教員・在学生・修了生が出品「Multi Layered Surfaces」5/17(木)〜6/15(金) NICA

「東北画は可能か?(代表:日本画コース4年・富永和輝)」と、大学院博士課程2年の石原葉さん、大学院地域デザイン領域修了生の是恒さくらさん、美術科洋画コースの鴻崎正武准教授、美術科日本画コースの三瀬夏之介教授 が、カナダとシンガポールのアーティストたちとの交流展に出品します。

出品アーティストはいずれも、パブリック・アートとコマーシャル・アートの両分野で長年にわたり活躍し、油絵から写真、デジタル作品まで、意欲的な新しい手法を取り入れています。彼らの作品は、現代社会における多様性の価値に焦点を当て、見る人にそれぞれの作品の奥にあるいくつもの意味を深く考え、読み取るよう促します。
今回の展覧会では最後のフロンティア、カナダで生まれたアート作品と、多民族国家のシンガポール、日本の辺境で生まれた東北画の差異が浮き彫りになりつつも渾然一体となって展示されます。異なる気候風土や歴史的文脈から生まれた作品の同質性と異質性を語り合う始まりの場の始まりです。

Multi Layered Surfaces
会期:2018年5月17日(木)〜6月15日(金)
時間:13:00~17:00 休 館 日:日
会場:NICA:Nihonbashi Institute of Contemporary Art
住所:中央区日本橋大伝馬町13-1 PUBLICUS × Nihonbashi B1F
観覧料:500円/中学生以下は無料
http://nicatokyo.com/

レセプション&アーティストトーク1
「文化的交流と差異のポリティクス」
参加アーティスト:三瀬夏之介、ヤニータ・エア、ジョン・ササ キ、アレックス・マクロード、市原研太郎
日時:2018年5月17日(木)19:00〜21:00

レセプション&アーティストトーク2
「多様性とローカル社会の中でのアートの実践」
参加アーティスト:是恒さくら、ツワージック・チ ン・チョー・レン、ヴィンセント・ツワージック・チン、武谷大介、四方 幸子
日時:2018年5月25日(金)19:00〜21:00

カテゴリー