週末限定開催「行ぐべ月山!写真展」 5/12(土)〜5/20 (日)やまがた藝術学舎

「これを見れば、あなたもきっと月山に行きたくなる!」をコンセプトに写真展を開催します。四季折々の20枚の写真や40種に及ぶ高山植物の紹介など、月山の魅力をギュッと詰め込みました。ご来場の皆さま全員に、お気に入りの写真のポストカードをプレゼント!会場でお待ちしております。

◎月山ってどんな山?
月山は、深田久彌が選定した「日本百名山」のひとつです。他にも山形県には、「鳥海山」、「蔵王山」、「西吾妻山」、「飯豊山」、「大朝日岳」といった百名山がありますが、どれも隣県と共有しています。ところが、月山は県中央に位置し、山形県が唯一独占する象徴的な山となっています。また、「羽黒山」、「湯殿山」と並び、「出羽三山」のひとつとして修験道の山となっています。今から1,400年以上前に「蜂子皇子」が開山したといわれています。奥が深い月山の魅力、写真と展示を通してお伝えします。

◎こんな方におすすめ
・月山にゆかりのある方
・月山が好きな方
・山に興味がある初心者の方
・草花に興味がある方
・写真が好きな方
・藝術学舎の見学をしてみたい方

「週末限定開催 行ぐべ月山!写真展」
会 期: 2018.5.12(土)-13(日) / 19(土)-20(日)
時 間:10:00 -17:00
会 場:やまがた藝術学舎 (旧山形県知事公舎・公館)ヤマザワ松見町店 斜め向かい側
入場料: 無料
住所:〒990-2431 山形市松見町17-1 駐車場 / 22台(無料)
<JR山形駅から>
自動車…10分
山交バス / ヒルズサンピア行き 山形駅5番乗車松見町降車…12分

◎アマチュア写真家プロフィール
斉藤 隆弘 Saito Takahiro
1969年生まれ、天童市在住、会社員
30歳になる頃、親が幼少期に連れて行ってくれた山が懐かしくなった。そして、アウトドアブームに乗りキャンプにハマる。しかし、すぐに物足りなくなり、初めて月山に登頂。瞬く間に、月山に魅了された。それ以来、この魅力を多くの人に伝えたい、という思いで20年近く月山の写真を撮り続けている。

◎お問い合せ
東北芸術工科大学内studio-L
担当:地域連携推進室 藤原
住所:〒990-2421 山形市上桜田3-3-23
電話:023-665-5862
FAX:023-665-5863
メール:yamagata.gakusha@aga.tuad.ac.jp

主催:つまむ写真展実行委員会(—※1)
共催:東北芸術工科大学
サポート:コミュニティデザイン学科4年齊藤美咲

やまがた藝術学舎(—※2)
Facebook:https://www.facebook.com/yamagata.gakusha/
平成28年度文部科学省「地(知)の拠点整備事業」

※1—つまむ写真展実行委員会
この企画は、やまがた藝術学舎を拠点に活動する市民によるチーム、つまむ写真展実行委員会が企画・運営しています。この活動を「市民活動支援」をテーマに卒業研究をしている学生がサポートしています。

※2—やまがた藝術学舎
2011年に旧県知事公舎・公館を改修し、山形市民が文化と芸術に親しむ社会教育の場として誕生しました。こども芸術大学の卒業展示や山形ビエンナーレのメイン会場の一つとしても使われています。

カテゴリー