2018年度 臨床美術士養成講座の申込受付スタート

2018年度 臨床美術士養成講座の申し込みが始まりました。
5月には、養成講座説明会&アート体験会も開催。
この機会に是非、受講をご検討ください。

臨床美術士とは
アートの力で意欲・感性を引き出すスペシャリスト!
絵を描くことや粘土などで造形を楽しむことには「脳を活性化する力」や「心を癒す力」があります。美術が本来もっているこのような力を、社会に役立てるのが「臨床美術士」の仕事です。子どもたちの感性を磨くために、個人の能力開発のために、心の問題のケアや認知症の予防・改善のために…。教育、産業、福祉など多様な場面で臨床美術士が活躍する機会が増えています。東北芸術工科大学は日本臨床美術協会の指定校認定を受け、広く地域にも資格取得プログラムを開放して、これからの時代に必要とされる人材育成に貢献しています。

2018年度開講案内は、生涯学習プログラムHPでご確認ください。

プログラム
●養成講座説明会&アート体験会(無料)
臨床美術士について知りたい、養成講座の受講を迷っているという方を対象に開催する説明会です。臨床美術とは何?」「どのような場面で実施されているの?」「絵は苦手なのに大丈夫?」などの様々な質問に対して、現場で活躍する臨床美術士が、具体的な実践を交えてご説明いたします。ワークショップでは「臨床美術」の基本となるアートプログラムを体験できます。制作時間30分程度で、すてきな抽象作品ができあがります。絵を描くのが好きな方、絵はちょっと苦手と思っている方も、きっと新鮮な発見があることでしょう。お気軽にご参加ください。
→詳細、お申込はこちらから 

●5級取得コース(全5回)
床美術士を目指すすべての人たちには、まず入門コースである5級取得コースを受講していただきます。臨床美術の基礎を短時間で学ぶ入門コースで、「美術が苦手」という意識が大きく変わります。基本画材となる「オイルパステル」を使ったアートプログラムを実践できる力が身につきます。講座修了後の認定試験(書類審査)により臨床美術士5級の資格が認定されます。
→詳細、お申込はこちらから 

●4級取得コース(全7回)
5級を取得した方を対象に、臨床美術士として活躍するためにさらなるスキルアップを目指すコースです。知識と技能を深め、現場で継続的に臨床美術を実践していく力を身につけます。実技では、オイルパステル、水彩、アクリルなどによる幅広い表現方法を学習する他、ロールプレイングや、高齢者対象の現場実習など、より実践的な演習も含まれます。講座修了後の認定試験(課題提出)により臨床美術士4級の資格が認定されます。
→詳細、お申込はこちらから 

●修了生研修講座(8講座)
臨床美術の資格取得者を対象とした研修講座です。ワークショップのレパートリーや知識を増やしたり、スキルアップを目指すなど、臨床美術士として活動する幅を広げるための講座です。受講者には、取得単位が3単位付与されます。
→詳細、お申込はこちらから 

=受講者の声=
髙橋かおる さん (臨床美術士4級)
臨床美術士の存在を知った当初は、認知症の予防や改善、心のケアにアートが役立つという点に興味を持ちました。ちょうどその頃に東日本大震災が発生。津波で親族を亡くし、被災地に通う中で多くの悲しみに触れ、私自身が滅入ってしまいました。そんな時だからこそ臨床美術の良さが体感出来るのではと受講を決意。実際、受講の度にアートの持つ力に私自身癒されていたように思います。
資格を取得した翌年に、受講同期の仲間たちと「クリニカルアートやまがた」を立ち上げ、臨床美術士として活動を続けるほか、震災で被害を受けた宮城県や岩手県沿岸部でのボランティア活動にも参加しています。
—臨床美術の魅力
「絵をみるのは好きだけど描くのは苦手」…参加者から良く聞く言葉です。私自身がそう思っていたので、不安な気持ちは良くわかります。しかし、臨床美術には上手下手はなく、不得意な人でも楽しめるのが魅力です。最初は硬かった参加者の表情が、だんだんと柔らかくなり、作品が完成する頃には笑顔になっている様子を見るといつも嬉しくなります。
また、作品が手元に残ることも魅力の1つ。以前、被災地で講座を実施した際に、参加者の女性が「津波で何もかも流されてしまったけれども今日は思い出が1つ増えました」と嬉しそうに作品を持ち帰っていました。作品を介してコミュニケーションの場が生まれることは、とても有意義なことだと感じています。

山形で臨床美術士が活躍しています!=
◎クリニカルアートやまがた
県内や近隣市町村を中心に、臨床美術の普及と活動機会の創出を目的に活動している臨床美術の会です。東北芸術工科大学の生涯学習プログラムを受講した、山形県・宮城県在住の臨床美術士が中心となって2012年5月19日に発足しました。
一般の方を対象とした「公開講座」や、福祉施設などでの「依頼講座」を随時開催しています。【クリニカルアートやまがたHP


2018年1月に開催した公開講座の様子(山形県東根市まなびあテラス)/プログラム「青首大根のちぎり絵」

◎お問合せ
東北芸術工科大学  生涯学習プログラム担当
〒990-9530 山形市上桜田3-4-5
TEL:023-627-2091(受付:月~金 9:00~17:00 ※土・日・祝休み) 
FAX:023-627-2081
HPでのお問合せはこちらから

◎臨床美術士は、内閣府認証/特定非営利活動法人「日本臨床美術協会」により認定される資格で、養成講座受講後に協会が行う資格認定試験に合格する必要があります。

カテゴリー