安孫子瑞生さんが最優秀賞「第2回新感覚の建具デザインコンペ」

プロダクトデザイン学科2年の安孫子瑞生さんが県建具組合連合会による「第2回新感覚の建具デザインコンペ」にて、最優秀賞を受賞しました。本コンペは、新たなデザインの建具を募集し、若い世代の需要拡大につなげようと、昨年に続き実施。県内外の建具店や建築設計事務所、大学などから19点が寄せられました。受賞作品は秋頃までに実作され、販売も検討されています。今後の展開にご期待下さい。また、同学科の白坂玲欧さんも努力賞を受賞しています。

TATEGU DESIGN COMPE
住宅が和風化から洋風化へと変化をしていくなか、木製の建具は若い世代を中心にあまり使われにくくなっていることを背景に、新感覚による建具を募集し、若い世代への需要を拡大させ、業界の活性化を図ることがこのコンペの目的になります。

NEWS
3月8日(木)山形新聞朝刊に掲載されました。

カテゴリー