文化財保存修復研究センター連続公開講座

文化財保存修復研究センターでは、地域の文化財をいかに守り次世代へ継承し、その活用の技術的課題について地域の皆様とともに考え、語り合う場として、毎年「連続公開講座」を開講しています。本講座では、地域の生活・文化を守り、地域とともに歩むことを目指して、地域に根差した文化財の保存及び活用について考えます。以下公開されますので、ぜひご参加ください。

文化財保存修復研究センター主催 連続公開講座
「善寳寺五百羅漢修復プロジェクト」~20年の時をかけて~
講師:柿田喜則
日時:2018年6月22日(金)18:00~19:30
会場:本館301教室

「善寳寺五百羅漢修復プロジェクト」~修復の現場2017~
講師:笹岡直美
日時:2018年6月29日(金)18:00~19:30
会場:本館301教室

『正倉院宝物の国産品と輸入品』
講師:成瀬正和
日時:2018年7月21日(土)
会場:本館301教室
講演後、学科説明会

『水損図書資料レスキューのその後』
講師:米村祥央
日時:2018年10月12日(金)
会場:本館301教室

『修理で見えた絵画の魅力―鳥獣戯画から若冲まで』
講師:杉山恵助/岡岩太郎
日時:2018年11月2日(金)
会場:本館301教室

カテゴリー