位(2018年度後期に履修登録) ※聴講の場合は単位なし
成績評価=成績を段階評価せず、合否のみ判定する特定科目。合格の場合、成績評価欄に「P」と記載。

●ゲストプロフィール
宮本武典(Takenori Miyamoto)/東北芸術工科大学美術館大学センター教授・主任学芸員。1974年奈良県奈良市生まれ。展覧会やアートフェスのキュレーションの他、地域振興や社会貢献のためのCSRや教育プログラム、出版企画をプロデュースしている。とんがりビル「KUGURU」キュレーター、東根市公益文化施設「まなびあテラス」芸術監督。akaoniとの企画・編集ユニット「kanabou」としても活動中。

●今後の開講スケジュール
開講日:6/19(火)、7/3(火)、7/17(火)、10/11(木)
時間:6限(17:10~18:00)
※各回のテーマやゲストは随時更新していきます。
https://biennale.tuad.ac.jp/club

●担当教員プロフィール
中山ダイスケ(Daisuke Nakayama)/1968年香川県生まれ。現代美術家、アートディレクター、(株)daicon代表取締役。共同アトリエ「スタジオ食堂」のプロデュースに携わり、アートシーン創造の一時代をつくった。1997年ロックフェラー財団の招待により渡米、2002年まで5年間、ニューヨークをベースに活動。ファッションショーの演出や舞台美術、店舗などのアートディレクションなど美術以外の活動も幅広い。山形県産果汁100%のジュース「山形代表」シリーズのデザインや広告、スポーツ団体等との連携プロジェクトなど「地域のデザイン」活動も活発に展開している。2018年4月、東北芸術工科大学学長に就任。

ごあいさつ
<クリエイティブな街は、人が楽しい。>
東日本大震災をきっかけに生まれた「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ」は、今年で3回目を迎えました。山形に生まれた芸術大学として、街中にアートを通じて人々の創造的な交流の場を作ろうという試みがようやく形になってきました。
私はこれまで世界や国内の様々な街を訪れましたが、楽しい街には必ず「クリエイティブな人々」がたくさん住んでいます。アーティストやミュージシャン、詩人たちだけではなく、日常的にアートやデザインが大好きな人々が、自分たちの仕事や生活にも創造性を発揮し、職業や世代を超え、街を使って混ざり合っているのです。そして、そんな彼らは皆、自分の街に対しての愛情が深く、場作りにとても能動的です。
その街に住んでいる人々が、一番にその街を楽しんでいる。そんな街を見たくて外からも人がやってくる。山形にもたくさんのクリエイティブな人々が暮らしています。そんな人々こそが山形の力であり、資源なのです。
今回もたくさんの出会いが生まれますように。
中山ダイスケ
山形ビエンナーレ公式ウェブサイトより

●問い合わせ窓口  
山形ビエンナーレ事務局(東北芸術工科大学・地域連携推進課内)鈴木・伊藤
〒990-9530山形市上桜田3-4-5/Tel 023-627-2091
問い合わせフォーム
*平日9:00~17:00 ※土日祝は休み

カテゴリー